大都魚類(だいとぎょるい)は、日本の東京都江東区に本社をかまえる企業である。業務として、水産物卸売業であり、東証二部上場企業である。

大都魚類株式会社
DAITOGYORUI CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
135-8109[1]
東京都江東区豊洲6-6-2
豊洲市場水産卸売場棟
設立 1947年10月1日
業種 卸売業
法人番号 4010001034851 ウィキデータを編集
事業内容 水産物および加工食品の卸売業
水産物の輸出入
不動産の所有、賃貸管理
前記に付帯する関連する事業
代表者 代表取締役社長 網野裕美
資本金 26億2800万円
発行済株式総数 3,162,274 株
(2019年第3四半期時点[2]
売上高 1063億4300万円(単社)
1131億8700万円(連結)
(2018年度[2]
決算期 毎年3月31日
主要株主 マルハニチロ株式会社 32.54%
(2018年12月20日現在)[3]
主要子会社 株式会社築地フレッシュ丸都
大都サービス株式会社
丸都冷蔵株式会社
外部リンク https://www.daitogyorui.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

本社は東京都江東区豊洲六丁目(豊洲市場)。本社のほか千住(足立区千住橋戸町足立市場)に、大田(大田区東海大田市場)、成田(成田市飯仲・成田市場)の各支社がある。

水産物卸売り輸出入加工食品の卸売り、不動産業を主な事業としている。

沿革編集

  • 1947年昭和22年) 10月、水産物売買および販売の受託を目的とし、東京都公認の複数制卸売機関の一会社として築地本場設立
  • 1948年(昭和23年)4月、足立分場(現在の足立市場)に千住支所(現在の千住支社)を設立。
  • 1950年(昭和25年)5月、中央卸売市場法(当時)に基づき、東京都指定水産物卸売人として許可を受ける。
  • 1962年(昭和37年)12月東京証券取引所市場第二部に株式を公開上場
  • 1971年(昭和46年)7月卸売市場法の施行に伴い農林大臣許可の水産物卸売業者となる。
  • 1996年(平成8年)8月、大田支社開設。これにより東京都中央卸売市場のうち水産物を取り扱う全3場で卸売業務を担う。
  • 2004年(平成16年)3月、千葉県成田市の成田魚市場(株)を合併し、成田支社を開設。
  • 2018年(平成30年)10月、築地市場の豊洲移転に伴い本社移転。

脚注編集

外部リンク編集