メインメニューを開く

有馬 清純(ありま きよずみ)は、江戸時代前期から中期の大名。晴信系有馬家4代。日向延岡藩第2代藩主・有馬康純の長男。

 
有馬 清純
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永21年1月7日1644年2月14日
死没 元禄15年12月10日1703年1月26日
改名 大吉(幼名)→永純(初名)→清純
戒名 華岳院殿清山宗純大居士
墓所 福井県坂井市丸岡町篠岡の高岳寺
官位 従五位下、左衛門佐周防
幕府 江戸幕府
日向延岡藩主→越後糸魚川藩主→越前丸岡藩
氏族 肥前有馬氏
父母 父:有馬康純
母:阿部忠秋の養女(阿部政澄の娘)
兄弟 清純本多純親平岡頼恒純息純富純珍純就純英
正室:岡部行隆の娘
継室:世伊脇坂安政の娘)
側室:須賀子(皆吉純吉の娘)
一準、娘(永井直亮正室)

延宝7年(1679年)11月27日、父の隠居により家督を継いだ。このとき、弟の純息純富に合わせて2800石を分与している。しかし藩政において悪政を敷いたことから、元禄3年(1690年)に領内で山陰・坪谷村一揆が起こり、その責任を問われて元禄5年(1692年)に無城大名に格下げの上で越後糸魚川に移封させられた。

元禄8年(1695年)5月、越前丸岡へ移封となる。元禄15年(1702年)12月10日、59歳で死去し、跡を嫡男の真純(一準)が継いだ。