メインメニューを開く

岩崎陽平

日本のサッカー選手
本来の表記は「岩﨑陽平」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

岩﨑 陽平(いわさき ようへい、1987年3月24日 - )は、三重県出身のプロサッカー選手[1]ポジションはDF,MF.WG(左サイドバック)(左サイドハーフ)(左ウイング)。

岩﨑 陽平 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イワサキ ヨウヘイ
ラテン文字 IWASAKI YOHEI
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-03-24) 1987年3月24日(32歳)
出身地 三重県
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF,MF,WG
背番号 3
利き足 左足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

高校時代は地元の三重県立津工業高校でプレーし、三重県国体選抜に選出され、チームでは全国高校選手権ベスト16入りに貢献した。高校卒業後は中京大学に進学したが、3年次の2007年に大学を休学し、ブラジルに渡りカンボリウエンセと契約、プロ選手となった。

その後はブラジルのクラブを渡り歩き、マルセロオリヴェイラ監督率いるパラナクラブに入団。そこでの活躍が認められ、2010年7月に5月から練習参加していたアルビレックス新潟に入団したが、新潟では怪我などもあり出場機会を得られず、2011年シーズン終了をもって契約満了となった。2012年は当時東北社会人サッカーリーグ2部のFCガンジュ岩手でプレーしていたが、当時監督であった今井敏明監督の契約解除により本人も7月で退団。8月にパラグアイリーグ1部のインデペンディエンテ(Independiente CG)に移籍。

その後はペルー、アルゼンチン、ボリビア、チリのクラブに練習参加。最終的に活躍の場をアジアに移しインド・Iリーグに移籍。インドでは文化の違いや食の違いに戸惑いながらも何回も週間ベストイレブンに選出された。リーグ終了後、同地方のISL(Indian super league)クラブから興味を示されるも2017年4月、ラモス瑠偉監督のいるにFC岐阜へ移籍[2]。シーズン終了後、契約満了により退団[3]。2015年度はラトビア、リトアニア、キプロス、ポーランドなどヨーロッパの国々を一人で練習参加。更にはシンガポール、バングラディッシュ、香港、タイ等、数々の国で練習参加を繰り返し最終的に同年3月、モルディブのクラブと契約する。

そこで給料未払いや脅迫があり、命の危険があったとの事で、クラブに黙って逃げるように帰国したと本人は後に話している。

練習参加や行った国の多さについては、ポルトガル語やスペイン語でコミュニケーションが取れる事にある。

2016年1月にオーストラリアNPLのグリーンガリー(Green Gully SC)に移籍した。同年10月に契約満了により帰国。

2016年11月、戸田和幸監督率いるネパール代表とのチャリティーマッチに出場。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 新潟 34 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2011 0 0 0 0 0 0 0 0
2012 岩手 4 東北2部 - -
2014 岐阜 37 J2 2 0 - - 2 0
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 2 0 - - 2 0
日本 東北2部 - -
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0

脚注編集

  1. ^ 岩崎陽平”. サッカーキング. 2019年9月28日閲覧。
  2. ^ “岩﨑 陽平選手、新加入のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2014年7月17日), http://www.fc-gifu.com/news/post-2941.html 2014年7月17日閲覧。 
  3. ^ “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2014年12月2日), http://www.fc-gifu.com/news/post-3184.html 2014年12月8日閲覧。 

関連項目編集