メインメニューを開く

岸本 秀樹(きしもと ひでき、1982年10月18日 - )は京都府綴喜郡宇治田原町出身の元プロ野球選手投手)。現在は広島東洋カープのスコアラーを務める。

岸本 秀樹
HC-Hideki-Kishimoto20120920.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府綴喜郡宇治田原町
生年月日 (1982-10-18) 1982年10月18日(36歳)
身長
体重
189 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト5巡目
初出場 2005年4月3日
最終出場 2012年9月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高校の同期には赤松真人が、大学の同期には藤田一也がいる。

目次

経歴編集

プロ入り前編集

1999年選抜大会に出場。ベスト8まで進出した。

2001年に近畿大学へ進学。3回生秋のリーグ戦で初登板するが通算で2勝にとどまった。

2004年度ドラフト会議にて横浜ベイスターズから5巡目指名を受けて入団。

横浜時代編集

2005年、ルーキーながら開幕一軍入りを勝ち取り、4月3日の対中日3回戦でプロ初登板を果たした。

2007年シーズンオフに小山田保裕との交換トレードで、木村昇吾とともに広島東洋カープへ移籍。

広島時代編集

2008年は速球派の少ない中継ぎ事情もあり、積極的に起用される。5月4日の古巣・横浜戦ではプロ初勝利をあげた[1]。安定感に欠け、敗戦処理中心で大きな信頼を勝ち取るには至らなかったものの、横浜3年間の通算24試合登板を上回る37試合に登板した。

2009年は一軍登板がなく、二軍でも防御率5点台と不調だった。

2010年は開幕一軍入りを果たしたものの4月に二軍降格となった。5月始めに再び一軍に登録され、終盤の9月に左ひざ痛で離脱するまで、リリーフ投手として自己最多の51試合に登板した。

2011年は抑え投手のデニス・サファテに繋ぐセットアッパーとして起用され42試合に登板。シーズン終盤に調子を崩し最終的には防御率4.17だったが、8月上旬までは防御率2点台と好調を維持し、WHIPは1.26を記録した。好投の要因としてはフォークボールの制球が改善したことが挙げられている[2][3]

2012年も開幕一軍入りを果たし、13試合目の登板となった5月8日の対阪神戦の終了時点で防御率0.60を記録したように、シーズン序盤はまずまずの投球を披露した。ところが、以後は一転して失点を重ねる場面が目立つようになり、交流戦終了後に二軍へ降格。以後は7月と9月に1試合ずつ登板するも、いずれの試合でも打ち込まれた。この年は27試合に登板するも、防御率は6.75、WHIPは1.71と大幅に悪化した。

2013年には4年ぶりの一軍公式戦での登板機会がなく、10月1日付で戦力外通告を受けた[4]。通告を受けてから2度にわたって12球団合同トライアウトに参加したものの現役を引退。2014年からは広島のスコアラーに転身する[5]

選手としての特徴編集

恵まれた体格から繰り出す平均球速約142km/h[6]、最速153km/hのストレートを武器とし、変化球はスライダーフォークを投げ分け、2010年からはツーシームも投げるようになった[7]。2009年には与四球率4.62を記録するなど四球が多い。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2005 横浜 15 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 84 19.1 17 2 13 0 1 11 0 0 10 10 4.66 1.55
2006 6 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 72 15.1 21 0 7 0 2 11 0 1 9 8 4.70 1.83
2007 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 17 4.0 5 2 0 0 0 4 0 0 2 2 4.50 1.25
2008 広島 37 0 0 0 0 2 2 0 4 .500 163 35.1 37 2 18 0 3 27 4 0 25 21 5.35 1.56
2010 51 1 0 0 0 1 2 0 10 .333 286 60.1 86 6 21 0 5 45 3 3 44 40 5.97 1.77
2011 42 0 0 0 0 3 2 0 10 .600 193 45.1 38 1 19 3 4 46 3 1 21 21 4.17 1.26
2012 27 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 114 24.0 24 1 17 2 0 27 2 0 20 18 6.75 1.71
通算:7年 181 4 0 0 0 6 9 0 27 .400 929 203.2 228 14 95 5 15 171 12 5 131 120 5.30 1.59

記録編集

背番号編集

  • 41 (2005年 - 2007年)
  • 48 (2008年 - 2013年)

脚注編集

  1. ^ “広島が逆転で4連勝”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年5月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/05/04/kiji/K20080504Z00000370.html 2013年4月26日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “【広島】岸本不調でも抑えるフォーム模索”. nikkansport.com. (2011年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20111110-861633.html 2011年11月12日閲覧。 
  3. ^ “広島岸本“中継ぎ譲らない”新球も習得だ”. nikkansport.com. (2011年11月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111111-861963.html 2011年11月12日閲覧。 
  4. ^ 来季の選手契約について”. 広島東洋カープ公式サイト (2013年10月1日). 2013年10月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月3日閲覧。
  5. ^ 惜別球人2013【広島】岸本 秀樹投手”. Sponichi Annex 野球 (2013年12月16日). 2013年12月16日閲覧。
  6. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2012年、145頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  7. ^ 『週刊ベースボール』2011年5号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-2/7、58頁。

関連項目編集

外部リンク編集