メインメニューを開く

桑山 一玄(くわやま かずはる)は、江戸時代前期の大名大和新庄藩の第3代藩主。大和新庄藩桑山家4代。

 
桑山 一玄
時代 江戸時代前期
生誕 慶長16年(1611年
死没 天和4年2月1日1684年3月16日
改名 左内(幼名)→一玄
別名 一貞
戒名 清叔宗浄
墓所 東京都港区南麻布天真寺
官位 従五位下、修理亮
幕府 江戸幕府
大和新庄藩
氏族 桑山氏
父母 父:桑山一直、母:佐久間安政の娘
正室:仙石忠政の娘
一尹一慶(次男)、玄乃(三男)、一英(四男)、一規(五男)、亮忠亮観、娘(内藤忠通正室)、娘(河野通矩室)、娘(堀直宥正室)、娘(設楽貞高室)

生涯編集

慶長16年(1611年)、第2代藩主桑山一直の長男として駿河で生まれる。寛永13年(1636年)、父の死去により家督を継ぐ。

寛永14年(1637年)、本多政武改易された後、高取城番を務めた。延宝5年(1677年)8月22日、長男の一尹に家督を譲って隠居する。

しかしその一尹の代に桑山氏は改易され、しかも一尹は天和3年(1683年)に先立って早世する。そのような悲劇の中で、息子の後を追うように天和4年(1684年)2月1日に死去した。享年74。