メインメニューを開く

広島大河フットボールクラブ(ひろしまおおこうフットボールクラブ)は、広島県広島市南区を本拠とするアマチュアサッカークラブ。大河FCの名前で知られる。

広島大河フットボールクラブ
原語表記 広島大河フットボールクラブ
愛称 大河FC
クラブカラー えんじ色
創設年 1974年
所属リーグ 広島ユースリーグ、中国女子サッカーリーグなど
ホームタウン 広島県広島市
代表者 浜本敏勝
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

幼児・小学生・中学生・レディースがあり、中学部は広島ユースリーグ(1部リーグ)、レディースは中国女子サッカーリーグに所属している。

1968年昭和43年)、山口大学を卒業した浜本敏勝(ちなみに1988年1989年に世界少年サッカー大会日本選抜コーチを務め、1996年から大河FC総監督)が広島市立大河小学校の教員になり、内山彰とともに放課後にサッカー教室を開いたことが始まり。 1974年(昭和49年)に正式に広島大河FCとしてクラブ組織を発足。広島県のジュニアユース世代を牽引してきた古豪である。

大河フットボールクラブが主催する「リベリーノカップ」は、セルジオ越後の友人である元ブラジル代表のリベリーノが、日本の少年たちにプレゼントしたプレートに由来する。

また、練習を見に来る母親向けに始めたママさんサッカーは女子チームに発展し、現在は中国女子サッカーリーグに登録。皇后杯全日本女子サッカー選手権大会には第4回大会1983年)と第21回大会2000年)に出場した。

クラブの目的編集

サッカー競技の普及発展と、サッカーを通じて心身を鍛え、正しく強く生きる人間を作ることを目的とし、会員相互の親睦を図る。

基本理念 (コンセプト)編集

選手・指導者・サポーターが、思いやり・助け合いを大切に、お互いに信頼と敬愛の絆を深め、魅力あるクラブの創造に努力する。

主な卒業生編集

部員数編集

平成23年6月18日現在

  • 中学部
    3年 11名、2年 5名、1年 11名

練習日程編集

  • 中学部
    月曜日 17:00 - 19:30
    水曜日 17:15 - 19:45
    金曜日 18:30 - 20:30(ただし第3金曜日は17時 - 19時30分)
  • 小学部
    火曜日 17:00 - 19:00
    木曜日 17:00 - 19:00
  • 練習場所(雨天中止)
    広島市立大河小学校グランド(広島市南区旭一丁目8番1号)

戦績編集

  • 中学部
    • HiFAユースリーグ2010-2011(U-14/U-15)後期 - 2部リーグ2011後期[1]
    • HiFAユースリーグ2010-2011(U-14/U-15)前期 - 1部リーグ2011前期[2]
    • HiFAユースリーグ2009-2010(U-14/U-15)後期 - 1部リーグ2010後期[3]
    • 高円宮杯 第23回全日本ユース (U-15) サッカー選手権大会(2011) - 広島地区 予選リーグDブロック[4]
    • 高円宮杯 第22回全日本ユース (U-15) サッカー選手権広島県大会 - 広島県大会決勝トーナメント[5]
    • 2009年度第21回高円宮杯U-15 広島県サッカー大会(中学生) - 広島県決勝トーナメント[6]
    • 2011年第26回日本クラブユース選手権(U-15)広島県予選[7]
    • 2010年第25回日本クラブユース選手権(U-15)広島県予選[8]
    • 2009年第24回日本クラブユース選手権(U-15)広島県予選[9]
  • レディース

参考文献編集

外部リンク編集