メインメニューを開く

広島市立安佐市民病院(ひろしましりつあさしみんびょういん)は、広島県広島市安佐北区にある医療機関地方独立行政法人広島市立病院機構が運営する病院である。2010年4月1日付で地域がん診療連携拠点病院の指定を受けた。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 広島市立安佐市民病院
Hiroshima City Asa Hospital 01.JPG
情報
英語名称 Hiroshima City Asa Hospital
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科、血液内科、小児科、外科、乳腺・内分泌外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、頭頸部外科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、麻酔科
許可病床数

527床


一般病床:527床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 地方独立行政法人広島市立病院機構
管理者 多幾山渉(病院長)
開設年月日 1980年5月6日
所在地
731-0293
広島県広島市安佐北区可部南二丁目1番1号
位置 北緯34度30分21秒
東経132度30分57秒
二次医療圏 広島
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

更新計画編集

2012年3月に、可部線再延伸実現時に終着駅が設置される予定になっている『荒下地区』に移転を計画していることが明らかになった[1]。建設から30年が過ぎたことで施設が老朽化し耐震性も不足しており、また狭隘化による高度専門医療への対応が困難になっている事情がある[2]。同年12月までに、『現敷地での建て替え』『荒下地区移転』の両案が纏められ[3]、2013年1月に地域住民への初の説明会が行われた[4]

しかし荒下地区への移転計画には反対の声も多く、2014年2月に行われた、移転に関する費用を盛り込んだ病院事業会計の補正予算の採決は各会派内で意見が割れ自主投票とする会派が続出、最終的に採決は25対25の同数となり、議長により否決となった[5]

2014年6月現在、同月に行われる議会への議案提出は見送り、現在地での立て替えを含め「あらゆる可能性を排除しない」としている[6]

その後、現在の安佐市民病院敷地内に一部機能を残したうえで、荒下県営住宅跡地に病院を新築することとなった[7]ため、開通5年後の2022年春に病院が開業する予定。

診療科編集

主な指定編集

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集