メインメニューを開く

岡部 行隆(おかべ ゆきたか)は、和泉岸和田藩の第2代藩主。岸和田藩岡部家3代。守成の名君と称されている。

 
岡部行隆
Okabe Yukitaka.jpg
岡部行隆肖像(泉光寺所蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 元和3年(1617年
死没 貞享4年12月25日1688年1月27日
改名 龍千代(幼名)→行隆
別名 帯刀(通称)、紹慶(号)
戒名 仁叟紹慶寂乗院
墓所 大阪府岸和田市門前町の泉光寺
官位 従五位下、内膳正、従四位
幕府 江戸幕府
和泉岸和田藩
氏族 岡部氏
父母 父:岡部宣勝、母:桑山元晴の娘
兄弟 行隆高成豊明直好正敦成俊
正室:堀直寄の娘
長泰、娘(有馬清純正室)
養女桑山一玄娘、堀直宥正室)
養女(岡部豊明娘、町野幸重正室)

元和3年(1617年)、初代藩主・岡部宣勝の長男として江戸に生まれる。寛文元年(1661年)10月27日、父の隠居により跡を継ぐ。この時、5000石を弟の高成、2000石を豊明にそれぞれ分与したため、岸和田藩は6万石から5万3000石となった。貞享3年(1686年)8月25日、長男の長泰に家督を譲って隠居し、貞享4年(1687年)12月25日に71歳で岸和田にて死去した。

参考文献編集