川崎銀星座(かわさきぎんせいざ、1936年 開業 - 1990年 閉館)は、かつて存在した日本の映画館である。美須鐄金美館本部(のちのカワサキ・ミス、現在のチッタ エンタテイメント)による川崎進出第1号館であり、同地の空襲による壊滅からの復興第1号館でもあった[2][3]

川崎銀星座
Kawasaki Ginseiza
118川崎・銀星座.jpg
1954年昭和29年)頃の銀星座。
兄弟はみな勇敢だった』(リチャード・ソープ監督)『波止場』(エリア・カザン監督)が上映されていたことが確認出来る。[1]
情報
正式名称 川崎銀星座
完成 1936年
開館 1936年
閉館 1990年6月22日
最終公演東京上空いらっしゃいませ
「パチンコ物語」
客席数 100席(閉館時)
設備 DOLBY STEREO
用途 映画上映
運営 金美館本部 ⇒ 美須合名 ⇒ カワサキ・ミス美須興行
所在地 210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町3番地1
最寄駅 JR川崎駅京急川崎駅
特記事項 略歴
1936年 開業
1945年4月15日 川崎大空襲で全焼
1945年7月 復興
1990年 閉館
テンプレートを表示

歴史・概要編集

開業編集

東京市荒川区を拠点に映画街を形成していた金美館本部が、川崎市へ進出する第1号館として、1936年(昭和11年)に川崎市小川町で同館を開業する[2][3]。金美館本部は同館のほか計6館を建設して1937年(昭和12年)春に小川町で「川崎映画街」を形成し、現在の「チネチッタ」の第1歩となる[2]川崎映画劇場、実演劇場の川崎花月劇場(1943年開館、現存せず)などが存在した[3]

戦後編集

第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)4月15日に川崎大空襲で全焼して映画街がすべて崩壊[2][3]するも、7月に同館を第1号に急造のバラックとして復興する[2]。戦後に改めて復興を期して改築して11月に正式に竣工し、11月17日から18日に内覧会、19日から21日の3日間は市民に無料公開し、22日から松竹の作品で本興行を再開した[3][4]。同館に続いて、川崎映画劇場、川崎花月劇場が復興[4]し、1947年(昭和22年)末までに川崎オデオン座川崎第一東宝劇場川崎大映劇場が完成し、6館(映画館は5館)が形成する「川崎映画街」として1948年(昭和23年)に正月興行を開けた[3]1949年(昭和24年)4月18日に、金美館本部は従来の個人事業から会社組織化されて美須合名会社となる。1949年に川崎映画街は9館に増強される。1950年(昭和25年)に同館を初めとした川崎映画街に「銀映会」が結成される[2]。7月に、関連会社として設立した美須商事株式会社(のちに美須合名と合併してカワサキ・ミス、現在のチッタエンタテイメント)の直営として、蒲田に6館を新設した[5]。このころは『禁じられた遊び』などを興行する洋画ロードショー館であった[6]。当時の所在地は川崎市古川通78番地である[7]

1974年(昭和49年)4月1日に、同館を初めとする川崎地区の映画館を経営する美須合名と、蒲田地区の映画館を経営する美須商事が合併して、株式会社カワサキ・ミス(社長美須君江)を設立、同館の経営は同社の興行部が行うこととなる[8]

1976年(昭和51年)3月に、『キネマ旬報』誌3月下旬号グラビアページで「われらの映画館 神奈川篇」で紹介される[9]。このころに日本映画の名画座となっており、小説家の田中小実昌もよく通ったと後に回想している[10]1978年(昭和53年)8月期に『溶解人間』(ウィリアム・サッチス監督)と『スパイダーマン』(E・W・スワックハマー監督)のコロンビア ピクチャーズ2本立もロードショーされた[11]

1982年(昭和57年)10月25日に、同館を経営するカワサキ・ミスから興行部門が分離独立して美須興行株式会社(会長美須君江、社長太郎田智、現在の株式会社チネチッタ)を設立し、同館の経営は美須興行が行う[12]

閉館とその後編集

1985年(昭和60年)、川崎映画街の再開発が着手され、川崎グランド劇場(後のチネグランデ)をはじめとして、いくつかの映画館が取り壊されるが、同館は引き続き営業する[2]1987年(昭和62年)、再開発の結果、シネマコンプレックス「チネチッタ」が誕生[2]、チネグランデ、チネ1-5らが立ち並ぶなかで、同館はその入口のパチンコ店の2階に位置し、少なくとも1990年平成2年)ころまでは、日本映画の名画座から松竹封切館にプログラムを換えて、営業を続けていたが[13]、6月22日[14][注 1]に『東京上空いらっしゃいませ』(牧瀬里穂主演)と『パチンコ物語』[注 2]の2本立を最後に閉館し、54年間の歴史に幕を閉じた。

1991年(平成3年)に、チネチッタ通り商店街振興組合が発足し、2001年(平成13年)に「銀映会」が解散する[2]2003年(平成15年)、カワサキ・ミスがチッタ エンタテイメント、子会社の美須興行がチネチッタとそれぞれ社名変更している。のちに、同館の跡地にはカキモトアームズLA CITTADELLA店(2014年に武蔵小杉に移転)[16]ORIHICA川崎 ラ チッタデッラ店(2019年9月8日閉店)[17]を経て、2021年令和3年)現在はドコモショップ川崎駅前店[18]が入居している。

川崎映画街編集

 
青春怪談』(監督市川昆1955年)上映時の川崎東宝[1]
 
『青春航路 海の若人』(監督瑞穂春海)『百面童子』(監督小沢茂弘)上映時(1955年4月)の川崎東映[1]

チネチッタ登場(1987年)以前に存在した劇場の一覧を記す。1947年(5館)[3]1956年(10館)[7]1957年(11館)[19]1966年(12館)[2]1983年(9館)[20]の資料による。1984年に、スカラ座、名画座、銀星座、ニュース劇場以外はすべて川崎グランド1-5となった[21]。いずれも現存しない。特筆以外は現在跡地にラ チッタデッラが建っている。美須興行の経営した劇場は、このほかにも川崎地区には追分映画劇場川崎駅ビル文化劇場(のちのチネBE)があったが、いずれも現存しない。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『映画年鑑 1997』別冊『映画館名簿』には記載が見られない。[15]
  2. ^ 1990年に公開された日本映画。配給:松竹、監督:辻理 、原作:間部洋一、脚本:大原豊

出典編集

  1. ^ a b c 『映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東編』 キネマ旬報社、2010年
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v かわさき区の宝物シート 銀映会 (川崎映画街) (PDF)”. 川崎市. 2021年4月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 二宮公雄. “娯楽エリアの成立と商店街の発展 (PDF)”. 川崎市. 2021年4月21日閲覧。
  4. ^ a b 「川崎映畫街復興 十七日から蓋をあける」、神奈川新聞、1945年11月15日付。
  5. ^ 『キネマ旬報 1954 年鑑』キネマ旬報社、1954年、81頁。 
  6. ^ 禁じられた遊び』チラシ、川崎銀星座、1953年。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 『映画年鑑 1956』時事映画通信社、1956年、20頁。 
  8. ^ 『映画年鑑 1975』時事映画通信社、1975年、13頁。 
  9. ^ キネマ旬報』誌1976年3月下旬号、キネマ旬報社、1976年3月、p.51.
  10. ^ 『文藝』、河出書房新社、1985年。
  11. ^ マカロニ・エンタテインメント傑作選 [@tromadokudoku] (2013年11月14日). "『マンボーグ』に『バイオコップ』予告編等が付く<ウルトラグラインドハウス>方式【日本劇場公開特別編】とはSTチェーンで『スパイダーマン』と『溶解人間』の2本立てを観るようなものです(江)。" (ツイート). Twitterより2019年11月30日閲覧
  12. ^ 『映画年鑑 1983』時事映画通信社、1983年、130頁。 
  13. ^ 『映画年鑑 1990』時事映画通信社、1990年、13頁。 
  14. ^ 平成2年のラストショー(Ⅱ)”. 平成ラストショー hp. 2018年11月2日閲覧。
  15. ^ 『映画年鑑1997版別冊 映画館名簿』時事映画通信社、36頁。 
  16. ^ a b 会社案内・沿革”. カキモトアームズ. 2019年11月30日閲覧。
  17. ^ a b ORIHICA川崎ラ チッタデッラ店(2019年9月8日閉店)”. ORIHICA. AOKIホールディングス. 2019年11月30日閲覧。
  18. ^ ドコモショップ川崎駅前店”. NTTドコモ. 2021年8月24日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l 昭和32年の神奈川県の映画館、中原行夫の部屋、2010年10月31日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h i j 『映画年鑑 1983』、時事映画通信社、1983年、広告ページ。
  21. ^ a b c d e 『映画年鑑 1984』、時事映画通信社、1984年、広告ページ。

関連項目編集

座標: 北緯35度31分41.1秒 東経139度41分52.7秒 / 北緯35.528083度 東経139.697972度 / 35.528083; 139.697972