メインメニューを開く

崔 栄喜(チェ・ヨンヒ、1921年3月1日 - 2006年1月11日)は、大韓民国軍人外交官政治家朝鮮戦争の指揮官であり、陸軍中将陸軍参謀総長(第12代)を務めた。退役後は国会議員(第7代・第8代・第9代・第10代)、国防長官(第16代)、維新政友会院内総務などを歴任した。太極武功勲章授与者。

崔栄喜
General Choi Young-hee.jpg
各種表記
ハングル 최영희
漢字 崔榮喜
発音: チェ・ヨンヒ
ローマ字 Choe Yeong-hui(2000年式
Ch'oe Yŏnghŭi(MR式
英語表記: Choi Young-hee
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1921年日本統治下の朝鮮京城府(現ソウル特別市)生まれ。1944年日本専修大学法学部卒業後、日本陸軍工兵学校に入校し、日本陸軍工兵少尉に任官される。

戦後、韓国に帰国した後、1946年2月18日付で軍事英語学校を卒業し、任少尉(軍番10051番)。1947年、第1旅団人事参謀。5月、陸軍本部人事処長。

1949年11月、憲兵司令官。

1950年4月、第15連隊長。

朝鮮戦争が勃発すると第1師団の指揮下に入り臨津江洛東江での戦いで勇戦した。1950年10月、第1師団副師団長。12月、第8師団長

1952年6月、国防部長官補佐官兼政訓局長。同年7月、陸軍本部作戦参謀副長。同年8月、アメリカ陸軍指揮幕僚大学に留学。

1953年6月26日、第15師団長[1]。9月、第5軍団長。

1956年9月、第2軍司令官。

1959年2月、教育総長、任中将。

1960年5月、政治的利害関係(大統領代行兼首相の許政は、崔慶祿を陸軍参謀総長に採用しようとしたが、張勉民主党代表最高委員と縁があった崔慶祿は許政の参謀総長職提案を遠慮したため)により、陸軍中将として陸軍参謀総長に選出された。

参謀総長退任後は合同参謀会議議長を務め、1960年10月に陸軍を退役し、1962年4月からトルコ特命全権大使に任命され、兼任でイラン特命全権大使、ヨルダン特命全権大使、サウジアラビア特命全権大使など4ヶ国の特命全権大使を兼職した。

1967年7月、民主共和党公認で第7回国会議員選挙に立候補して当選、1968年2月、国防長官に就任した。

1981年に政界を引退した後は、韓国地域社会福利会の会長を務めていた。

叙勲編集

朝鮮戦争での逸話編集

  • 1950年7月末から8月初めにかけて第15連隊長であった崔は独断で大邱に募集班を派遣し、人手を集めた。どこの部隊でも物資の荷揚げ等の労務者を独自に集めていたので、ここまでは問題なかったが、第15連隊は3千人の人員を集め、これに階級を与えて大隊3個と補充大隊1個に編成していた。
  • 1951年4月、第8師団は湖南地方のゲリラ掃討に当たり、成功を収めた。戦果もさることながら民衆対策に万全を期し、住民の評判が良かった。白善燁は、崔は今回の討伐までは対ゲリラ戦の経験が無かったのに、どうしてあんなに手際よく対処できたのか不思議であった。その理由を訊いてみると「常識ですよ。あらゆる戦闘でもそうだが、教養、人格、人間性や徳性、それらを総合した常識をもってすれば必ずうまくやれる。常識がなければ必ず失敗するものだ」と崔は答えた。
  • 1951年夏、国連軍の夏季攻勢が実施された。この攻勢においてアメリカ第10軍団(バイアス少将)は隷下の5個師団[† 1]を並列させ制限攻撃を実施した。つまり隷下の部隊同士が競い合うようにしたのである。この攻勢で火力が少なく、地形が最も堅固であった韓国第8師団の攻撃が最も進捗し、常に第10軍団の攻勢を先導する形となった。これは崔師団長が隷下の部隊を競争されるようなことをせず、協力し合うように心掛けたためであった。このため師団の手持ちの火力を最大限に使用し、お互いを助け合わせることによって、師団の全戦力を常に発揮できた。そのため第8師団は「戦果を競わない部隊」として有名であった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 西から韓国第7師団、アメリカ第2師団、韓国第5師団、アメリカ第1海兵師団、韓国第8師団。

出典編集

  1. ^ 韓國戰爭史第9巻 對陣末期(1953.1.1~1953.7.27) (PDF)”. 韓国国防部軍史編纂研究所. p. 38. 2018年10月16日閲覧。
  2. ^ Yung Hi Choi”. Military Times. 2015年12月26日閲覧。
  3. ^ Choi Young Hi”. Military Times. 2015年12月26日閲覧。

外部リンク編集

公職
先代:
金聖恩
  大韓民国国防部長官
第16代:1968
次代:
任忠植
軍職
先代:
田鳳徳朝鮮語版
  大韓民国陸軍憲兵司令官
第5代:1949.11.27 - 1950.4.18
次代:
宋堯讃
先代:
宋堯讃
  大韓民国陸軍参謀総長
第12代:1960.5 - 1960.8
次代:
崔慶禄
先代:
白善燁
  大韓民国軍合同参謀本部議長
第5代:1960.8 - 1960.10
次代:
金鐘五