メインメニューを開く
成田市公設地方卸売市場

成田市公設地方卸売市場(なりたしこうせつちほうおろしうりしじょう)は、千葉県成田市にある公設の地方卸売市場。通称「成田市場」。

目次

概要編集

県の北総地域における青果市場の一本化の要請を受けて、1974年(昭和49年)6月4日、成田市公設地方卸売市場(青果部)が飯仲に開設された。その頃の時代背景として、成田空港の開港や成田ニュータウンへの入居開始などに伴う生鮮食料品の需要が急増すると予想された為であった。翌年の1975年(昭和50年)6月1日には、水産物市場も開設。また同時に㈱成田総合流通センターによる成田市総合流通センター(総合食料品、日用品部門)が開場した。この結果、成田市公設地方卸売市場と成田市総合流通センターが併設する形となり、市場内の取り扱い部門が拡大して4部門となる。なお、成田市総合流通センターは成田市、千葉県、民間流通デベロッパーの官民の共同で建設された。青果・水産は公営で、総合食料品・日用品は民営で運営されている。2002年(平成13年)11月に、青果部門の卸売業者が経営破綻により撤退したため、卸売業者不在となったが、2003年(平成14年)10月に新たな卸売業者が進出、2012年(平成24年)に卸売業者が成田ベジフル株式会社に交代し、2017年(平成29年)には株式会社成田市場(その後株式会社成田市場青果に改称)へと事業譲渡する形で再度卸売業者が交代した。2018年(平成30年)11月にコメ卸売大手の神明ホールディングスが株式会社成田市場青果を買収し、グループ傘下に収めた[1]

従来は業者のみの利用が主であったが、平成20年より一般客への開放を進めている。また、平成25年に成田市公設地方卸売市場運営審議会からの答申を受け、施設の再整備の検討を行っている。[2]

平成26年、成田市は東京圏の一部として国家戦略特別区域に含まれることが決定したことから、市場内で検疫通関などの輸出手続きをワンストップ化し迅速化を図るなど、国際物流拠点としての機能強化の実証試験も行われている。[3][4]

平成28年、成田市は、成田空港に隣接する千葉県花植木センター跡地を候補地とし、農水産物の輸出拠点として、平成31年を目途に移転整備する旨を発表した。

施設概要編集

  • 市場面積:29,950m2
  • 青果部卸売場:3,705m2
  • 青果部仲卸売場:645m2
  • 水産物部卸売場:2,233m2
  • 水産物部仲卸売場:3,082m2
  • 水産棟低温卸売場:240m2

所在地編集

  • (公営)〒286-0046 千葉県成田市飯仲42番地2
  • (民営)〒286-0046 千葉県成田市飯仲45番地

卸売業者編集

  • 青果部:(株)成田市場青果(2017年8月より[5]
  • 水産部:大都魚類(株)成田支社
  • 花き部(民営卸売市場市川フラワーオークションジャパン成田):(株)市川フラワーオークションジャパン成田支店[6]

買受人編集

  • 場内仲卸業者
    • 青果部:5業者(法人5)
    • 水産部:27業者(法人20、個人7、成田市水産物仲卸協同組合を構成)
  • 売買参加者
    • 青果部:68業者(法人33、個人55)
    • 水産部:3業者(法人3)

[7][8][9]

商圏編集

脚注編集

外部リンク編集