メインメニューを開く

岩下食品株式会社(いわしたしょくひん)は、栃木県栃木市に本社を置く食品会社。酢漬を中心とした漬物の製造販売会社である。代表的な商品は「岩下の新生姜」で、生姜漬、らっきょう漬などの酢漬分野では、日本一のシェアである。また、アジアを中心に海外展開している。

岩下食品株式会社
IWASHITA Corp.
IWASHITA Corp 1.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
328-0042
栃木県栃木市沼和田町23番5号
設立 1955年(昭和30年)
業種 食料品
法人番号 6060001016216
事業内容 漬物の製造・販売
代表者 岩下和了(代表取締役
資本金 9,800万円
売上高 76億4,400万円(2010年1月期)
純利益 1億6707万2000円(2019年01月31日時点)[1]
総資産 96億9245万円(2019年01月31日時点)[1]
従業員数 228名(2014年1月末時点)
関係する人物 岩下源次郎(創業者
外部リンク http://www.iwashita.co.jp/
テンプレートを表示

1999年(平成11年)には創業100周年を迎えた。

沿革編集

  • 1899年明治32年) - 創業。
  • 1945年(昭和20年) - 栃木市に漬物専門工場を設立。
  • 1955年(昭和30年) - 法人化し、「株式会社岩下商店」を設立。
  • 1962年(昭和37年) - 「岩下食品工業株式会社」に社名変更。
  • 1965年(昭和40年) - 栃木市河合町から同市沼和田町に本社を移転。
  • 1971年(昭和46年) - 中国産らっきょうの輸入を開始。
  • 1973年(昭和48年) - 農産物漬物JAS認定を受けた工場を取得。
  • 1986年(昭和61年) - CIを導入。「岩下食品株式会社」に社名変更。
  • 2001年(平成13年) - らっきょう専門工場として、卒島工場(現・小山工場)を設立。ISO9001:2000認証を取得。
  • 2003年(平成15年) - 「岩下資料館」を設立。
  • 2007年(平成19年) - 「岩下資料館」を「岩下記念館」に改称。
  • 2014年(平成26年) - 「岩下記念館」を休館。
  • 2015年(平成27年) - 「岩下記念館」を「岩下の新生姜ミュージアム」に改称。

主力商品編集

新生姜シリーズ編集

「岩下の新生姜」は、台湾産の「本島姜」(ペンタオジャン)を使っており、約30軒の農家が栽培している。が出たら軟らかい土をかけることを繰り返し、一般的な日本産生姜より細長く、シャキっとした歯ごたえに育つ。1978年当時に社長だった岩下邦夫が、食材探しに訪れた台湾の機内食で口にして気に入った。日本での栽培が難しいと分かったため、冷蔵輸送している[2][3]

  • 岩下の新生姜
  • 岩下の新生姜スライス
  • 岩下の新生姜ボリュームパック
  • 岩下の新生姜ピックアップ
  • 岩下のお手軽新生姜
  • 岩下の新生姜カップタイプ
  • おつまみになった岩下の新生姜
  • おつまみになった岩下の新生姜 梅しそ味
  • しょうがの時間
  • サラダにのせるベジしょうが
  • ピンクジンジャーエール

らっきょうシリーズ編集

  • 岩下の熟珠ピリ辛らっきょう
  • 岩下のおいしいらっきょう
  • 岩下のたまりらっきょう
  • 岩下の二段仕込甘らっきょう
  • 岩下の黒酢らっきょう
  • 岩下の塩らっきょう
  • 岩下のはちみつたっぷりのらっきょう
  • 岩下の甘らっきょう
  • 岩下の甘らっきょう
  • 岩下の花らっきょう
  • 岩下の花らっきょう甘酢仕立て
  • 岩下の花らっきょうピリ辛仕立て
  • 岩下のピリ辛らっきょう 食べきりパック
  • 岩下の花らっきょう 食べきりパック

らっきょうの日編集

カレーライスの付け合わせとして福神漬に次いで、らっきょうを連想する人がいたが、同社の調査によると、カレーライスにらっきょうが添えられるのは減少傾向にあり、若年層に至っては何も添えない人が増加している。また、日常生活において、らっきょうを話題にすることが少なく、存在そのものが忘れられてきているのが現状である[4]。そこで同社は、古くから漢方でも用いられたらっきょうを多くの方々に知ってもらい、それを食べて元気に過ごし、暮らしの中でも役立ててもらいたいという趣旨から2012年(平成24年)より、6が並んだ6月6日[5]「らっきょうの日」として制定された[6]

記念日当日には、この1年間で最も売り上げたらっきょう製品を明治神宮に奉納し、感謝の意とらっきょうを愛する方々の健康を祈願する式典が催されるほか[4]、東京都内各地などでらっきょう製品の無料配布が行われる[4]

岩下の新生姜ミュージアム編集

2015年6月20日に開館した、「岩下資料館」「岩下記念館」を前身とするミュージアム

  • 所在地 - 栃木市本町
  • 入場 - 無料
  • 開館時間 - 午前10時から午後6時まで。
  • 休館日 - 月曜日・火曜日・年末年始(祝祭日は除く)

その他編集

岩下の新生姜ミュージアムや岩下オンラインショップでは、岩下の新生姜の形をした「岩下の新生姜ペンライト」が販売されていた。全長約35cmのピンク色で、光る。後に「NEW GINGER」と書かれたストラップ付きのリニューアル版も登場。2015年6月に販売を始め、人気を得て約3000本が売れた[7]
しかし、不適切な使用が問題となり、事態を重く見た社長が販売中止を決断し、2016年10月10日を最後に販売終了した[8]。在庫や追加発注した2500本は岩下の新生姜ミュージアム内でのライブ時に貸し出される他、ツリーなどとして展示・活用されている。

岩下の新生姜のファンを公言する著名人も多々おり、特に元・女子プロレスラーの豊田真奈美は、自身のツイッターでたびたび新生姜をはじめとする岩下製品のファンであることを公言しており、2019年4月27日放送の有吉反省会日本テレビ)に豊田が出演した際には、放送直後に岩下製品の売り上げが倍増したとしている。また、これが縁で、彼女が最高顧問を務めている女子プロレス団体・アイスリボンのビッグマッチのスポンサーを担当している[9]。また、千葉ロッテマリーンズ岩下大輝投手は苗字が同じであることが縁で、2019年シーズンに岩下食品はスポンサー契約を結んだ[10]

脚注編集

  1. ^ a b 岩下食品株式会社 第64期決算公告
  2. ^ 【ミュージアムへ行こう】岩下の新生姜ミュージアム(栃木県栃木市)遊び心満載で年間14万人『読売新聞』夕刊2018年12月11日(6面)。
  3. ^ 岩下の新生姜について岩下食品(2018年12月24日閲覧)。
  4. ^ a b c 6月6日は「らっきょうの日」記念日制定のお知らせ - 日本記念日協会認定、旬のらっきょうを改めて考える日 -”. @Press. ソーシャルワイヤー (2012年5月11日). 2014年2月13日閲覧。
  5. ^ 漢数字の「六」は根菜であるらっきょうが土の中で育つ姿のイメージから。数字の「6」はらっきょうに形が似ていることから。
  6. ^ らっきょうの日”. 記念日協会認定記念日. 日本記念日協会. 2014年2月13日閲覧。
  7. ^ 『読売新聞』栃木版 2016年4月17日 34面掲載。
  8. ^ 「岩下の新生姜ペンライト」が突然の販売終了ねとらぼ
  9. ^ 豊田真奈美が有吉反省会で神と崇めた岩下の新生姜社長がアイスリボンのミヤティコ初来日試合へサプライズ登場!2019年5月18日 バトル・ニュース
  10. ^ 【4月21日追記】プロ野球球団『千葉ロッテマリーンズ』のオフィシャルスポンサーになりました。~メディアで紹介されました~ 岩下食品・オフィシャルサイト 2019年9月1日配信

外部リンク編集