小沢 茂弘(おざわ しげひろ、1922年8月29日 - 2004年10月12日[要出典])は、日本映画監督脚本家易者山伏[1]

おざわ しげひろ
小沢 茂弘
本名 小沢 茂美(おざわ しげよし)
別名義 小沢 宏瑞(おざわ こうずい)
生年月日 (1922-08-29) 1922年8月29日
没年月日 (2004-10-12) 2004年10月12日(82歳没)
出生地 日本の旗 日本 長野県東筑摩郡四賀村
職業 映画監督脚本家易者山伏
ジャンル 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

戦後、日本映画の最盛期に娯楽性の高い作品を世に数々送り出し[2][3]職人アルチザン監督と評されている[1][4][5][6]長野県東筑摩郡四賀村出身[7]

易者・山伏名:小沢 宏瑞(おざわ こうずい)、本名:小沢 茂美(おざわ しげよし)[1]

生涯編集

少年時代は松本市で上映される無声映画を頻繁に見ていた[7]1930年旧制松本中学に入学[8]日本大学芸術科専門部映画科へ入学し、演劇科には三木のり平、映画科には沼田曜一がいた[9]。在学中の17歳に映画研究会を作り、熊谷久虎マキノ正博らに講演依頼をしたのが縁で、やがて正博の家に居候をし、薫陶を受ける[10]。正博から役者を勧められるが、監督を目指していた[10]

1943年、休学して松竹下加茂撮影所の所長になっていた正博の元で『坊ちゃん土俵入り』『不沈館撃墜』を手伝っていたが、学徒出陣で同年12月1日に陸軍松本第150部隊入隊、1944年5月に豊橋第一陸軍予備士官学校入学する[11]

1946年1月に正博の元へ戻り[12]、暮れに正博の弟・マキノ光雄がいた松竹の社員となる[13]1947年7月14日、東横映画へ移っていた光雄を追うように、同社へ移籍[13]。同年松本に帰って痔の治療をして40日ぐらいして会社に戻ったら、クソ生意気な岡田茂が入社していた[14]稲垣浩倉田文人小杉勇佐々木康山本薩夫渡辺邦男らの映画スタッフを経て[15]1950年の『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』の助監督となる[16]。酒癖が悪く、宿屋の二階から机を放りだして玄関のガラス叩き割ったりし監督昇進が遅れた[14]

1954年の『追撃三十騎』で初監督[17]。同年9月、東映と専属契約を結ぶ[17]。1963年、時代劇は衰退すると睨んだ当時の東映東京撮影所所長・岡田茂が『人生劇場 飛車角』を企画[14][18][19][20][21]。岡田は時代劇の代わりに任侠路線を敷き[14][18][22]、以後、セックスもの、残酷・猟奇もの等、荒々しい企画路線のレールを敷いた[18][23]。1964年に東映京都撮影所所長に復帰した岡田が、任侠路線の肝煎り企画第一弾として『博徒』を製作[14][18][20]。小沢は監督に抜擢され[18]、東映任侠映画の作劇法のお手本を示した[18]。『博徒』の製作途中から現れたのが俊藤浩滋だが[14]、俊藤は『博徒』には強力にタッチしていない[14]。同作は鶴田浩二主演で「博徒シリーズ」として人気を博し、その後約10年続く東映任侠路線の隆盛に貢献した[14][18][24]

以降は時代劇・刑事映画・ギャング映画任侠映画アクション映画など幅広いジャンルを演出した。東千代之介伏見扇太郎波島進片岡千恵蔵鶴田浩二若山富三郎千葉真一らのシリーズ化された主演映画で2作以上監督している。

映画は113作品を監督したが、自身は「全身全霊を込め、必ず当たるというつもりで作った一本」として、『博徒』(1964年)、『人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊』(1968年)、『激突! 殺人拳』(1974年)の3作を挙げている[25][注釈 1]

1976年7月28日、佐川清鈴木正文らと(株)正武プロダクションを設立し[26][27]京都都ホテルで発表披露パーティを催す[27]。後に空中分解した[26]

55歳の1977年に東映を離れた後は[28]、仕事がなく、生活も荒れ1年3ヵ月無収入の日々が続いた[14][26]。食わがために一般の会社の試験を受けるがことごとく落ちた[14]。京都の高嶋易断で2年の修行を経て[26]1978年1月から石川県金沢市で高嶋宏瑞としてに易者を開業[14][26][29]、同年に山伏の修行を始める[30]。自身「わたしは東映以外の仕事は一つもない。100%、東映の仕事だったんです。そこに仕事の場が無くなって、何べんも死のうと思ったんです。いろいろあって、裏の大文字山に毎日登って京都の街を見て、オレはこの街で生きられるのかと…。やっぱり死ねへんという形になった時、考えてみたら先は長いし、何をやって糧を得るかと本当に一から出直そうと、それで易者になったわけです」などと述べている[14]

2004年に京都市内の病院でリンパ腫によって死去。享年82。[要出典]

作風編集

自身が企画した映画はなく[31]、製作費をオーバーせず期日をキチンと守る手法ながら[32]、多くのヒット作を作り上げてきた[33][34]

『博徒』ではヤクザ博奕の中盆を[35]、『激突! 殺人拳』では空手家を重要なキャストに充てがうなど[36]、俳優に演じさせるよりその業界の本職を出演させ、リアルな画を撮る演出をしている[35][36]

深澤哲也は「概して作風は荒っぽく、きわめて多作な職人監督なので、当然のことながら失敗作や出来損ないも少なくない」と評している[17]

人物編集

映画の製作会議で脚本家がシナリオを読み上げた後、不出来のものには「チートモおもろないワ!」と大声で宣告を下し[37]、“小沢天皇”と恐れられていた[38]。1977年、岡田茂東映社長に「君には徳がない」と言われ、返す言葉もなく東映退社を決意[26]#著書で「自分は“困った奴ちゃ”なんで、この態度が原因で東映から解雇された」と自己評価をしている[39]笠原和夫は『博徒七人』でこれを言われたときに「まずい下手はあるだろうが、どこがまずいのか、どうして欲しいのかくらい言うべきだろう[34]」と、小沢の目の前で脚本を引き裂き、「降りる」と怒った[40][41]クランクインまで5日と迫っていたために小沢とプロデューサーが青ざめ、小沢が笠原に手をついて謝罪したことで、矛を収めて書き直し、製作にこぎつけたが、同作は当たったと笠原は証言している[42]。1968年の『人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊』では、出演を予定していた高倉健が「小沢作品には出たくない」と言って蹴ったといわれる[14]。小沢は「役者なんて小道具じゃないかという考えがあったことは確か」と述べている[14]

一方で石橋雅史は『激突! 殺人拳』で毎日「今日も一日、よろしくお願いしまーすッ」と大きな声で挨拶されたと証言し[43]、笠原も「元来気が小さく、悪い男ではない[44]」、「きちんとした脚本ほんを持っていったときは、芯から嬉しそうな爽やかな笑顔を見せてくれる人でもあった[45]」と述べている。

作品編集

映画編集

※は脚本を共作

テレビドラマ編集

  • プレイガール(1969年、東京12ch.
    • 第7話「女が命を賭けるとき」
    • 第9話「女は潜って勝負する 」
  • 新選組(1973年、CX
    • 第1話「芹沢鴨死す 豪雨止まず」
    • 第2話「池田屋にきらめく白刃」
    • 第6話「三条大橋に黒い人影」
    • 第7話「祇園小路の人質」
    • 第12話「近藤勇に危機迫る」
    • 第13話「決死隊京に突入す」
    • 第18話「鳥羽伏見の戦い(前)」
    • 第19話「鳥羽伏見の戦い(後)」
  • 江戸を斬る 梓右近隠密帳(1973年、TBS
    • 第5話「和蘭陀囃子の謎」
    • 第9話「決闘鍵屋の辻」
  • 人形左七捕物帳(1977年、ANB
    • 第33話「泥棒市が結ぶ恋」
    • 第34話「逆夢を買った女」

著書編集

  • 小沢茂弘、高橋聡『困った奴ちゃ - 東映ヤクザ監督の波乱万丈生』ワイズ出版(原著1996年11月10日)、初版第一刷。ISBN 9784948735576OCLC 676010450

参考文献編集

※異なる頁を複数参照をしている出典のみ。出版年順。

脚注編集

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 助監督で関わった『日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声』(1950年)も挙げている[25]
出典
  1. ^ a b c 高橋聡 「困った奴ちゃ」、 6頁。
  2. ^ 安井喜雄 プラネット映画資料図書館代表 「きがつけばそこに小沢茂弘がいた 東映やくざ映画考にかえて」、 113頁。
  3. ^ 高橋聡 映画評論家 「きがつけばそこに小沢茂弘がいた 東映やくざ映画考にかえて」、 114頁。
  4. ^ 松村晃 シネマ自由区店長 「きがつけばそこに小沢茂弘がいた 東映やくざ映画考にかえて」、 106頁。
  5. ^ 高橋聡 映画評論家 「きがつけばそこに小沢茂弘がいた 東映やくざ映画考にかえて」、 115頁。
  6. ^ 石橋雅史 (2008年8月4日). “負けるわけにゃいきまっせんばい! 66”. 石橋雅史の万歩計. 2018年9月15日閲覧。
  7. ^ a b 「少年時代から色情注意」、9頁。
  8. ^ 「少年時代から色情注意」、9 - 10頁。
  9. ^ 「少年時代から色情注意」、11 - 12頁。
  10. ^ a b 「少年時代から色情注意」、12頁。
  11. ^ 「少年時代から色情注意」、13頁。
  12. ^ 「終戦後のヒロポン時代」、15頁。
  13. ^ a b 「札つき助監督 酒と喧嘩の日々」、17頁。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n 関本郁夫「連載・映画人(烈)伝 小沢茂弘―職人監督の栄光 小沢茂弘インタビュー(インタビュー日は1979年12月28日)」『ムービーマガジン』1980年8月1日発行 Vol.23、ムービーマガジン社、 3–17頁。
  15. ^ 「札つき助監督 酒と喧嘩の日々」、18, 21頁。
  16. ^ 「札つき助監督 酒と喧嘩の日々」、21頁。
  17. ^ a b c 「小沢茂弘」、88 - 89頁。
  18. ^ a b c d e f g 第7章 小沢茂弘の活劇世界 娯楽映画はこういう具合にしやしゃんせ」、249 - 256頁。
  19. ^ 「エンドマーク!」、11 - 17頁。
  20. ^ a b 第四章 任侠やくざ映画の隆盛」、66 - 77頁。
  21. ^ 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)、佐藤忠男(編)『日本の映画人 日本映画の創造者たち』日外アソシエーツ(原著2007年6月25日)、122頁。ISBN 978-4-8169-2035-6
  22. ^ “岡田茂・東映会長 義理と人情:中(ビジネス戦記)借金で「ハラワント映画」 時代劇の解禁で東映隆盛 人生劇場からやくざ路線”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 夕刊経済特集5頁. (1993年12月11日) “(そこにスターがいた 東京撮影所物語:12)東映 任侠路線の幕開く/東京都”. 朝日新聞東京本社版 (朝日新聞東京本社): p. 都・2地方. (2011年9月3日) 松島利行 (1992年3月17日). “〔用意、スタート〕 戦後映画史・外伝 風雲映画城/54 『人生劇場』で新境地”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): p. 5 
  23. ^ 大塚英志『二階の住人とその時代-転形期のサブカルチャー私史』星海社、2016年、80 - 83頁。ISBN 9784061385849
  24. ^ 東映任俠映画を生み出した名監督・名プロデューサーたち - 隔週刊 東映任侠映画傑作DVDコレクション - DeAGOSTINI
  25. ^ a b 「札つき助監督 酒と喧嘩の日々」、22頁。
  26. ^ a b c d e f 第7章 小沢茂弘の活劇世界 娯楽映画はこういう具合にしやしゃんせ 義理も人情も神風船だ」、280 - 284頁。
  27. ^ a b 今村三四夫他「映画界重要日誌」『映画年鑑 1978年版(映画産業団体連合会協賛)』1977年12月1日発行、時事映画通信社、 2頁。
  28. ^ 「落ち目の時代へ」、94頁。
  29. ^ 「落ち目の時代へ」、97頁。
  30. ^ 「映画よさらば、易者・山伏時代へ」、98頁。
  31. ^ 高橋聡 映画評論家 「きがつけばそこに小沢茂弘がいた 東映やくざ映画考にかえて」、 107頁。
  32. ^ 大越正輝 元朝日新聞映画記者 「きがつけばそこに小沢茂弘がいた 東映やくざ映画考にかえて」、 115頁。
  33. ^ 安井喜雄 プラネット映画資料図書館代表 「きがつけばそこに小沢茂弘がいた 東映やくざ映画考にかえて」、 107頁。
  34. ^ a b 「揉めれば、当たる」、37頁。
  35. ^ a b 「流れを変えた衝撃作『博徒』」、60 - 61頁。
  36. ^ a b 「カラテ映画でもう一花」、91 - 92頁。
  37. ^ 「映画監督悪魔論」、133頁。
  38. ^ 「高田浩吉・鶴田浩二との出会い」、44頁。
  39. ^ 「困った奴ちゃ…なんです」、7頁。
  40. ^ 「映画監督悪魔論」、134頁。
  41. ^ 「揉めれば、当たる」、36 - 37頁。
  42. ^ 「揉めれば、当たる」、38 - 41頁。
  43. ^ 石橋雅史 (2008年8月6日). “負けるわけにゃいきまっせんばい! 68”. 石橋雅史の万歩計. 2018年9月15日閲覧。
  44. ^ 「揉めれば、当たる」、38頁。
  45. ^ 「映画監督悪魔論」、140頁。

外部リンク編集