島田一輝

島田 一輝(しまだ かずてる、1969年9月19日 - )は、千葉県習志野市出身の元プロ野球選手外野手、右投右打)、コーチ。現在は北海道日本ハムファイターズスカウトを務めている。

島田 一輝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県習志野市
生年月日 (1969-09-19) 1969年9月19日(48歳)
身長
体重
184 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1994年 ドラフト4位
初出場 1995年4月4日
最終出場 2005年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 北海道日本ハムファイターズ (2006 - 2007)

目次

来歴・人物編集

千葉県立柏井高校から東京農業大学へ進学。一般入試での進学ではあったが、大沢紀三男監督に評価され1年秋季リーグからベンチ入りし、巧打の外野手としての活躍した。NTT関東を経て、1994年度ドラフト会議にて日本ハムファイターズから4位指名を受けて入団。即戦力として期待されていたが、出場機会に恵まれず二軍生活が続いた。1998年には打撃に専念するため内野手遊撃手)から外野手へ転向。

2000年から一軍に定着し、持ち前の打撃センスを遺憾なく発揮してチームに貢献した。特に松坂大輔斉藤和巳などの大物投手に強いため「ビッグバン打線」の5番打者を任されるようになり、右翼手の定位置を確保した。また、右方向へのバッティングも多く、普通の選手なら絶対に手を出さないような外角低めのスライダーを、右足を引きつつ腰砕けの状態で左手1本で外野手の前に運ぶこともしばしばあった。2003年には、1シーズンで10度もヒーローインタビューを受けたことから、『お立ち台男』の異名も付いた。

チームが北海道へ移転した2004年には代打の切り札として活躍し、チームのプレーオフ進出に貢献した。この年起こったプロ野球再編問題から発展した日本初のプロ野球ストライキ明けの初戦となった9月20日の対福岡ダイエーホークス戦(札幌ドーム)試合前に「一昨日、昨日と試合できなくてゴメンJoy」と称し、5人の同僚外野手で『秘密戦隊ゴレンジャー』のかぶりもの(仮面)を被ってシートノックを受けるというパフォーマンスを披露した(アカレンジャー:森本稀哲、アオレンジャー:島田、キレンジャー:新庄剛志、モモレンジャー:石本努、ミドレンジャー:坪井智哉[1]

2005年4月15日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(東京ドーム)の6回表に、タッチアップした三塁走者の藤井彰人を本塁へのダイレクト返球で刺した際に右ふくらはぎを故障し、その後の怪我の調子も思わしくなく、同年限りで現役を引退。

引退後は二軍打撃コーチに就任。2007年シーズン限りでコーチを退任し、スカウトに就任。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1995 日本ハム 5 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1997 1 4 2 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 .500 .750 .500 1.250
1999 21 27 24 5 4 2 0 0 6 1 0 0 0 0 2 0 1 6 0 .167 .259 .250 .509
2000 80 297 268 34 71 15 0 6 104 46 1 1 9 3 14 0 3 52 8 .265 .306 .388 .694
2001 58 177 166 15 36 3 0 4 51 16 0 2 3 1 6 1 1 27 2 .217 .247 .307 .554
2002 18 56 44 5 9 3 0 0 12 1 0 2 5 0 5 0 2 8 4 .205 .314 .273 .586
2003 88 252 238 29 63 7 2 11 107 49 0 0 1 3 9 0 1 53 14 .265 .291 .450 .740
2004 88 235 206 23 56 11 3 5 88 37 1 1 1 3 21 1 4 55 3 .272 .346 .427 .773
2005 28 63 58 3 12 3 0 0 15 2 0 1 1 0 2 0 2 17 2 .207 .258 .259 .517
通算:9年 387 1112 1007 118 252 44 5 26 384 152 2 7 20 10 61 2 14 218 33 .250 .299 .381 .681

記録編集

背番号編集

  • 39 (1995年 - 2005年)
  • 79 (2006年 - 2007年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 勝敗を分けた延長戦 日本ハム - 劇的サヨナラが一転、球界史上初の珍事nikkansports.com、2016年9月20日閲覧。 ※記事の本文の方では述べられているように、当試合は9回で終了している。

関連項目編集

外部リンク編集