メインメニューを開く

川原 政数(かわはら まさかず、1937年1月5日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手

川原 政数
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 (1937-01-05) 1937年1月5日(82歳)
身長
体重
169 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島カープ (1966)

目次

来歴・人物編集

尾道商業から1955年広島カープへ入団[1]。強肩、強打の捕手として1年目から期待されており、衰えが見えていた門前眞佐人の後釜候補だった[1]。しかし、1年目は紅白戦で「第五腰椎分離症」を発症し、わずか12試合の出場に留まった[1]

1956年は腰の痛みも良くなり中盤からは門前に変わってレギュラーとして試合出場することも増えた[1]

1957年は門前が前年に引退した事もあって正捕手となった。しかし、この年の終盤に再び腰痛に見舞われ107試合に出場してシーズンを終えた[1]

1958年はキャンプにコルセットを着けて挑むなど復活を目指したが、南海ホークスから移籍してきた田中尊に正捕手を奪われてしまった[1]。川原に不運は続き、1959年に右肘を痛め手術。さらに右手親指の骨折、同薬指の腱断裂と度重なる怪我に悩まされ続けた[1]。強肩だった肩も怪我の影響で思うようにスローイングできず、鈍足の選手に盗塁を許すほどの状態だった[1]

1962年には中日ドラゴンズ戦で巨漢のドン・ニューカムと本塁で激突し、一週間意識不明の状態となった[1]。なんとか意識は回復したが、ろっ骨を折る重症で、一歩間違えれば内臓破裂の危険もあった[1]

1963年に復帰して55試合に出場したが、翌年は21試合、翌々年は僅か3試合の出場にとどまった。

1965年引退し、コーチを務め、その後はスコアラーに就任した[1]。球団営業部勤務を最後に、1983年退団[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 広島 12 14 14 2 4 0 0 0 4 2 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .286 .286 .286 .571
1956 69 216 198 13 46 6 1 1 57 17 1 4 7 3 8 0 0 37 5 .232 .262 .288 .550
1957 107 340 324 27 71 12 2 4 99 22 1 1 5 2 9 0 0 55 11 .219 .240 .306 .546
1958 43 125 117 3 22 5 0 0 27 10 0 2 3 0 5 0 0 27 6 .188 .221 .231 .452
1959 38 94 84 11 19 3 0 2 28 6 1 0 1 1 8 0 0 20 1 .226 .293 .333 .627
1960 57 115 110 5 18 4 0 2 28 5 0 2 1 0 4 0 0 24 2 .164 .193 .255 .448
1961 36 56 48 1 8 1 0 0 9 5 0 0 0 1 7 0 0 14 0 .167 .273 .188 .460
1962 56 114 108 8 22 4 2 2 36 8 1 0 3 0 3 0 0 27 1 .204 .225 .333 .559
1963 55 97 86 3 14 0 0 0 14 3 1 2 3 0 6 0 2 16 2 .163 .234 .163 .397
1964 21 35 28 1 4 0 0 0 4 1 0 0 3 0 4 0 0 4 1 .143 .250 .143 .393
1965 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:11年 497 1208 1119 74 228 35 5 11 306 79 5 11 26 7 54 0 2 228 29 .204 .242 .273 .515

背番号編集

  • 6 (1955年 - 1964年)
  • 30 (1965年)
  • 63 (1966年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P57

関連項目編集