徳山明

日本の地質学者

徳山 明(とくやま あきら、1933年昭和8年〉1月8日[1] - )は、元・富士常葉大学学長静岡大学及び兵庫教育大学名誉教授日本地質学者理学博士東京大学)。東京都出身。

エピソード編集

学長在任中は大学全入時代という考え方や偏差値主義に疑問を呈し、教育ジャーナリスト島野清志に抗議書面を出した事で有名になったが、逆に、山口昌男勝田吉太郎らと同じく「現状を把握せず、大学が潰れる事もありうるという意識が希薄な学校経営者」という批判・失笑を受けた。[2]

研究編集

地質学の立場から、原子力発電所の核リサイクル燃料やプルサーマルを研究し、環境問題に造詣が深い。

略歴編集

1945年 - 東京高等師範学校附属国民学校(現・筑波大学附属小学校)卒業

1948年 - 東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校特別科学学級卒業

1951年 - 東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業

同級生に、嘉納行光(元全日本柔道連盟会長)、小林信彦小説家)、鈴木淑夫(元日本銀行理事)、中江陽三(元NHKアナウンサー)、藤井裕久(元財務大臣)、吉田庄一郎(元ニコン会長)などがいた。

1955年 - 東京大学理学部地質学科卒業

1961年 - 東京大学大学院数物系研究科博士課程修了

東京大学理学部助手、同地震研究所助手を経て同教養学部講師

静岡大学教育学部助教授

1972年 - 静岡大学教育学部教授

1991年 - 静岡大学停年退官。同名誉教授。兵庫教育大学教育学部教授。同副学長

1997年 - 兵庫教育大学定年退職。常葉学園富士短期大学学長

2000年 - 富士常葉大学初代学長

2005年 - 富士常葉大学退職

著書編集

  • ロバート・D. バラード著、徳山訳『知られざる地球 ― Dr. バラードのサイエンス・ドキュメント』(ベネッセコーポレーション、1984年)
  • 吉村秀實ほか共著『原発ごみはどこへ』(電力新報社、2000年)

参考文献編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.418
  2. ^ 島野清志『危ない大学・消える大学2005』(エール出版、2004年)、同『危ない大学・消える大学 2006年版』(エール出版社, 2005年)

関連項目編集

先代
-
富士常葉大学学長
初代: 2000年 - 2005年
次代
水野隆徳