幽繆王

中国の戦国時代の趙の王

幽繆王(ゆうぼくおう、幽穆王、生没年不明)は、中国戦国時代の第10代君主(在位:紀元前235年 - 紀元前228年)。王としては5代目。悼襄王の子。

幽繆王 趙遷
王朝
在位期間 前235年 - 前228年
都城 邯鄲
姓・諱 趙遷
諡号 幽繆王
悼襄王
悼倡后

生涯編集

悼襄王と悼倡后の間に生まれた。すでに異母兄で嫡長子の公子嘉(代王嘉)が太子であったが、悼襄王はこれを廃し、遷を太子とした[1]

悼襄王9年(紀元前236年)、悼襄王が死去し、遷が王位を継承した[1]

幽繆王元年(紀元前235年)、柏人の城市を築く[1]

幽繆王2年(紀元前234年)、軍は平陽(現在の河北省邯鄲市臨漳県西部)と武城(現在の山東省徳州市武城県西部)を奪い、趙の将軍扈輒を武遂で討ち、10万の首級を挙げた[1][2]

幽繆王3年(紀元前233年)、幽繆王は李牧を大将軍に任じて、反撃に転じることにした[2]

同年、李牧は趙に攻め込んだ秦軍を宜安(現在の河北省石家荘市藁城区南西部)で破り、秦の将軍桓齮肥下の戦いで討ち取った[2][3]。この功により、幽繆王は李牧を武安君に封じた[1]

幽繆王4年(紀元前232年)、秦は趙の番吾を攻めたが、李牧は秦軍を再び撃破した(番吾の戦い[1]。さらに、李牧は秦からの国境まで領土を奪還し、その勢力を南に押し返した[2]

幽繆王5年(紀元前231年)、(現在の河北省張家口市蔚県)の地で大地震が発生した[1]。楽徐から西、北は平陰まで被害が及び、家屋や牆壁の大半が壊れ、地割れが東西百三十歩に及んだ[1]

幽繆王6年(紀元前230年)、趙で大飢饉が発生した[1]。民は口々に、「趙は泣き、秦は笑う」と言った[1]

幽繆王7年(紀元前229年)、秦の王翦・楊端和羌瘣が大軍を以て趙を攻めたため、幽繆王は李牧と司馬尚司馬卬の父)に応戦させた。苦戦した秦は李牧を排除すべく、趙の臣郭開に多額の賄賂を贈って、李牧と司馬尚が謀反を企んでいると幽繆王に讒言させた[2]。また、王母の悼倡后も秦から賄賂を受け取り、趙王に讒言をした[4]。幽繆王は讒言を信じて、李牧を誅殺し、司馬尚を更迭した[1][2][3]。その後、趙葱と斉将顔聚がその地位に代わった[1]

幽繆王8年(紀元前228年[5]、李牧誅殺の3カ月後、趙葱・顔聚の率いた趙軍は王翦に大敗し、大勢の趙兵が戦死した[1][3]。趙葱も戦死し、顔聚は逃亡した[1]

同年10月、趙の都邯鄲が秦軍に占領された[1][6]。このとき、幽繆王は秦軍に捕らえられた[6]。また、趙王とともに顔聚も共に捕虜になったという[1][3]。一方、『史記』秦始皇本紀では、幽繆王は東陽へ逃げたが、王翦・羌瘣にその地を平定され、捕らえられた、と記されている[7]

その後、幽繆王は房陵に流され、趙は滅亡した。だが、兄の公子嘉は代に逃れ、そこで自立して王を名乗り、趙の亡命政権であるを建てた。

人物編集

幽繆王は暗愚な王であった。司馬遷は『史記』趙世家において、「遷(幽繆王)は素行が悪く、讒言を信じた。それゆえ、良将の李牧を誅殺し、郭開を用いた」と記している[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 趙世家第十三
  2. ^ a b c d e f 廉頗藺相如列伝第二十一
  3. ^ a b c d 戦国策 巻二十一 趙策四
  4. ^ 列女伝』孽嬖伝「趙悼倡后」
  5. ^ 『史記』六国年表による。趙世家、廉頗藺相如列伝では幽繆王7年の出来事としている。
  6. ^ a b 六国年表第三
  7. ^ 秦始皇本紀第六

史料編集

先代:
悼襄王
の王
紀元前235年 - 紀元前228年
次代:
代王嘉