メインメニューを開く

徳永 信一(とくなが しんいち 1958年 - )は日本の弁護士

概要編集

大阪府生まれ[1]大阪府立茨木高等学校卒業、京都大学法学部卒業。大阪弁護士会所属。[2]第40期司法修習生を経て、1988年に弁護士登録[1]

薬害エイズ事件編集

薬害エイズ事件においては、大阪HIV訴訟弁護団に所属していた。この事件は産・官・医のもたれあいが発生の原因であるが、それよりも既に発生して広まりつつある薬害エイズの拡大を阻止できなかった原因となるなどと批判した。[3]

北朝鮮拉致問題編集

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会兵庫の弁護士であり、拉致問題解決に向けて活動している。[4]2009年秋に東京都内で開かれた北朝鮮について議論するシンポジウムに登壇した。ここで徳永は北朝鮮への制裁を求め、「北朝鮮脅威論は日本の核武装論や9条改正論に結び付く」と批判した登壇者に対して徳永は「体制の転覆がなければ拉致問題は解決しない」と反論した。[5]

靖国神社問題編集

首相による靖国神社参拝に賛同している。2014年安倍晋三による靖国神社参拝が憲法違反であると訴訟を起こされた際には、靖国神社を支援する側の代理人を務めた。[6]同年に公開された靖国神社の映画「靖国・地霊・天皇」に出演した。[7]

著書編集

共著編集

脚注編集