メインメニューを開く

工 正信(たくみ まさのぶ、1963年8月18日 - )は、競輪選手日本競輪学校第55期卒業。日本競輪選手会広島支部に在籍。師匠は木村一利(同39期)。ホームバンクは広島競輪場

実弟である工義房(次男・第60期生)、工義則(三男・第58期生)もともに元競輪選手。

来歴編集

広島県立広島商業高等学校では野球部に在籍。二番手投手として、1982年に行われた第64回全国高等学校野球選手権大会に出場し、決勝の徳島県立池田高等学校との戦いでは、2-12で敗れたが、その試合で3回を投げて無失点に抑えた。さらに、同年の国民体育大会では優勝を経験。

高校卒業後、日本競輪学校に技能試験で合格。在校成績は1着34回で13位。

1985年5月2日岸和田競輪場でデビュー(6着)。初勝利は翌3日。

1987年全日本新人王戦で決勝に進出(5着)。鋭い捲りに加え、強引な位置取りを主張する強気の走法が光り、1989年日本選手権競輪花月園競輪場)で決勝に駒を進め、小川博美に次いで2着に入った一戦をきっかけに、続く高松宮杯競輪大津びわこ競輪場、落車棄権)、全日本選抜競輪前橋競輪場、6着)と、3大会連続で特別競輪(現在のGI)の決勝戦へ進出したことにより、同年のKEIRINグランプリ'89への出場権を得た。しかし、日本競輪選手会のストライキ行使により、同年のグランプリは中止となってしまった。その後、KEIRINグランプリには一度も出場していない(同期の郡山久二も同様に、引退するまでKEIRINグランプリ'89以外でKEIRINグランプリには出場していない)。また、同年の全日本選抜競輪以降、度重なる落車禍が影響し、その後一度もGI、GIIの決勝戦には進出していない。

2017年1月時点で、A級3班にランクされている。

外部リンク編集

関連項目編集