メインメニューを開く

恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ』(原題:The Medusa Touch)は、1978年制作のイギリスフランス合作の映画

恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ
The Medusa Touch
監督 ジャック・ゴールドフランス語版
脚本 ジョン・ブライリー
原作 ピーター・ヴァン・グリーナウェイ
製作 ジャック・ゴールド
アン・V・コーツ
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
出演者 リチャード・バートン
リノ・ヴァンチュラ
リー・レミック
音楽 マイケル・J・ルイス
撮影 アーサー・イベットソン
編集 イアン・クラフォード
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年4月14日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 105分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

ピーター・ヴァン・グリーナウェイ原作の小説を映画化したスリラー映画脚本は後に『ガンジー』のシナリオを執筆するジョン・ブライリー

日本では劇場未公開で、1986年12月8日TBSテレビ月曜ロードショー」でテレビ放映された。

目次

あらすじ編集

ロンドンで作家のジョン・モーラーの殺人未遂事件が発生した。パリから研修に来ていたパリ警視庁のブリュネル警部はロンドン警視庁と共にこの事件の捜査に当たる事になる。

ブリュネルはモーラーの日記と彼のカウンセリングを担当していたゾンフェルド医師の証言から、モーラーが念力の持ち主であり、その念力が様々な災いを生み出すという恐るべき事実を知る。数日前に発生した旅客機のビル激突事故も彼の念力による仕業だった。

そんな中、ミンスター寺院で大聖堂の改修費が集まったのを記念して首相や女王を招いた盛大なミサが行なわれる事になったが、ブリュネルは一人言い知れぬ不安を覚えていた。ミンスター寺院をモーラーの次のターゲットと知ったブリュネルは総監と共にミサを中止させようとするが、地元警察の信用が得られずに失敗。 多数の出席者が聖堂の中に入ったところで聖堂は崩落。列席者を避難させようとした総監も崩落に巻き込まれてしまった。

病院に駆け付けたブリュネルはモーラーの生命維持装置を引きちぎり、死に追いやることでこれ以上の犯行を食い止めようとするが、モーラーはそれをあざ笑うかのように昏睡したまま次のターゲット「WINDSCALE」[1]をメモに記し始めるのであった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・モーラー リチャード・バートン 森川公也
ブリュネル警部 リノ・ヴァンチュラ 森山周一郎
ゾンフェルド医師 リー・レミック 武藤礼子
警視総監 ハリー・アンドリュース 中庸助
バリスター アラン・バデルフランス語版
パトリシア マリー=クリスティーヌ・バロー 有馬瑞香
エドワード・パリッシュ ジェレミー・ブレット 西村知道
アトロポス マイケル・ホーダーン
ジョンソン医師 ゴードン・ジャクソンフランス語版 村松康雄
ダフ刑事 マイケル・バーン 納谷六朗
タウンリー デレク・ジャコビ
ディーン フィリップ・ストーン
ペニントン ロバート・ラング 藤本譲
ペニントン夫人 アヴリル・エルガー 竹口安芸子
少年時代のモーラー アダム・ブリッジス 浪川大輔

備考編集

脚注編集

外部リンク編集