当たるんです[1]は、当たるんです株式会社によるオートレースをロトくじ感覚で楽しめる重勝式投票券(オートレースの後半4レースを全て的中させる投票券)のインターネット投票サービスである。

当たるんです株式会社
Atarundesu Co., Ltd.
当たるんですロゴ
種類 株式会社
略称 当たるんです
本社所在地 日本の旗 日本
102-0071
東京都千代田区富士見2丁目4番11号
設立 2017年11月
事業内容 重勝式投票券(当たるんです)の発売・管理
代表者 鈴木千樹(代表取締役)
主要株主 株式会社JPF
外部リンク https://www.atarundesu.com/
テンプレートを表示

便宜上、運営会社である、当たるんです株式会社についても記述する。

概要編集

経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき、山陽オートレース場の管理施行者でもある山口県山陽小野田市が主催している。

当たるんです株式会社は、山陽小野田市より当たるんですの運用・管理を委託されている。当たるんですの売上は、当選者への当選金の支払いや、公式サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に活用されている[2]

仕組み編集

その日開催されているオートレースのうち、4つのレースを対象に「(例)8×8×8×8=4,096通り」の着番を抽選番号としたロトくじを、ランダムで全通り分を配布している。配布した抽選番号と対象レースの1着が全て一致した場合、当選となり、当選者に払戻金が支払われる。当たるんですは会員登録から購入、当選金の受領まで、全てインターネット上で完結するサービスである。

また、コンピュータがランダムで選んだ抽選番号を発行することから、オートレースやロトくじの知識は一切必要がない。

歴史編集

  • 2016年12月14日 - 「当たるんです」の発売開始[3]
  • 2016年12月14日 - 「当たるんですミニ」の抽選が初めて開催される。
  • 2017年4月29日 – 当たるんです登録者が1万人を突破した。
  • 2017年11月1日 -日本写真判定株式会社(現:株式会社JPF)の100%子会社となる「当たるんです株式会社」を設立。
  • 2018年3月10日 -「当たるんですメガ」の抽選が初めて開催される。
  • 2018年12月27日 - 当たるんです登録者が94,000人を突破した[4]
  • 2019年4月26日 – 全レースが7車立ての抽選が初開催され、「当たるんですミニ」が18セット成立。
  • 2019年9月5日 - WEBサイト「DMM.com」にて、当たるんです(DMM百万長者)の取扱開始[5]
  • 2020年3月30日 - WEBサイト「当たるんです」のキャンペーンサイトとして、「FLASHくじ powered by当たるんです」を開設[6]
  • 2020年5月20日 - 当たるんです登録者30万人を突破した。
  • 2020年6月29日 - WEBサイト「チャリロト.com」にて、当たるんですの取扱開始[7]
  • 2020年8月20日 - 全レースが6車立ての抽選が初開催され、「当たるんですミ二」が93セット成立。
  • 2021年4月1日 - 「当たるんです」の公式オウンドメディア「当たるんですMAGAZINE」を設立[8]
  • 2022年4月28日 - 「当たるんです」の当選者数が累計1万人を突破した[9]
  • 2022年5月24日 - 「当たるんです」の資金チャージ手段に「PayPay」が導入される[10]
  • 2022年6月1日 - 「当たるんです」の公式アンバサダーに芦村幸香が就任する。[11]
  • 2023年1月21日 - 「当たるんです2」、「当たるんです3」を新発売。

当たるんですの販売方法編集

当たるんですの販売はパソコン・スマートフォンから、インターネットを経由して行われる。[12]

当たるんですを購入するには、会員登録が必要である。公営競技のオートレースを対象とした車券であることから、会員登録時に公的書類の提出が必須となる。

購入資金のチャージはクレジットカード(VISAMastercard)、ネット銀行(PayPay銀行楽天銀行、住信SBIネット銀行)、ゆうちょ銀行、都市銀行(三井住友銀行みずほ銀行三菱UFJ銀行りそな銀行埼玉りそな銀行)、地方銀行、Pay-easy(ATM決済)、コンビニ決済(ローソン、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキ、スリーエフ、ファミリーマート)、PayPayなどの手段がある。

当たるんですの種類編集

全種類の共通点として、1日のうち最終競走から数えて、連続する4競走における1着の車番を的中させる「四重勝単勝式車券」[13]。である。 四重勝単勝式車券は全部で4096口となるが、4096口全てが発券された時点で1組となり、投票が成立する。 当選確率は最大4096分の1で、必ず誰かが的中する仕組みのため、キャリーオーバー制度は設けられていない。なお、各当たるんですの配当は販売価格によって異なる。[9]

  • 当たるんですミニ
販売価格:1口500円、最大当せん金:1,433,600円
  • 当たるんですメガ
販売価格:1口3,500円、最大当せん金:10,035,200円
  • 当たるんですギガ
販売価格:1口35,000円、最大当せん金:約1億円 ※販売実績なし

※最大当せん金は、8車立て4レースで同着なしの場合。

発売対象のオートレース場編集

2016年12月14日のサービスリリース時より、全てのオートレース場が発売対象となっている。

川口オートレース場

伊勢崎オートレース場

山陽オートレース場

浜松オートレース場

飯塚オートレース場

運営会社編集

2016年12月14日 - 日本写真判定株式会社(現:株式会社JPF)[14]が「当たるんです」の発売開始。

2017年11月1日 - 日本写真判定株式会社(現:株式会社JPF)が「当たるんです」事業を分社化し、「当たるんです株式会社」[15]を設立。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ はじめての方へ|当たるんです!” (jp). 高確率ロトくじの当たるんです!. 2022年5月31日閲覧。
  2. ^ オートレースくじの当たるんです!|当選確率1/4096以上、最高1億円!” (jp). 高確率ロトくじの当たるんです!. 2022年5月31日閲覧。
  3. ^ オート新車券「当たるんです」14日から発売 - オート : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年5月31日閲覧。
  4. ^ 最大143万円が必ず当たるくじ「当たるんです」これまでの百万長者数585名・会員94,000人を突破!”. https://prtimes.jp/.+2018年12月27日閲覧。
  5. ^ 【当たるんです】合同会社DMM.comより「DMM百万長者」の提供開始のお知らせ”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年5月31日閲覧。
  6. ^ 1口500円で最大143万円…当選率No.1の「FLASHくじ」開始” (日本語). Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌] (2020年3月30日). 2022年5月31日閲覧。
  7. ^ チャリロト.comにて「当たるんです」の取り扱い開始!” (日本語). AutoRace.JP. 2022年5月31日閲覧。
  8. ^ 「当たるんですMAGAZINE」開設のお知らせ|当たるんですMAGAZINE(マガジン)” (日本語). 当たるんですMAGAZINE(マガジン) (2021年3月29日). 2022年5月31日閲覧。
  9. ^ a b 最大143万円が当たるオートレースのロトくじ「当たるんです」当選者が1万人を突破!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年5月31日閲覧。
  10. ^ お知らせ(当たるんです 「PayPay」導入記念キャンペーンについて(5/24~5/31))|当たるんです!” (jp). 高確率ロトくじの当たるんです!. 2022年5月31日閲覧。
  11. ^ 芦村幸香さんが「当たるんです」の公式アンバサダーに就任しました!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年6月1日閲覧。
  12. ^ 【「当たるんです」に対応している決済手段について】”. 高確率ロトくじの当たるんです!. 2022年6月14日閲覧。
  13. ^ 当たるんですはどれに該当する?オートレースの車券の種類をすべて解説!|当たるんですMAGAZINE(マガジン)” (日本語). 当たるんですMAGAZINE(マガジン). 2022年6月14日閲覧。
  14. ^ 株式会社JPF. “株式会社JPF” (日本語). www.jpf.co.jp. 2022年5月31日閲覧。
  15. ^ 会社概要|当たるんです!” (jp). 高確率ロトくじの当たるんです!. 2022年5月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集