メインメニューを開く
平尾台(大平山から羊群原を望む)
地図

平尾台(ひらおだい)は福岡県北東部に位置する、北九州市小倉南区行橋市田川郡香春町京都郡苅田町、同みやこ町に跨る標高370~710m、台上面積約12km2結晶質石灰岩からなるカルスト台地であるが、東北部の一帯はカルスト地帯ではなく、花崗閃緑岩からなる。小倉南区の地名でもある。国の天然記念物に指定されている。

概要編集

 
平尾台の地形図
 
羊群原の石灰岩柱
 
千仏鍾乳洞内部
 
平尾台自然観察センター

最高峰は北九州市小倉南区の貫山 (712m) でその周辺には400m~600m級の山が点在する。千仏鍾乳洞目白洞牡鹿洞青龍窟などの鍾乳洞が点在し、大小のドリーネのあるカルスト地形が広がっている。日本三大カルストと呼ばれ、北九州国定公園に指定されている。景観が良く、北九州市下曽根地区、苅田町の工業地帯、行橋市中心部、中津市山口県が一望でき、国東半島姫島由布岳鶴見岳も見えることがある。半自然の草原景観を守るために、毎年3月頃に野焼きが行われる。

地名編集

地名としては小倉南区新道寺・木下・市丸・小森・呼野・貫・井手浦、苅田町谷・法正寺、行橋市千仏・内蔵・矢山・高来・福丸・徳永・入覚、みやこ町勝山上矢山・勝山矢山・勝山浦河内及び香春町採銅所と、広い範囲にわたっている。

中心となる北九州市では、2003年2月に新道寺の一部に住居表示を実施し、「平尾台」一丁目-三丁目の町名を設定した。

観光編集

平尾台自然観察センター平尾台自然の郷といった入場無料の学習、行楽施設も作られており、ハイキングピクニックにも適した場所である。また貫山などの山は登山にも適しており、北九州市を代表する観光地の一つである。 毎年夏には平尾台観光祭が行われ、東大野八幡神社によって観光者の安全を祈念され、花火大会や催し物などが行われている。

イベント編集

2010年4月18日、「北九州・平尾台トレイルランニング(トレラン)レース」が開催された。なお、コース設定は石川弘樹が手がけた[1]

アクセス編集

乗合タクシー編集

以下の乗合タクシーが運行されている[2]

自動車編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 西日本新聞2010年4月19日平尾台でトレイルランニング大会
  2. ^ おでかけ交通(小倉南区平尾台地区) - 北九州市

関連項目編集

外部リンク編集