メインメニューを開く

NON STYLE(ノン・スタイル)は、石田明と井上裕介による日本お笑いコンビである。吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社所属。2000年5月14日に結成。出囃子はKEMURIの『prayer』。

NON STYLE
メンバー 石田明
井上裕介
結成年 2000年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2000年 -
出身 baseよしもとオーディション
出会い 中学校時代
現在の活動状況 テレビ番組
劇場ライブ など
芸種 漫才コント
ネタ作成者 石田明
現在の代表番組 BS吉テレなど
過去の代表番組 NON STYLEのフリースタイル!!
こちらかきくけ公園前
このへん!!トラベラーなど
同期 キングコング
ダイアン
山里亮太 (南海キャンディーズ)
中山功太
ミサイルマン など
受賞歴
2005年 ABCお笑い新人グランプリ 審査員特別賞
2005年上方お笑い大賞 最優秀新人賞
2006年 上方漫才大賞 優秀新人賞
2006年 MBS新世代漫才アワード優勝
2006年 NHK新人演芸大賞 演芸部門大賞
2006年上方お笑い大賞 審査員特別賞
2007年 爆笑オンエアバトル 優勝
2008年 M-1グランプリ 優勝
2009年 S-1バトル 6ヶ月間チャンピオン
2010年S-1バトル年間チャンピオン
テンプレートを表示

爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。2008年M-1グランプリ王者。

目次

メンバー編集

石田 明(いしだ あきら、1980年2月20日 - )
ボケ・ネタ作り担当。既婚。身長173cm、大阪府立東淀川高等学校卒。
立ち位置は向かって左。血液型B型大阪府大阪市出身。全身白の衣装を着用することが多い。ツッコミの井上がナルシストになりきる場面ではツッコミ役になる。
2016年、劇団間座旗揚げ公演『恋の虫』で脚本を担当し、初めてミュージカルの脚本を手掛ける[1]
井上 裕介(いのうえ ゆうすけ、1980年3月1日 - )
ツッコミ担当。未婚。身長163cm[注 1](公称165cm)、神戸学院大学経済学部卒。
立ち位置は向かって右。血液型はA型。大阪府大阪市出身。ジャケットの下にタンクトップの衣装を着用することが多かったが、最近ではワイシャツを着ている。ナルシストになりきる場面ではボケ役になる。
個人でDay of the legend(ミュージシャン)としても活動。また、期間限定でロックバンドflumpoolのサポートメンバーとしても活動していた。

来歴編集

元々2人は同じ中学・高校に通っていた。高校で仲良くなった2人は遊びで漫才やコントをしたことがきっかけとなり「井上が大学に落ちたら一緒にNSCへ行こう」と話をしていたが、井上は大学に合格したため進学し、石田は(父親が板前であったため)板前として就職することとなる。

石田は板前修業をしていた2年の間に、高校時代の友人2人に誘われ「ほりごたつ」というトリオで心斎橋筋2丁目劇場のWachachaブレイクに一度だけ出演した。解散後は「ジャッジメント石田」と名乗り、ピン芸人となる。一方井上は、大学でパンクバンドを組んでいたが解散し、ストリートミュージシャンになろうとしていた。

石田の状況を知った井上による「俺がギターを弾くからお前がベースを弾け。合間に漫才をしよう。」という誘いを石田が受諾し、NON STYLEが結成された。結成直後は神戸・三宮駅付近の路上で漫才を行っていた。ときには徳井義実チュートリアル)や八木真澄サバンナ)が2人の漫才を見に来ていたこともあるという。ある時には酔っ払いの男に漫才について2時間も説教をされ、男を見返すために漫才だけに絞った。今では漫才の大会で何回も優勝をしているため、「その男の人に感謝をしている」と発言している。

2000年5月14日にbaseよしもとのオーディションに受かり、2001年1月[2]に吉本興業に所属しプロデビュー(吉本興業に入る前の数ヶ月間はケーエープロダクションの短期間研修生だった)。

オーディション組だが、大阪NSC22期生(ダイアンミサイルマンネゴシックス中山功太キングコングなど)、東京NSC5期生(大西ライオン三瓶平成ノブシコブシピース5GAPラフ・コントロールなど)と同期扱いとされている。

2004年度から2007年度まで『爆笑オンエアバトル』(NHK)に出場し、終始安定した成績を残した他、2006年度には9代目チャンピオンに輝くなどの活躍を見せた(後述)。

2006年、第4回MBS新世代漫才アワードで優勝し、同年末に初冠番組『NON STYLEのフリースタイル!!』が放送された。2007年までにお笑いの新人賞6冠を獲得、baseよしもとのトップ組に昇格する。

2008年4月6日をもって、8年間所属していたbaseよしもとを卒業し、東京進出。両名とも東京に住居を構え、以降は、京橋花月ルミネtheよしもと等に活動拠点を移す。

2008年12月21日、第8回『M-1グランプリ』(テレビ朝日系列)決勝進出。9組目のオードリーまで暫定1位を保持し(ただしオードリーは敗者復活枠)、最終決戦で審査員7人中5票を獲得して優勝を果たした(詳細後述)。翌年の第9回M-1グランプリにも連覇を目指し出場することを表明。歴代王者が再び出場するのは、第3回王者フットボールアワー以来となり、優勝者が翌年も出場するのはM-1史上初だったが、準決勝敗退。その後敗者復活戦から勝ち上がり決勝進出。ファーストラウンドで3位を獲得し、2年連続最終決戦進出を果たしたが、結果は3位だった(詳細後述)。

2010年12月23日には、S-1バトルのグランドチャンピオンで獲得した賞金1億円を使用し、埼玉スーパーアリーナにてお笑いライブでは過去最大規模となる1万2千人を収容して『NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ』を無料開催した(因みに、S-1バトル6月度月間チャンピオン時の賞金は、7月31日-10月12日 に行われた単独ライブ『NON STYLE LIVE 2009 〜M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー〜』で、来場者に配布した無料ステッカーの製作費に使用した)。

略歴編集

芸風編集

主に漫才。ハイテンポでボケの手数の多さが特徴[3][4]。基本的にコント漫才であり、井上の簡潔なフリに対し石田が常に2つ以上のボケを出し続けることでスピード感を演出している。

2007年まではカッコつけたがる井上を石田が「イキリ」(関西弁で意気がる、調子に乗るの意)とからかうことを特徴とする「イキリ漫才」と呼ばれるスタイルを主としていた[5]

2008年以降は「石田がボケた後井上が突っ込み、さらに自分自身の右太ももあたりをグーで殴り自省するのを井上が突っ込む」というスタイルの漫才へと変更し、『M-1グランプリ』ではこのスタイルを駆使して優勝を果たした(詳細後述)。なお、2018年現在は行っていない。

ネタ作りは主に石田が担当している。二人とも即興性を好むということもあり、ツッコミの大半は井上がアドリブで作っている。また、井上は「石田が書いた台本を井上に見せずにネタをやる」→「台本を見せてからやる」→「それぞれ家に帰って覚える」という流れでツッコミを考えると共にネタの完成度を高めている[3]。「人に見せたら、その人がネタについて新しく発想するかも知れない」としてネタ合わせ中は絶対人には見せない。また、オーディション会場に出向いて、ストップウォッチで時間を計りながら、参加芸人のネタの内容を全部書き留めるという“偵察”も行うことがある[3]

また、コントをすることもあり、キングオブコント準決勝進出の経験がある。

エピソード編集

  • 井上が前向き・外向的であり[6]、石田が内向的であると語られることが多い[7]
  • 二人の関係は「井上がNON STYLEの社長で、石田が従業員(下請け)である」と本人たちが述べている[8]
  • 結成当初は淀川の河川敷でネタ合わせをしていたため、石田はコンビ名の候補に「淀川ピーナッツ」を提案するも、井上はダサいという理由から却下し、当時井上が好きだったHi-STANDARDのように「○○スタ」と略されたいと思っていたことや「コンビ名に“ん”が入っていると売れる」という験担ぎ、現在も当時でも横文字のコンビ名が少ない事をふまえて「NON STYLE」と命名した[9]。なお、このコンビ名は、2017年にバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』内で若手芸人200人にアンケートをして作成された「ダサいと思うコンビ名ランキング」で1位に選ばれた[注 2]
  • 井上のナルシストキャラが定着する前は、「爽やかコンビ」「二枚目コンビ」と呼ばれていた。
  • 中学時代、出席番号1番が石田で、出席番号2番が井上だった。しかし中学時代はほとんど喋ったことがなかったという。また当時は石田の方が身長が低かった[11]
  • 2008年3月頃に井上の提案による東京進出を巡って大ゲンカになったことがあり解散話にまで発展したが、今では無効とされている。石田は後に「寧ろ東京に来てからしっかり話し合うようになった」と発言している[8]
  • 上京から半年後テレビでのレギュラー番組はゼロになったが、石田は「暇だったが逆にネタを作れる時間ができたので、何も文句はなかった」[12]。また、この夏に「M-1グランプリで優勝したいんですツアー」を敢行し「優勝しなかったら恥ずかしい思いをするのは自分なので、敢えて崖っぷちに追い込んだ」と井上は振り返っている[13]
  • 2008年M-1グランプリ優勝会見では、記者の「優勝したのは誰のおかげだと思いますか?」という質問に対し、井上は「いろいろアドバイスをくださった先輩方」、石田は「まだネタが出来ていない内から今年のM-1は優勝しますと宣言して、僕を引っ張ってくれた井上」にそれぞれ感謝していた[14]

賞レースの戦績編集

爆笑オンエアバトル編集

『爆笑オンエアバトル』には2004年度から2007年度まで出場し、10戦全勝という好成績を残した他、2006年度には9代目チャンピオンに輝くなどの活躍を見せた。

  • 初挑戦は2005年2月19日放送回(2004年度最後の通常放送回)。初挑戦ながらオーバー500(501KB)を獲得し、トップ通過も果たすという幸先の良いスタートを切っていた。
  • 出場当初はオーソドックスな漫才を披露しており、石田のキャラ(病弱な所や、細身の体を活かして漢字の部首を表すなど)を強く押し出すスタイルを取っていたが、4戦目(2005年10月8日放送回)以降からは井上の「イキリ[注 3]キャラ」を前面に押し出すスタイルを取るようになった(このため、井上は3戦目までは普通に上下スーツにネクタイ着用という姿で舞台に立っていたが、4戦目以降はこのキャラに徹するべく「スーツの下にタンクトップを着る」という姿で舞台に立っていた)。この「イキリ漫才」にシフトして以降は高得点を連発するなど成績が安定していき、そのため「オンバト」では最後の出場までこのスタイルを貫いていた。
  • 2005年度は安定した成績を残し、年間合計KBランキングでは5位を記録して初のチャンピオン大会に進出。セミファイナルではオーバー1000(1010KB)を記録するも、ファイナルでは750KBと奮わずチャンピオン達成はならなかった。
  • 2006年度は出場した4戦全てで480KB以上を記録し、3戦目では1年9ヶ月ぶりとなるオーバー500(509KB・自己最高KB)を記録するなど驚異的な安定感で勝ち星を重ねていった。最終的に年間合計KBランキングでは4位を記録し、2年連続2回目のチャンピオン大会進出を果たす。その結果セミファイナルでは970KBを記録して2位で通過すると、ファイナルでは974KBを記録[注 4]して見事9代目チャンピオンに輝いた。なお今大会ファイナルにおいては、暫定チャンピオンであり当時圧倒的な強さを誇っていたタカアンドトシに史上初の3連覇への期待がかかっていた事に加え、尚且つ関西勢がNON STYLEただ1組だけという厳しい状況下であったが、それらを乗り越えてのチャンピオン達成となった。関西出身の芸人がチャンピオンとなったのはハリガネロック以来5大会ぶり[注 5]であり、また「オンバト」においては関西勢最後のチャンピオン達成者となった[注 6]
  • 2007年度は暫定チャンピオンとして11月2日放送回に出場すると、481KBを獲得してトップ通過を果たし、見事10戦全勝を記録してチャンピオンの貫録を見せつけた。第10回チャンピオン大会ファイナルにはシードで出場するも3位(886KB)[注 7]に終わり、連覇は達成できず10代目チャンピオンの座はトータルテンボスに明け渡す形となった。2008年度以降は出場しておらず、今大会ファイナルを最後に事実上の番組卒業となった。
  • 「オンバト」においては終始安定した成績を残しており、屈指の実力を誇った。10勝の内9勝が470KB以上を記録しており、順位もチャンピオン大会を含めたすべての挑戦において上位5位以内をキープしていた(なお、通常回においては1~3位までの順位しか記録した事が無かった)。なお、10勝以上して400KB台を1度も下回った事の無い芸人はNON STYLEとイワイガワのみであるが、更に全戦全勝(4連勝以上)を達成している芸人に限定すれば、NON STYLEは唯一1度も400KBを下回った事がないコンビとなっている。
  • 歴代チャンピオンの中では、オンエア・オフエア含め記録した最低KB数が最も高いコンビでもある(NON STYLEは2005年6月11日放送回の441KBが最低KB)。その一方で出場回数とオーバー500獲得回数が歴代チャンピオンの中でいずれも2番目に少なかった[注 8]。また、初出場からチャンピオン達成までの期間が短った事もあり、挑戦回数やオンエア回数の条件が満たされていないため、「ゴールドバトラー」には認定されていない(詳細は『爆笑オンエアバトル#プラチナバトラー&ゴールドバトラー」の項目も参照)。
  • 上述のように安定した成績を残していた一方で、高得点の証であるオーバー500に関しては中々獲得する事が出来ず、出場10回中2回しか達成出来なかった(惜しくも一歩手前である480~490KB台を記録する事の方が多かった)。2008年12月30日に放送された「爆笑オンエアバトル10周年企画『ヒーローたちの伝説ネタSP』」にて2人が語った所によれば、「オーバー500は壁であり、取るつもりでも取れなかった」「チャンピオンも嬉しかったが、545KB(満点)の方が嬉しいかもしれない。満点は取ってみたかった」などと本音を明かしている。
  • アンタッチャブル(6代目チャンピオン)に次いで、「爆笑オンエアバトル」と「M-1グランプリ」の両方で優勝したコンビとなっている。両方の優勝を達成しているのは歴代でもこの2組のみである[注 9]
  • 上述のようにNON STYLEは「オンバト」と「M-1」の両方で優勝を経験しているが、後に行われたインタビューにて井上はそれぞれの審査の傾向を比較し「自論ですが『オンバト』は「一番面白い芸人」というよりも「一番共感できる芸人」が優勝できるような気がします。『オンバト』は客席に100人いたら99人に好かれないといけないんですけど、『M-1』は100人の内10人しか笑っていなくてもその10人の評価が凄ければいい、みたいな空気はあります」と語っており、石田も「『オンバト』はアクがない方が有利かも知れない。『M-1』は逆にアクがないとダメ」と語っている[15]

M-1グランプリ編集

『M-1グランプリ』には第1回(2001年)大会から出場しており、第1回・第3回(2003年)・第4回(2004年)大会では3回戦敗退、第2回(2002年)・第5回~第7回(2005年~2007年)大会では準決勝敗退に終わる。そして8度目の出場となった第8回(2008年)大会にて初の決勝進出を果たし、見事優勝を果たした。なお、翌年の第9回(2009年)大会にも出場し、当初は準決勝敗退に終わるも、その後敗者復活戦から勝ち上がり2年連続で決勝進出を果たした(後述)。

決勝進出まで
  • NON STYLEは結成から数年で関西の新人賞レースを総なめにし、上記の『爆笑オンエアバトル』でチャンピオンに輝いたりもするなど、関西では若い層を中心に圧倒的人気を誇っていたが、結成当初から出場し続けていた『M-1グランプリ』の決勝には1度も進む事が出来ていなかった。上記の『オンバト』同様、『M-1』においてもNON STYLEは井上の「イキリキャラ」を中心とした漫才を披露し続けていたが、石田は第7回大会までの『M-1』では準決勝までしか進めなかった事を受けて「今の漫才の形ではこの先は無い」「(「イキリ漫才」は)限界が見えていた」「それまでのスタイルを続けても、過去のネタを焼き回すだけ[7]などと思うようになり、「今までやってた漫才のスタイルは捨て、新しい漫才を作る」という考えに行き着いたという(なお、井上にその事を打診した時は、当初は反対されたと語っている)[7]。また、それまでは関西を拠点に活動していたが、『M-1』で優勝するという思いを胸に上京も決意する。当然、関西での仕事は全て無くなり、また東京での知名度もまだまだ低かったために仕事は大幅に減ったという[16]。しかし、これらの決断が功を奏し、第8回大会の決勝初進出へと繋がっていく事となる。
第8回大会(2008年) 決勝1位 【出番:7番 得点:644 / 700点 】
  • 出場8回目にして念願の決勝初進出を果たす。番組キャッチフレーズは「ストリート系漫才」。ファーストラウンドでは7番目に「人命救助」ネタを披露。テンポよくボケを繰り出し、見る者をしっかりと掴みながらハイスピードで疾走する漫才で爆笑をかっさらった。その結果、今大会のファーストラウンドにおいて唯一審査員全員から90点台を得る[注 10]という高評価を受け、総合で700点満点中644点を獲得。暫定1位だったナイツ(640点)を抜いてトップに躍り出た。審査員の中で最高得点(95点)をつけた上沼恵美子は「大阪で私の番組によく出てもらってるけど、この2人、フリートークはあんまりおもしろくない(笑)。初めて漫才を見て『やるねんな』とビックリした」とコメントしていた[16]。また、他の審査員もNON STYLEに対しては殆どノーマークだったようで、漫才を見てかなり衝撃を受けたらしく、CM中も興奮冷めやらず、NON STYLEへの評価を全員で話し合っていたという[16]。しかし、この直後に敗者復活戦から勝ち上がってきたオードリーが649点を記録して1位通過となったため、ファーストラウンドを2位で通過して最終決戦へと臨むことになる。最終決戦ではネタ順が2番目となり、「ホラー映画」ネタを披露。1本目と同じく速いテンポでボケを繰り出すハイスピードな漫才で爆笑を誘った。そして最終的には審査員から7票中5票獲得[注 11]し、見事優勝を果たした。なお、石田は優勝が決まった瞬間から号泣していたが、それを横で見ていた井上も最初こそ石田を支えながら涙をこらえ気丈に振舞っていたものの、オンエアが終わった途端に緊張がほぐれて感情が溢れだし床に崩れて泣いてしまっていた[16]
    • 因みに第2回王者のますだおかだ以来、6年ぶりにファーストラウンドを1位以外の順位で通過しての優勝であり、また最終決戦で2番目にネタを披露して優勝した初のコンビとなった。更に第5回王者のブラックマヨネーズ以来となる決勝初選出初優勝となった[注 12]
  • 上述の通り、今大会から漫才のスタイルを変えており、「石田がボケた後で太腿をグーで殴って反省し、それを井上がまたツッコむ」という、いわば「普通の漫才の流れがありつつ、別の流れでもう一個笑いをとる」スタイルで挑んだ[7]。なお、石田はこのスタイルに対して「完全にM-1のためのネタ」「決勝のステージで受けることだけを意識した競技用の漫才であって、営業では受けない」と語るなど完全に割り切った考えを持っていた[7]。そのため「本番で受けるかどうか、むっちゃ不安だった」というが、「M-1に勝つには、そこまでやらないといけない」という思いから実行に至ったとの事[7]
    • 上述の漫才スタイルは完全に「M-1で優勝するために作られた」ものであったため、2018年現在は全く行われなくなっている。また、石田はこのスタイルを嫌っており、2016年10月4日放送の「EXD44」(テレビ朝日)に出演した際には「M-1(で優勝した時)のネタなんて全然好きじゃない」「2度とやりたくない」などと本音を明かしていた[17]
  • 審査員は高評価を下しており、大会終了後に島田紳助は「僕の中の圧勝でした」と述べ、上沼恵美子も「圧勝。私の中ではダントツでした」と述べるなど絶賛のコメントが相次いだ。また、オール巨人は「2、3年前から決勝に来てもおかしくない奴らだった」と述べており、前々からNON STYLEの事を高く評価していた事を明かしている。一方で松本人志は「2人を全く知らなかった。トークが苦手ということで『すべらない話』で会うことはないのかな」と冗談交じりに述べていた。このように漫才は高く評価された一方で「フリートークは下手(苦手)」と審査員から厳しく評される場面も多く見られた[18][16]
  • NSC卒業生ではない、俗に言う「オーディション組」からの優勝者はNON STYLEが初[注 13]であり、また彼らは優勝当時2人とも芸歴8年7ヶ月という、M-1グランプリで優勝を納めたコンビの中では最も芸歴が浅い芸人であった[注 14]。また、初めて東京吉本所属のコンビが優勝する事となった[注 15]
  • 今大会は第1回大会を除いて唯一、最終決戦進出の3組が全て決勝初出場組となった(それに伴い、3組とも最終決戦初進出となった)。また、最終決戦進出の3組が全て異なる事務所に所属している回(NON STYLE=よしもとクリエイティブ・エージェンシー、オードリー=ケイダッシュステージ、ナイツ=マセキ芸能社)は2018年現在この年のみとなっている。
    • なお、石田は後に放送された『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』にて、オードリー・若林正恭(2009年夏)、ナイツ・塙宣之(2014年夏)らと共に各々コンビを組んで、漫才を披露して優勝した経験がある。このように大会は異なるものの、石田は最終決戦進出3組全ての片方とコンビを組んで「優勝」を経験した唯一の芸人となっている。
  • このように『M-1』で見事優勝を果たしたものの、世間では敗者復活戦から勝ち上がったオードリーの方に注目が集まってしまい、皮肉にも「優勝コンビよりも2位の方のコンビが大ブレイクしてしまう」という逆転現象が起きてしまった(この事は優勝直後に出演したバラエティ番組などで度々いじられていた)。また、この事がきっかけとなり、以降は「お笑いの賞レースでは2位(準優勝者)が売れる」というジンクスが度々起こるようになった[19][注 16][注 17]
第9回大会(2009年) 決勝3位 【出番:9番 得点:641 / 700点 】
  • 第8回に引き続き、第9回大会においても連覇を目指すため、出場を表明[20]。歴代王者の再戦は、第3回王者のフットボールアワーが第6回大会に出場して以来となったが、優勝者が間隔を空けずに翌年においても連続で出場した例は今回のNON STYLEが初であった。結果は準決勝で敗退してしまうものの、その後敗者復活戦から勝ち上がり2年連続で決勝へ進出。ネタ順9番目に「ヤンキー漫画」ネタを披露して審査員から641点を獲得し、暫定3位であったナイツ(634点)を抜いて滑り込みで最終決戦に進出した(こちらも2年連続)。最終決戦では1番目に「時代劇」ネタを披露。しかし結果はパンクブーブーがチュートリアル以来2組目となる「審査員全員からの得票」を達成して優勝となり、最終的にはファーストラウンドと同じく総合3位に終わり連覇は果たせなかった。
  • 上述のように歴代王者の再戦となったが、過去のフットボールアワーのような「間隔を空けて」ではなく「連続出場」であったため、前年優勝者のNON STYLEが今年も『M-1』に出場した事には賛否が分かれた[21]。2004年度M-1王者のアンタッチャブル・山崎弘也はラジオ番組『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』(2009年12月17日放送回)において、間隔を空けて出場したフットボールアワーと比較した上で前年王者であるNON STYLEの再出場に苦言を呈していた。その一方で、2007年度王者のサンドウィッチマンはM-1・2009終了直後のよしもとオンラインで「自分達は(連覇を狙う)勇気がないから凄い」と賞賛していた。
    • なお、今大会で優勝したパンクブーブーも、この年のNON STYLEと同じく、翌年も連覇を目指すべく『M-1』に出場している。このため、2年連続で前年の優勝コンビが『M-1』に出場する事態となった。また、偶然にもこの2組は決勝初選出となった年に優勝[注 18]を成し遂げ、翌年にも再戦して敗者復活戦から勝ち上がり、総合3位に終わるというほぼ全く同じ道のりを辿っている
その後
  • 『M-1』は2010年に一旦終了したが、それから5年後の2015年に再び復活。第11回大会は2001年~2010年大会までの歴代優勝コンビの片方[注 19]が審査員を務める事となり、NON STYLEからは石田が審査員に選ばれた。最終決戦では石田はトレンディエンジェルに投票しており、最終的にはそのトレンディエンジェルが見事優勝を果たしている。

受賞歴編集

  • 2005年 - ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞
  • 2006年 - 上方漫才大賞優秀新人賞
  • 2006年 - MBS新世代漫才アワード優勝
  • 2006年 - NHK新人演芸大賞演芸部門大賞
  • 2006年 - 上方お笑い大賞最優秀新人賞
  • 2007年 - 爆笑オンエアバトル第9代チャンピオン
  • 2008年 - M-1グランプリ決勝 - 優勝
  • 2010年 - S-1バトル優勝

テレビ編集

現在の出演番組編集

レギュラー・準レギュラー

過去の出演番組編集

ラジオ編集

現在の出演番組編集

過去の出演番組編集

映像配信編集

映画編集

CM編集

  • メンズリゼ 「NON STYLE 裸一貫篇」「狼男篇」「今はオトコも脱毛する時代篇」「NON STYLE 炎上篇」「リゼウォーク篇」「NON STYLEは宣伝隊長篇」[22]

書籍編集

  • 「HON STYLE〜こんな感じで、本出しちゃっていいんですか!?〜」(2009年、ワニブックス)
  • 「万歳アンラッキー」(2012年、ワニブックス)
  • 「スーパーポジティヴシンキング」(2013年、ワニブックス)
  • 「マイナスからの恋愛革命」(2015年、ワニブックス)

Web編集

  • NON STYLE(ザ!!トラベラーズplus) モッテコ書店 (2010年05月25日)
  • かんたん!Cook STYLE(全4回)味の素Cook-Do ※Cook-Do 1グランプリに優勝
  • よしもとオンライン「NON STYLE パーティー」(Yahoo!バラエティ)(2008年12月25日-2010年12月24日)

DVD・CD編集

DVD編集

  • 新風baseよしもと ネタトウタ2004(2004年12月15日)
  • baseよしもと ネタトウタ2007(2007年5月23日)
  • NON STYLEにて(2008年2月13日)
  • 犯人と人質(2008年11月19日)
  • NON STYLE LIVE 2008 in 6大都市 〜ダメ男vsダテ男〜(2009年1月14日)
  • 爆笑オンエアバトル NON STYLE(2009年3月31日)
  • M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!!(2009年3月31日)
  • NON STYLE LIVE 2009〜M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー〜(2010年2月24日)
  • NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ〜(2011年3月9日)
  • NON STYLE TALK 2011 Vol.1(2011年9月7日)
  • NON STYLE TALK 2011 Vol.2(2012年3月7日)
  • NON STYLE 12 前編 〜2012年、結成12年を迎えるNON STYLEがやるべき12のこと〜(2012年9月26日)
  • NON STYLE 12 後編 〜2012年、結成12年を迎えるNON STYLEがやるべき12のこと〜(2013年3月6日)

CD編集

  • ニコニコチャンプ」(2007年9月5日)
    • テレビ東京系アニメ『ケロロ軍曹』10代目エンディングテーマ
    • 作詞・作曲:井上裕介
  • 「見上げれば、青い空」〈ミニアルバム〉※Day of the legendとして
    • 作詞・作曲:井上裕介
  • 「おかあちゃん」
    • 日本テレビ系音楽番組『MMM』の「第2回・芸人マジ歌フェスティバル」にて披露。
    • 作詞:NON STYLE 作曲:井上裕介
    • CDは発売していないが、MMM携帯サイトよりダウンロードできる。

単独ライブ編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2010年6月23日放送回『イチハチ』(毎日放送)の企画「モテたくて必死な芸能人No.1決定戦」出演時に発言。本当は163cmだが168cmと5cm多く言っていた時期があった。尚、現在の公式プロフィールでも2cmサバを読んでいる。base時代から相方石田にも「本当は163cmなのに165cmと偽っている」と度々ネタにされてきた。
  2. ^ 2017年8月30日放送回。「芸能界一ダサいコンビ名ロンドンブーツ1号2号説」を検証する為に、若手芸人200人にアンケートを実施し、ランキングが作成された。因みにロンドンブーツ1号2号は6位であった[10]
  3. ^ なお、石田は漫才の冒頭でこの言葉の意味を「関西弁で『格好をつけている』、『調子に乗っている』、『キザ』、『イライラする』、尚且つ『気持ちが悪い(キショい)』を合わせた言葉」という風に度々説明していた。また、石田が井上に対して「ベストイキリスト」「鳥肌製造機」などと様々な別名で呼ぶボケも存在していた。
  4. ^ なお、2位のタイムマシーン3号は966KBでボール2個差、3位のタカアンドトシは958KBでボール4個差とかなりの僅差であった。
  5. ^ 偶然にもハリガネロックはチャンピオン達成当時、今回のNON STYLEと同じく11番目(最後)にネタを披露して974KBを記録している。なお、NON STYLEは今大会のセミファイナル・ファイナルでは両方共ネタ順が1番最後であった。
  6. ^ 以降は番組終了までトータルテンボスが3連覇(10・11・12代目チャンピオン)を果たしている。
  7. ^ なお、2位の三拍子とはボール30個(1006KB)、1位のトータルテンボスとはボール35個(1026KB)もの差をつけられての敗退となった。
  8. ^ 出場回数はDonDokoDon(初代チャンピオン)の6回に次いで2番目(10回)に少なく、オーバー500獲得回数もDonDokoDonに次いでルート33(2・3代目チャンピオン)と並び2番目(2回)に少なかった。
  9. ^ ただし、後にトレンディエンジェルが「爆笑オンエアバトル」の後継番組である「オンバト+」と「M-1グランプリ」の両方で優勝を果たしているため、これを含めると合計3組となる。
  10. ^ 直後にファーストラウンドを1位で通過したオードリーは惜しくも島田紳助からは90点台を得られなかった(他の審査員は全て90点台をつけていたが、紳助のみ「89点」をつけていた)。
  11. ^ 中田カウス大竹まことのみ、オードリーに投票していた。
  12. ^ 第7回王者のサンドウィッチマンも決勝初出場で優勝を果たしているが、彼らは敗者復活戦から勝ち上がっての優勝となっている。
  13. ^ 第6回王者のチュートリアル福田充徳もNSC卒業生では無いが、両方共NSC出身でないのはNON STYLEが初。
  14. ^ 結成から優勝までの期間ではフットボールアワーの「4年8ヶ月」や、ブラックマヨネーズの「7年」を越えているが、両者は「1994年デビューの芸人がそれぞれ1999年と1998年に結成したコンビ」であるため、芸歴では優勝当時NON STYLEよりも遙かに上であった。
  15. ^ 優勝したNON STYLEは大阪吉本の出身であり、東京進出後の優勝だった(それまでは最初から東京吉本に所属しているコンビの優勝は出ていなかった)。また、優勝時大阪吉本所属だったコンビは、その後全組東京進出を果たしている。
  16. ^ 例として、このジンクスが当てはまる芸人に『M-1グランプリ』ではスリムクラブ(第10回大会2位)、和牛(第12回・第13回大会2位)など、『R-1ぐらんぷり』ではAMEMIYA(第9回大会2位)、スギちゃん(第10回大会2位)など、『キングオブコント』ではピース(第3回大会2位)、にゃんこスター(第10回大会2位)などが挙げられる。
  17. ^ ただし、『M-1』では第8回大会以前にも、笑い飯南海キャンディーズなど、最終成績が2位に終わるも注目されてブレイクを果たしているコンビは存在していた。
  18. ^ 更に2組ともファーストラウンドを2位で通過しており、最終決戦のネタ順も同じく2番目であった。
  19. ^ ただし、第4回大会王者のアンタッチャブルは出演を辞退している。

出典編集

  1. ^ “寛平の劇団旗揚げ公演「恋の虫」でNON STYLE石田明がミュージカル初脚本”. ステージナタリー. (2016年10月21日). http://natalie.mu/stage/news/206289 2016年10月21日閲覧。 
  2. ^ てれびのミカタ ラジオのラララ LINEライブより
  3. ^ a b c TVでた蔵 2010年10月23日放送 トップランナー”. ワイヤーアクション (2010年10月23日). 2015年7月15日閲覧。
  4. ^ 「手数」と「スピード」の時代 NON STYLEが優勝した理由
  5. ^ 解散危機を乗り越えて/ノンスタイル石田NON STYLE号泣V!紳助絶賛「M-1グランプリ」”. スポーツニッポン (2008年12月22日). 2015年7月15日閲覧。
  6. ^ “ポジティブ力”はこの人に学べ!「NON STYLE 井上さん」の日めくりカレンダーが発売決定!”. eclat(エクラ). 2015年7月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e f プロ論。石田明”. リクナビ. 2015年7月15日閲覧。
  8. ^ a b 解散危機を乗り越えて/ノンスタイル石田明(上)”. スポーツニッポン (2009年1月22日). 2015年7月15日閲覧。
  9. ^ 異種格闘対談-Ring【round2】より
  10. ^ “水曜日のダウンタウン 2017年8月30日放送回”. gooテレビ番組. (2017年). https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/45673/1091989/ 
  11. ^ お笑いポポロ(麻布台出版社)2008年5月号 p.50-51
  12. ^ 「万歳アンラッキー」第4章「アンラッキー芸人期」より。
  13. ^ DVD「NON STYLE LIVE 2008 in 6大都市~ダメ男VSダテ男~」収録内容]より
  14. ^ 2008年12月22日 日刊スポーツ 芸能面 他各紙紙面
  15. ^ 日経エンタテインメント!』2009年3月号、日経BP社
  16. ^ a b c d e NON STYLE優勝で今年も大波乱! そして涙のドラマが……『M-1グランプリ2008』生観戦レポート”. マイナビニュース (2008年12月24日). 2018年8月20日閲覧。
  17. ^ ノンスタイル石田「何をスカしてんねん!」先輩芸人に強烈なダメ出し”. 日刊大衆 (2016年10月7日). 2018年8月20日閲覧。
  18. ^ 『M-1グランプリ2008』 路上漫才出身のNON STYLEが初優勝”. ORICON NEWS (2008年12月21日). 2018年8月20日閲覧。
  19. ^ 【エンタがビタミン♪】オードリーから始まった都市伝説「お笑いグランプリは2位が売れる」。ホントかウソか?”. Techinsight (2011年5月4日). 2018年8月20日閲覧。
  20. ^ NON STYLEがM-1参戦を表明”. お笑いナタリー (2009年10月13日). 2018年8月20日閲覧。
  21. ^ M-1 パンクブーブー優勝、NON STYLE後悔なし”. livedoorNEWS (2009年12月21日). 2018年8月20日閲覧。
  22. ^ “ノンスタ井上、"裸一貫"で再出発!? CMで上半身ヌード披露”. マイナビニュース. (2017年9月10日). https://s.news.mynavi.jp/news/2017/09/08/070/ 2017年9月10日閲覧。 

外部リンク編集