メインメニューを開く

平成12年台風第14号(へいせい12ねんたいふうだい14ごう、アジア名:サオマイ〔Saomai、命名国:ベトナム、意味:金星〕)は、2000年(平成12年)9月に九州に接近したのち朝鮮半島に上陸し、西日本から東海地方に被害をもたらした台風である。後に、激甚災害に指定された。

台風第14号(Saomai、サオマイ)
カテゴリー5の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第14号
台風第14号
発生期間 2000年9月2日 21:00
16日 15:00
寿命 13日18時間
最低気圧 925 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50 m/s (95 knot)
最大風速
米海軍解析)
140 knot
被害総額 -
死傷者数 死者10名、行方不明者2名、負傷者118名
被害地域 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
台風14号(サオマイ)の進路

9月2日南鳥島の南海上で発生した台風第14号は9日には沖ノ鳥島に接近し、11日から13日にかけて沖縄県に接近した。沖縄を通り過ぎた台風は東シナ海で進路を北寄りに変え、15日夜から16日未明にかけて九州北部の一部を暴風域に巻き込みながら北上し、朝鮮半島に上陸した。朝鮮半島を縦断した台風は16日15時に日本海で温帯低気圧に変わり、沿海州へ進み日本から遠ざかった。

この台風の影響で九州などの西日本では暴風や大雨の被害が発生した。中京圏では台風からの湿った気流の影響で9月11日~12日にかけて記録的な豪雨となり、大災害をもたらした。気象庁の命名ではないが東海豪雨と呼ばれるようになった。

被害編集

死者10名、行方不明者2名、負傷者118名。

関連項目編集

外部リンク編集