幕末残酷物語』(ばくまつざんこくものがたり)は、1964年12月12日に公開された日本映画である。監督は加藤泰、主演は大川橋蔵[1]。モノクロ、シネマスコープ成人映画[1]

幕末残酷物語
Fall of Feudal Times
監督 加藤泰
脚本 国弘威雄
製作 大川博
出演者 大川橋蔵
河原崎長一郎
富司純子
中村竹弥
西村晃
大友柳太朗
音楽 林光
撮影 鈴木重平
編集 河合勝巳
制作会社 東映京都撮影所
製作会社 東映
公開 日本の旗 1964年12月12日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

架空の新選組隊士・江波三郎の視点で描かれる物語である。池田屋事件をはじめ、元治年間の京都を舞台に、新選組の内部粛清を描いたストーリーとなっているが、重要な史実関係が間違っている箇所もある。例えば、沖田総司は天然理心流(近藤道場)の使い手であるが、本作品では「北辰一刀流」の使い手と描かれるなど、物議になった作品である。

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

企画編集

企画は大川橋蔵の人気回復に陣頭指揮を執る[2]当時の東映京都撮影所(以下、東映京都)所長・岡田茂[3][4]タイトル命名も岡田[5]。岡田が橋蔵の新路線として"男性向きアクション"の一本として企画した[4]

作品の評価編集

興行成績編集

橋蔵の主演映画はかつては興行収入ベストテンに毎年2、3本が入り[6]、コンスタントに2億5000万から3億円を叩き出す東映のドル箱であったが[6]、本作が公開された1964年頃から興行不振が目立ってきた[6]。1964年の正月第二弾『人斬り笠』(併映『地獄命令』)、第二弾『風の武士』(併映『 図々しい奴』)、3月の『紫右京之介 逆一文字斬り』(併映『二匹の牝犬』)とも成績が悪く[6]、橋蔵の極めつけ『新吾番外勝負』(併映『君たちがいて僕がいた』)ですら1億5000万に届かなかった[6]。8月に公開された『御金蔵破り』は、橋蔵噂の人・朝丘雪路との共演という話題性もあり[6]、併映『日本侠客伝』との釣り合いもとれて[2]、1億5000万に届くヒットとなった[6]。しかし9月の『大喧嘩』(併映『忍者狩り』)がダメで、続く本作も不入りだったとされる[6]

批評家評編集

  • 岡田茂東映京都所長も内容を褒めたが[6]大川橋蔵を支援する映画評論家南部僑一郎週刊誌上で、「『座頭市シリーズ』は勝新坊主になって目を剥くのがいいんだ。それを『幕末残酷物語』みたいなもので橋蔵があんな役をやって、どこに意味があるというんだろう。橋蔵は何でああいう斬り死の役柄に乗せられてしまうのか。『オレはいままで大義名分で生きてきたが、これじゃまるで派閥の地獄じゃないか』といって逃げるなら君が生かされる。むしろ女と逃げた方があの時代には残酷な話になる。それをどうして君は言い出さないのか。君の最近の仕事にはゲンナリしている。『幕末残酷物語』みたいなものはぼくはてっきりオクラになると思っていたら、京都では岡田所長以下、良いといってるのはどういうわけだ。ぼくは京都に行く記者連に『あんなもので客に来いとは言語道断だと伝えてくれ』と言ってやったくらいだが、橋蔵君、君はいったいどういうつもりであんな仕事をするんだ」[6]、「橋蔵のイメージを変えるという会社のやり方は間違っている。妙なリアリズムに熱を上げたりね。『幕末残酷物語』はいけないよ。ああいう仕事が将来のための授業料になるという人もいるが、スターは授業料を払う必要はない。橋蔵は求めて汚れなくても、きれいなままでいくらでもやれるんだよ」などと、岡田の橋蔵のプロデュース力が悪いと批判を繰り返した[7]
  • 穂積純太郎は「橋蔵の真価は白塗りできれいなところにある。『幕末残酷物語』や『天草四郎時貞』などの"意欲作"で、わざわざ"黒塗り"の橋蔵を見せるのは何か錯覚してるんじゃないかとしか思えない。橋蔵は悲劇と紙一重の正喜劇をやれる数少ない役者ではないか。とにかく大スターでありながら未開拓の分野が多く、いろいろな可能性を秘めている役者も珍しい」などと評した[7]
  • 大川橋蔵は「ぼくとしては『幕末残酷物語』で、はじめてといって良いようなリアルな演技で、いわば素顔(すっぴん)で出たようなもんで、ぼく自身、すごく楽に演技が出来た。自然(ナチュラル)に自分の感情のままやって、それが極めて適切に画面に出たと思う。演技的にはちっとも苦労してないけど、世間の人は『幕末残酷物語』の演技はよかったと言ってくれる。だけど、従来の娯楽作品は、大衆受けはしても、演技的にあまり褒められたことはない。しかしぼくは娯楽作品に演技的に苦労しているわけです。つまり娯楽作品がいかに難しいか…それがよく分かった気がします」などと述べている[8]

受賞歴編集

影響編集

本作公開の翌週、1964年12月24日から公開された橋蔵の次作『黒の盗賊』(併映『博徒対テキ屋』)は少し持ち直したが[6]、1965年2月公開の愚連隊を演じた『バラケツ勝負』はかなり落ち込んだ[4][6]。女性ファンからも橋蔵のヨゴレ役に反撥を食らったため[9]、岡田茂東映京都所長は「女性ファンは"美男の橋蔵"がお好きなようだから、今後はご要望に応えて、その線を通していく」と表明し[4]、橋蔵が難色を示していた大阪を舞台としたスリの話『飛びっちょの鉄』を製作中止させ[4]、1965年5月公開の『大勝負』では水も滴る美男やくざに設定を変えた[4][9]。岡田は「1965年秋に橋蔵主演で『源氏物語』を企画している。橋蔵源氏を取り巻く女性に佐久間良子三田佳子岡田茉莉子有馬稲子山本富士子といった絢爛たるキャストを組みつもりだ」と話していたが、「但し、結婚問題をきちんと収束させることが条件」と述べ[10]、結局、『源氏物語』は製作されることはなかった。 

映像ソフト編集

同時上映編集

脚注編集

  1. ^ a b 幕末残酷物語”. 日本映画製作者連盟. 2021年4月6日閲覧。
  2. ^ a b 「がいど・映画表街道に脱出した大川橋蔵黒の二枚目スリ、盗賊で再出発」『週刊サンケイ』1964年9月7日号、産業経済新聞社、 51頁。
  3. ^ 渡邊達人『私の東映30年』、1991年、142頁。
  4. ^ a b c d e f 「ポスト 日本映画 きれいな橋蔵でいこう 女性ファンを失望させたヨゴレ役」『週刊明星』1965年3月7日号、集英社、 86頁。
  5. ^ 加藤泰・鈴村たけし『加藤泰映画華 ―抒情と情動―』ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫4〉、2013年、402-403頁。ISBN 9784898302712春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年、197頁。ISBN 4163768106「映画界のドンが語る『銀幕の昭和史』」『新潮45』2004年9月号、新潮社、 204頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 南部僑一郎「特別企画 大川橋蔵への直訴状 『橋蔵クン! 結婚問題を1日も早く解決して! 作品で勝負せよ!』」『週刊平凡』1965年3月4日号、平凡出版、 32-35頁。
  7. ^ a b 「【対談】 岡田茉莉子/南部僑一郎 『大川橋蔵の生き方に発言! 公私に決断と飛躍を期待する』」『週刊明星』1965年2月14日号、集英社、 34–38頁。
  8. ^ 「【対談】 大川橋蔵/岡田茉莉子 『ことしは面白いことが起りそう』」『週刊明星』1965年1月24日号、集英社、 110頁。
  9. ^ a b 小川 2016, pp. 310-311.
  10. ^ 「特集 大川橋蔵への率直な発言! 注目を集めている二つの課題について」『週刊明星』1965年1月7日号、集英社、 36頁。

外部リンク編集