メインメニューを開く

Hanada

月刊Hanada(げっかんはなだ)は、飛鳥新社2016年4月に創刊した日本の月刊誌

月刊Hanada
ジャンル 保守論壇
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 \759
出版社 飛鳥新社
編集長 花田紀凱(2016年4月 - 現在)
刊行期間 2016年4月 - 現在
特記事項 2016年6月号にて創刊

目次

概要編集

2016年3月、月刊WiLLの創刊時からの編集長である花田紀凱が発行元ワック・マガジンズの社長である鈴木隆一との対立から同社を退職[1]、花田の下で編集及びDTPを担当していたスタッフを含め編集部ごと退社し、飛鳥新社へ移籍。同年4月26日の6月号から創刊開始し、コラム「あっぱれ!築地をどり」を執筆していた花田の文藝春秋時代の元部下である勝谷誠彦以外ほとんどの執筆陣が「Hanada」へ移った。その後、勝谷も、花田からの移籍前の執筆依頼の原稿を執筆した後に、花田から移籍後の原稿を依頼され、遅ればせながら「Hanada」へ移籍した。

「滾る月刊誌」[2]を称する。

主な連載編集

現在編集

など

過去編集

主な執筆者編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 靖国神社にちなむペンネーム
  2. ^ 宝島30WIREDサイゾー→WiLLより移行。
  3. ^ 名義は「爆笑問題」で田中裕二は漫才の相方として登場するが、実際は太田光が独りで執筆している(爆笑問題#出版を参照)。
  4. ^ 時事ネタ漫才がメインであり、太田と当雑誌は政治主張的には異なっているところもいくつか存在しているが、「日本原論」について「載せているのはあくまでも漫才のネタであり、政治的主張はしていない」「連載自体が転々としているのでどの雑誌でもいい」としており、町山智浩から「場違いという意識はあるか」と聞かれたが、それについても「ない」と答えており、掲載誌を読むこともせず「もともと自分の文章も読み返したくない」とも述べている。また、編集長の花田はお笑い芸人としての爆笑問題を絶賛しており、自身の雑誌で連載のオファーをしたいといった趣旨の発言をかねてからしていた。
  5. ^ オーストラリアニューサウスウェールズ州ストラスフィールド市に所在する、慰安婦像設置反対運動を行った、オーストラリア人、在オーストラリア日本人グループ

出典編集

  1. ^ おお!右派雑誌『WiLL』分裂騒動はついに第2幕に移ったか (『創』編集長篠田博之
  2. ^ 月刊Hanada編集部 (@HANADA_asuka) - Twitter
  3. ^ 『爆笑問題の日本原論 自由にものが言える時代、言えない時代』(町山智浩と共著)太田出版 p6より。
  4. ^ 『爆笑問題とウルトラ7』(新潮社文庫) P254 – 261。

関連項目編集

外部リンク編集