徳安 実蔵(とくやす じつぞう、1900年2月13日1988年2月7日)は、昭和期の政治家総理府総務長官郵政大臣

来歴・人物編集

鳥取県気高郡青谷町(現・鳥取市)に農家の三男として生まれる。幼くして両親とは死別する。青谷実業補習学校を卒業後、近所の住職と神主について2年間漢学を学んだ。『大阪新報』、『東京夕刊』記者、月刊誌『運輸』発行人を経て、芝区(現在の東京都港区)会議員を皮切りに政界入りする。芝区会議長、東京市議、港区議、同区議会議長を経て、1952年第26回衆議院議員総選挙自由党から旧鳥取全県1区にて立候補し初当選する。以後当選9回。東京市議時代から師事していた大野伴睦の派閥(大野派)に入り、大野の死去後は村上勇水田三喜男派に所属した。

建設政務次官、衆院建設委員長を経て、1962年第2次池田内閣第2次改造内閣にて総理府総務長官となる。在任中は生存者叙勲を復活させた。1964年には第3次池田内閣改造内閣で郵政大臣に就任。1976年1979年の総選挙で落選し政界を引退する。1988年2月7日死去。84歳没。

苦労人ながら、好々爺然とした味わいで親しまれた。1976年勲一等旭日大綬章受章。没後正三位

脚注編集

議会
先代
内海安吉
  衆議院建設委員長
1955年 - 1957年
次代
薩摩雄次
先代
綱島正興
三原朝雄
  衆議院内閣委員長
1964年
1973年 - 1975年
次代
伊能繁次郎 (代理)
藤尾正行
公職
先代
小平久雄
  総理府総務長官
第8代:1962年 - 1963年
次代
野田武夫
先代
古池信三
  郵政大臣
第23代:1964年 - 1965年
次代
郡祐一