メインメニューを開く

赤松真人

日本のプロ野球選手

赤松 真人(あかまつ まさと、1982年9月6日 - )は、広島東洋カープに所属する京都府京都市伏見区出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

赤松 真人
広島東洋カープ 二軍外野守備走塁コーチ #93
Akamatsu(2019).jpg
2019年4月18日 タマホームスタジアム筑後
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 (1982-09-06) 1982年9月6日(37歳)
身長
体重
182 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 2005年10月4日
最終出場 2019年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島東洋カープ (2020 - )

来歴・人物編集

プロ入り前編集

幼稚園児だった頃、地元の少年野球チームに参加していた兄の影響で野球を始める。小学校時代は一塁手以外全てのポジションを守っていた。京都市立藤森中学校時代は歌手の倖田來未と同級生で、野球部員だった倖田と二遊間(赤松は遊撃手)を組んだこともある。

平安高校に進み、2年に投手兼外野手として春の甲子園に出場し、ベスト8進出。高校の同級生に後にカープでチームメイトとなる岸本秀樹がいる。また、高校時代には唯一カープスカウトからプロ入りの打診をされたが、当時はまだプロでやれる自信がなかったため、監督と相談して進学を選択した。

立命館大学では野手に転向し、3年の秋に1試合5安打、4年の春に1試合5盗塁の関西学生リーグタイ記録を残した。4年春には主将としてチームをリーグ優勝に導いている。リーグ通算61試合に出場、149打数45安打、打率.302、2本塁打、25盗塁。また、在籍していた産業社会学部産業社会学科では歌手の倉木麻衣と同じクラスであった。

2004年のドラフトで、右打ちの外野手の補強を目指していた阪神タイガースから6巡目指名を受け入団した。

阪神時代編集

プロ初年度の2005年は新人ながら二軍で安打を積み重ね、フレッシュオールスターゲームに出場。二軍での成績は打率.363, 7本塁打、29盗塁で、いきなりウエスタン・リーグ首位打者・盗塁王・最多得点・最高出塁率の4冠を達成した。長打率.529は同リーグ4位であり、赤松本人も「自分はホームランバッター」と語っている。一軍では代走として2試合に出場し、プロ初盗塁を記録した。

2006年は二軍で打率.300、4本塁打、チームトップの15盗塁を記録し、2年連続のウエスタン・リーグ打率1位・最高出塁率を獲得(打率1位ではあるが首位打者は特例により狩野恵輔が獲得)。6月10日には2番中堅手で一軍初スタメン出場した。

2007年、二軍で打率.246と不調に陥ったが、26盗塁で2度目のウエスタン・リーグ盗塁王を獲得。一軍では赤星憲広の故障などで自己最多の28試合に出場し、8盗塁を記録した。この年オフに阪神の独身寮を退寮し、交際中の女性と同棲生活を始めることを自ら公表し、さらに12月14日にはその女性と入籍したことを自身のブログで発表した。その直後、2008年1月6日、FA移籍で阪神に入団した新井貴浩[注 1]人的補償で広島東洋カープに移籍した。

広島時代編集

2008年、開幕直後に右肩関節上方関節唇損傷で登録抹消されたが、4月中旬に復帰した[1]。4月29日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)でプロ初本塁打となる初回先頭打者本塁打を放つと、同カード・同球場の翌日の試合でも2試合連続となる先頭打者本塁打を放った。プロ第1、2号が2試合連続初回先頭打者本塁打となったのはプロ野球史上初のことである。翌5月1日も本塁打を放ち、1990年石井浩郎以来となるプロ初本塁打から3試合連続本塁打を記録した。この年の赤松は左打者の天谷宗一郎と併用されたため規定打席には届かなかったが、開幕からの右肩痛と戦いつつシーズンを通じて堅実な守備で数字以上の貢献を見せた。走塁面でも非凡な才能を見せ、盗塁数こそ12個に終わったが高い成功率 (.857) を記録した。12月20日、入籍していた女性と広島市内で結婚式を挙げた。

2009年は、4月3日の開幕戦(対巨人戦)に1番センターでスタメン出場し自身初の開幕スタメン入りを果たす。さらにこの試合では勝ち越しとなる2点タイムリーヒットを放ち、ヒーローインタビューを受けた。オールスターゲームにもファン投票で初選出し、2試合を通じて2安打2盗塁の活躍が評価され、「ファンの心を最もときめかせた選手」[2]に贈られる「マツダ・アクセラ賞」を獲得した。シーズン後半では天谷や末永真史との併用も増えたが、初の規定打席到達を果たすなど実り多いシーズンとなった。また、打率こそ前年より落とし、同年の規定打席到達者の中では最低であったものの、得点圏打率は前年の.195からチームトップの.303まで向上させるなど勝負強さを見せたシーズンでもあった。外野守備の面では、シーズン序盤のチーム防御率が2点台と良好だったことについて投手コーチの小林幹英から「赤松や天谷の守備範囲に助けられた部分が大きい」と賞賛された[3]

 
2009年9月19日、阪神甲子園球場にて

2010年は、2月のキャンプで左太もも裏肉離れで三軍でリハビリを送るという苦いスタートとなった。しかし、3月中には二軍の教育リーグで実戦復帰し4月4日に一軍登録され、3割を超える勝負強い打撃で3番でも起用されるなど、出遅れながらも外野手競争に加わった。この年のハイライトは8月4日の対横浜ベイスターズ戦で、赤松は村田修一が放った左中間のスタンドに入りかけたホームラン性の当たりをフェンスを一足飛びによじ登り好捕。このプレーは海外メディアでも米Yahoo!のトップニュースに掲載されるなど注目を集めた。米CBSでは山森雅文を紹介しつつ、「日本の野球史上、もっとも衝撃的なキャッチだ」と紹介された。米スポーツ専門テレビESPNでも、全世界のあらゆるスポーツの中から選ばれるその週の「トップ10」にて1位で選出されるなど大きく取り上げられた。またインターネット動画サイトYouTubeでも同様の動画が100万件以上再生されており、赤松も一夜にして日本の内外から多くの反響を呼ぶ結果となった[4][5][6]。このとき、足下には広島市に本社を置くタカキベーカリーが広告を出しており、同社から特別賞としてパン詰め合わせが贈られた。シーズン後半は復調した天谷にスタメンを譲ることも多かったものの、打率と盗塁は自己最高を記録する活躍を見せた。規定打席には到達できなかったが同年、自身としては初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞した。

2011年以降は毎年80試合前後出場、足のスペシャリストとして代走切り札としての出場を中心に守備固め代打外野のスタメンと色々な場面で活躍した。守備面でも守備率1.000を毎年記録している。

2015年も主に代走の切り札として起用され、52試合のうち38試合が代走としての出場だった。ベンチに控えている間は、他の選手に対して相手投手や走塁についてアドバイスを送る役割を担った[7]。シーズン中にフリーエージェント (FA) 権を取得したが、シーズン終了後にFA権を行使せずに広島に残留することを宣言した[7]

2016年には、ゲーム終盤の代走・守備要員として一軍公式戦89試合に出場した。盗塁成功率は.857(企図14成功12)で、4年振りに8割を上回った。また、打席数が少ないながらも、打率.368を記録した。6月14日の対埼玉西武ライオンズ戦(マツダ)では、同点で迎えた9回裏2死1・2塁の打席で安打を放ったところ、二塁走者の菊池涼介が本塁へ突入。球審の木内九二生は菊池にアウトを宣告したものの、広島の緒方孝市監督の抗議でビデオ判定を実施した末にコリジョンルールの適用によってチームがサヨナラ勝利を収めた。なお、同ルールの適用によるサヨナラ安打はNPBの公式戦史上初めてであった[8]。さらに、チームが25年振りのリーグ優勝から日本シリーズ進出へ至ったことから、赤松自身もプロ入り後初めて日本シリーズへ出場した[注 2]

胃癌の発症から練習復帰まで編集

2016年シーズン終了後の12月15日に、妻の勧めで人間ドックを初めて受診した[9]。その際に胃内視鏡検査を受けたところ、初期段階の胃癌が発見された[10][11]

2017年には、胃から癌細胞を摘出する目的で、1月5日に胃の半分を切除する手術を受けた[10]。1月16日に退院した[12]が、手術後の病理検査で癌細胞の一部がリンパ節へ転移していることが判明したため、療養とリハビリへ専念。その影響で春季キャンプへの参加を見合わせた[13]ものの、早期の復帰を優先すべく、自らの意思で半年間にわたって副作用の強い治療(抗癌剤と点滴の併用)を受け続けた。この結果、7月の血液検査で癌の再発が見られなかったたこと[9]から、7月11日には三軍練習への合流を果たした[14]。なお、手術の前後には、『壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち』(TBSテレビ制作・全国ネットの特別番組)のスタッフが赤松および家族を密着取材。7月17日の放送では、赤松の人間ドックの受診から三軍練習への合流までに至る経緯が、再現映像を交えながら紹介された[9]

練習再開から実戦復帰へ編集

2017年には、チームの2年連続セ・リーグ優勝を目前に控えた9月14日から一軍に帯同[15]。古巣の阪神戦(甲子園)で優勝を決めた9月18日には、胴上げやビール掛けに参加した[16]。その後は、三軍で予定より早く打撃練習に取り組めるまでに体調が回復している。2017年シーズン終了後の11月8日には、推定年俸2,700万円という条件で、支配下登録選手のまま翌2018年の契約を更改。更改に同席した球団幹部からは、NPBの野球協約で定められた減俸率の上限(25%)適用を提示される一方で、「今後も戦力として考えている」との言葉を掛けられた[17]

2018年には、一軍の戦力としてカムバック賞を受賞すること[18]を目標に、二軍の春季キャンプへ初日から最終日まで参加した[19]

実戦への復帰から現役引退まで編集

2018年のレギュラーシーズンには、3月18日に、中日とのウエスタン・リーグ公式戦(山口県岩国市絆スタジアムで初めて催されたNPB公式戦)の8回裏に代走へ起用。2016年CS以来の公式戦復帰を果たすと、9回表から左翼手として試合終了まで出場した[20]。「1番・中堅手」としてスタメンに起用された7月21日の対オリックスバファローズ戦(富田林バファローズスタジアム)1回表の第1打席では、2015年の同リーグ公式戦以来3年振りの本塁打を、松葉貴大からの先頭打者本塁打で記録している[21]。カムバック賞への第1関門である一軍公式戦への出場には至らなかったものの、ウエスタン・リーグ公式戦では、55試合の出場で打率.237、1本塁打、5盗塁をマーク。シーズン終了後の契約交渉では、前年に続いて減俸率の上限適用提示を受けながらも、「翌2019年も戦力として考えている」という球団の評価を背景に、推定年俸2,025万円という条件で契約を更改した[22]

2019年には、9月上旬までウエスタン・リーグ公式戦46試合に出場。打率.143、0本塁打、3打点、2盗塁という成績で、一軍への復帰には至らず、9月7日には現役を引退することを発表した。この発表を受けて、球団では9月下旬にマツダスタジアムで組まれていた対中日戦を、赤松の引退試合として開催した。当初は9月22日に開催する予定[23]であったが、雨天で中止になったため、同月27日にレギュラーシーズンの最終戦として組み込まれた。赤松は、この試合の9回表から、「4番・中堅手」として、チームが25年振りのセ・リーグ優勝を決めた試合(2016年10月1日の対ヤクルト戦)以来1091日振りに一軍公式戦へ出場。守備機会はなかったものの、試合終了後の引退セレモニーで「最高の気持ち(チームのリーグ優勝)から一転して(胃がんが見付かったので)、本当にどん底に落とされました。『こんなにも好きな野球がもうできなくなるのか』と、正直何度も諦めかけました。(ファンの皆さんからの)応援は、(そんな自分にとって)絶大なパワーになりました。(胃がんの手術後に)一軍に上がれないまま、(今日が)引退試合になってしまってすみません」と述べた後に、チームメイトから5回にわたって胴上げされることによって現役生活を終えた[24]

現役引退後編集

2020年シーズンからは、広島の二軍で外野守備・走塁コーチを務める。背番号は93[25]

選手としての特徴編集

(動画) 赤松真人

50メートル走5秒5の走力と遠投125メートルの強肩を持つ[26]。出塁してからは果敢に盗塁を狙い、成功率も高いため試合終盤、代走の切り札として活躍している。

阪神時代はやや怪我が多い傾向があり、2006年春・2006年秋のキャンプには参加できなかった。二軍では毎年好成績を残すが、赤星など外野の層が厚く一軍では結果を残せていなかった。

赤松本人は不器用と言うが、足が速いので器用と思われることが多く、阪神時代は型にはめられて伸び伸びプレーすることができなかったという。それが広島に来て、自分の思うようにやらせてもらえるようになり、力を発揮できるようになったと語っている。その象徴がバッティングフォームの変化である。阪神時代から、足をがに股気味に開いたオープンスタンスが特徴だったが、広島移籍後の短期間で足の開き方が大きく広がり、極端なオープンスタンスで小刻みに体を動かしながらタイミングを取る、独特のフォームに変化した。赤松はこれについて、「阪神時代はダメと言われたけど、広島のコーチは『やってみろ』と言ってくれた」と語っており[27]、実際このフォームにしてから打率も上昇傾向にある。

また当初は足の速さを活かすためのダウンスイングが、鋭角に叩こうとする意識のため逆にフライになるため、小早川毅彦打撃コーチの指示のもとでレベルスイングに修正したところ、翌日の阪神戦で古巣に対し初の猛打賞を記録した[28]

守備面では、俊足を生かした広い守備範囲が特徴。普通の守備陣形であれば外野を抜けたり、野手の間に落ちたりする打球に追い付いて捕ることもある。NPBの一軍公式戦では、胃がん発症発覚前(2017年のシーズン終了時点)での通算失策数はわずか6個。レギュラーに定着していた期間(2008・2009年)の一軍公式戦における刺殺補殺を守備出場イニング数で換算した統計では、いずれの年もセ・パ両リーグで「ゴールデングラブ賞の常連」とされる外野手を引き離すほど高い数値を表している[29][30]

右打者ながらセーフティバントを得意としており、2008年には両リーグ1位の9個を成功させている。

右投右打であるが利き足は左。フットスライディングの時は左足が前に出る。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2005 阪神 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2006 6 15 14 1 2 0 0 0 2 0 2 1 1 0 0 0 0 3 0 .143 .143 .143 .286
2007 28 43 39 4 6 1 0 0 7 1 8 1 1 1 2 0 0 5 1 .154 .190 .179 .370
2008 広島 125 390 342 62 88 13 1 7 124 24 12 2 18 0 23 0 7 67 3 .257 .317 .363 .680
2009 137 489 423 58 98 15 3 6 137 43 14 7 25 5 33 0 3 79 3 .232 .289 .324 .613
2010 113 320 291 41 83 12 3 4 113 33 20 4 14 4 8 0 3 48 4 .285 .307 .388 .695
2011 80 217 192 25 50 9 0 1 62 18 19 4 15 2 4 0 4 29 1 .260 .287 .323 .610
2012 76 246 207 22 50 6 0 3 65 15 18 2 16 1 18 0 4 33 4 .242 .313 .314 .627
2013 85 60 54 16 11 2 0 0 13 3 12 4 4 0 1 0 1 9 0 .204 .232 .241 .473
2014 74 32 28 25 6 2 0 0 8 4 12 5 2 0 1 0 1 8 0 .214 .286 .267 .552
2015 52 9 9 13 2 1 0 0 3 0 6 3 0 0 0 0 0 2 0 .222 .222 .333 .556
2016 89 21 19 15 7 1 1 0 10 3 12 2 0 0 2 0 0 4 0 .368 .429 .526 .955
2019 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .--- .--- .---
NPB:13年 868 1842 1618 283 403 62 8 21 544 144 136 36 96 13 92 0 23 287 16 .249 .297 .336 .633

年度別守備成績編集



外野












2006 阪神 4 7 1 0 0 1.000
2007 23 23 0 0 0 1.000
2008 広島 118 194 5 2 1 .990
2009 133 299 6 4 2 .987
2010 101 181 10 0 2 1.000
2011 68 88 2 0 0 1.000
2012 72 111 2 0 0 1.000
2013 66 42 0 0 0 1.000
2014 50 29 1 0 1 1.000
2015 37 17 0 0 0 1.000
2016 78 24 0 0 0 1.000
2019 1 0 0 0 0 .---
通算 679 904 27 6 5 .994

表彰編集

記録編集

初記録
その他の記録

背番号編集

  • 52 (2005年 - 2007年)
  • 38 (2008年 - 2019年)
  • 93 (2020年 - )

関連情報編集

著書編集

  • 赤松真人38。もう一度あの場所へ(2019年4月25日、ザメディアジョン)ISBN 978-4862506221

関連書籍編集

  • カープの奥さま(2011年4月5日、ザメディアジョン)

テレビ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ なお、新井は2014年に阪神を自由契約となった後広島に復帰し、赤松と同僚となる。
  2. ^ 阪神時代の2005年は出場資格者には登録されていたが出場機会はなかった。

出典編集

  1. ^ 「白球入魂『4年目パズドラしてえ魔法石くれよ - 赤松真人』」ベースボールマガジン社『週刊ベースボール』2008年6月9日号、38ページ。
  2. ^ マツダオールスターゲーム2009 「マツダ アクセラ賞」を創設日本野球機構
  3. ^ 失速 ブラウンカープ 下.監督の焦り”. 中国新聞 (2009年7月25日). 2010年7月25日閲覧。
  4. ^ 米テレビ「スパイダーマンキャッチ!」 広島・赤松のプレーを絶賛 産経新聞、2010年8月7日。
  5. ^ 赤松のスパイダーキャッチESPNも1位 日刊スポーツ、2010年8月10日。
  6. ^ 「スパイダーマン」赤松が米国で話題に 日刊スポーツ、2010年8月7日。
  7. ^ a b “広島赤松が残留明言「カープが好きだから」”. 日刊スポーツ. (2015年10月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1553409.html 2015年10月19日閲覧。 
  8. ^ 史上初!広島がコリジョンでサヨナラ デイリースポーツ、2016年6月14日。
  9. ^ a b c “胃がん手術の広島・赤松 激しい吐き気、6種類の薬…闘病生活支えた妻に感謝”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2017年7月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/07/17/kiji/20170717s00001173442000c.html 2017年7月17日閲覧。 
  10. ^ a b “広島の赤松選手が胃がん 来年1月上旬手術へ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2017年1月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1761304.html 2017年1月5日閲覧。 
  11. ^ “広島赤松の胃がん切除手術が終了、2週間程度入院”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. (2016年12月28日). http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201612/0009788550.shtml 2016年12月28日閲覧。 
  12. ^ 胃がん切除の広島・赤松が退院を報告「日常生活は何とか出来そう」”. full-count (2017年1月16日). 2017年1月27日閲覧。
  13. ^ 胃がんから復帰目指す広島赤松「体動かしています」” (2017年2月6日). 2017年2月6日閲覧。
  14. ^ 胃がん公表広島赤松、復帰目指し始動開始/写真特集” (2017年7月11日). 2017年7月11日閲覧。
  15. ^ 広島、誠也と赤松も駆けつける ファンと阪神戦見届けるも連覇持ち越し サンケイスポーツ 2017年9月14日
  16. ^ “赤松、帰ってコイよ 胃がん摘出手術越え”. 毎日新聞社. (2017年9月18日). https://mainichi.jp/articles/20170919/k00/00m/050/086000c 2017年9月23日閲覧。 
  17. ^ “広島赤松「野球がしたい」胃がんから復活へ感謝更改”. 日刊スポーツ. (2017年11月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711080000429.html 2017年11月8日閲覧。 
  18. ^ “広島・赤松 カムバック賞狙う 胃がんからの復活が「恩返し」”. スポーツニッポン. (2018年1月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/05/kiji/20180104s00001173238000c.html 2018年2月7日閲覧。 
  19. ^ “奨成フィーバー!ファン1000人が熱視線 広島二軍キャンプ初日”. スポーツニッポン. (2018年2月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/02/01/kiji/20180201s00001173075000c.html 2018年2月7日閲覧。 
  20. ^ “胃がん手術の赤松、1年5カ月ぶり公式戦出場 二軍中日戦で代走出場”. デイリースポーツ. (2017年3月19日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2018/03/19/0011081436.shtml 2018年4月27日閲覧。 
  21. ^ 2018/07/21(土)ウエスタン・リーグ第20回戦 オリックス vs 広島
  22. ^ ““人的の星”広島・赤松が契約更改 MAX減でも感謝の思い「お金ではない」”. ZAKZAK. (2018年11月13日). https://www.zakzak.co.jp/spo/news/181113/spo1811130010-n1.html 2018年11月13日閲覧。 
  23. ^ “広島赤松真人が引退 胃がん克服も一軍復帰はならず”. 日刊スポーツ. (2019年9月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909070000342.html 2019年9月7日閲覧。 
  24. ^ “広島・赤松、セレモニーで謝罪「一軍に上がれず引退試合になってしまってすみません」菊池涼は号泣”. スポーツニッポン. (2019年9月27日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/27/kiji/20190927s00001173198000c.html 2019年9月28日閲覧。 
  25. ^ “2020年度 コーチングスタッフ発表”. 広島東洋カープ. (2019年10月29日). https://www.carp.co.jp/news19/n-355.html 2019年10月29日閲覧。 
  26. ^ 【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち”. デイリーニュースオンライン (2015年1月12日). 2015年7月12日閲覧。
  27. ^ 赤松“恩返し”の決勝打 古巣のVマジック点灯阻止 スポーツニッポン、2008年7月13日。
  28. ^ 赤松、虎よどうだ!猛打賞 デイリースポーツ、2008年5月15日。
  29. ^ 外野手守備評価
  30. ^ '09年最高の外野手は赤松と栗山だ! その真の実力を“数字”で検証した。 ベースボール・ダンディ 田端到
  31. ^ 過去20年で最高の外野手は誰だ?~記録で見る真実の「守備力」~プロ野球 - Number Web - ナンバー、2016年3月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集