メインメニューを開く

忌部 子人(いんべ/いみべ/いむべ の こびと/こおびと/おびと)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族。名は子首とも記される。のち宿禰神祇頭・忌部佐賀斯の子とする系図がある。官位従四位上出雲守

 
忌部子人
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 養老3年閏7月15日719年9月3日
別名 子首、首
官位 従四位上出雲守
主君 天武天皇持統天皇文武天皇元明天皇元正天皇
氏族 忌部宿禰
父母 父:忌部佐賀斯
兄弟 子人色夫知
狛麻呂、馬麻呂、菟
テンプレートを表示

672年壬申の乱の際、大海人皇子(天武天皇)側について倭京を守備した。天武天皇11年(682年)に帝紀上古諸事の編纂の一員となり、中臣大島と共に少なくとも編纂初期の執筆の中心になった。これは没後間もない養老4年(720年)に『日本書紀』として完成した。長命を保ち天武朝から元正朝までの五朝に仕え、位階は従四位上に至る。

目次

事績編集

天武天皇元年(672年)の壬申の乱の際、大海人皇子に味方して倭(大和国)で挙兵した大伴吹負は、まず倭京(近江大津宮に対し、飛鳥の古い京)を奪い、ついで北に軍を進めた。進軍の途中、7月3日に荒田尾赤麻呂が吹負に本営の古京(倭京)の守りを固めるべきだと進言した。そこで吹負は赤麻呂と忌部首子人を遣わして、古京を守らせた。赤麻呂らは道路の橋板を取り壊して楯に作りかえ、四つ辻に立てておいた[1]。4日に吹負の軍を破って南に進んだ大野果安は、八口に至って高所から京を遠望した。果安は街区ごとに楯が並べられているのをみて、伏兵を疑って引き上げた[2]。『日本書紀』には他に子人の活躍は見えない。

天武天皇9年(681年姓を与えられ、首は弟の色弗と共に喜んで天皇を拝した[3]。天武天皇10年(682年)天皇は大安殿帝紀上古の諸事を記し定めることを命じた。6人の皇族と6人の他の官人の中に、小錦中忌部連首の名がある[4]。忌部首と中臣大島は自ら筆をとって記録したと特に記され、中心執筆者であったことがわかる[独自研究?]。これが『日本書紀』編纂の着手を意味すると考えられている。天武天皇13年(684年八色の姓の制定に伴い、忌部連など連姓の50氏族宿禰姓を与えられた[5]

大宝元年(701年大宝律令の施行を通じて従五位下に叙せられ、翌大宝2年(702年)従五位上に進む。慶雲元年(704年伊勢太神宮に遣わされ、幣帛・鳳凰鏡・窠子錦を供えた。和銅3年(710年出雲守に任ぜられると(この時の位階正五位下)、和銅4年(711年正五位上、和銅7年(714年従四位下元明朝で順調に昇進し、元正朝の養老2年(718年)従四位上に至る。

養老3年(719年)閏7月15日に卒去。最終官位は散位従四位上。『日本書紀』完成を舎人親王が天皇に報告したのは、翌年5月21日であった。

官歴など編集

六国史』による。

系譜編集

  • 父:忌部佐賀斯[6][7]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:忌部狛麻呂[6]
    • 男子:忌部馬麻呂[6]
    • 男子:忌部菟[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』天武天皇元年7月3日条
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇元年7月4日条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇9年正月8日条
  4. ^ 『日本書紀』天武天皇10年3月17日条
  5. ^ 『日本書紀』天武天皇13年12月2日条
  6. ^ a b c d 「織田右大臣信長公ノ系統及履歴」中田憲信『好古類纂』第七集所収
  7. ^ 安房国洲宮小野氏所伝『斎部宿祢本系帳』

参考文献編集