メインメニューを開く

常磐村 (愛知県愛知郡)

愛知県愛知郡に存在した村

常磐村(ときわむら)は、かつて愛知県愛知郡にあった。現在の名古屋市中村区南部、中川区北部に該当する。村名は、常磐村の元となった3つの村に由来する。松葉村、柳森村は植物に関わる文字があることから常盤とし、岩塚村の岩より、「盤」を「磐」にしている。

ときわむら
常磐村
廃止日 1921年8月22日
廃止理由 編入
現在の自治体 名古屋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
愛知郡
総人口 5,594
(1920年10月1日)
常磐村役場
所在地 愛知県愛知郡常磐村
 表示 ウィキプロジェクト

沿革編集

  • 江戸時代末期、この地域は尾張藩領、熱田神宮領であった。
  • 1878年明治11年) -
    • 小塚村、七女子村、本郷村が合併し、小本村となる。
    • 八ツ屋村と丸米野村が合併し、篠原村となる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 -
    • 小本村、篠原村、四女子村、長良村が合併し、松葉村となる。
    • 高須賀村、八田村、万町村、烏森村が合併し、柳森村となる。
  • 1906年(明治39年)5月10日 - 松葉村、柳森村、岩塚村が合併し、常磐村となる。
  • 1921年大正10年)8月22日 - 名古屋市に編入され、名古屋市中区の一部となる。
  • 1937年昭和12年)10月1日 - 中区、西区から中村区が新設。中区、南区から中川区が新設される。

現在の地名との関係編集

中川区と中村区とでは、境界を関西本線に合わせて変更している。おおよそであるが、常磐村のうち、旧・松葉村域と篠原、長良、四女子、小塚、七女子、本郷の各地区が中川区であり。旧・岩塚村と高須賀、烏森の両地区が中村区である。

学校編集

交通機関編集

  • 関西本線
    • 八田信号所[1]が開設されていたが、当時鉄道駅は設置されていなかった[2]

神社・仏閣編集

  • 八剣社
  • 神明社
  • 万念寺

その他編集

愛知郡には、常磐村と同じ読みの村、「常盤村」が、1876年から1889年まで存在した。後に合併で御器所村となり、現在の名古屋市昭和区となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋市への編入後、1922年に八田信号場に変更。1928年に八田駅が開業
  2. ^ 近鉄名古屋線近鉄八田駅烏森駅が旧常磐村の村域内にある。しかしこれら2駅は、常盤村が名古屋市に編入された後の1938年に、関西急行電鉄の駅として開業したものである。

関連項目編集