メインメニューを開く

所 ゆきよし(ところ ゆきよし、本名:片山 喜之(かたやま よしゆき)[1]1947年4月15日 - )は、日本漫画家愛知県名古屋市出身。南山大学経済学部卒業。血液型AB型。

所 ゆきよし
本名 片山 喜之
生誕 (1947-04-15) 1947年4月15日(72歳)
愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1978年 -
ジャンル 風刺漫画
代表作 毎日新聞の時事漫画
受賞 第38回日本漫画家協会賞大賞(2009年) 他
テンプレートを表示

来歴・人物編集

大学在学中より地元誌に風刺画を描く。会社員を経て、1978年に独立。1985年より毎日新聞にて、現在まで続く連載を開始。ペンネームは、名前を考えていた際に自決のニュースを聞いた作家・三島由紀夫に因み、本名を逆さにし「ゆきよし」(由紀夫・死)とした。2009年度、毎日新聞に連載している政治漫画が評価され第38回日本漫画家協会賞大賞を受賞した。

作風編集

ひとコマ漫画カートゥーン)作家。

似顔絵を使った漫画イラスト子ども向け動物キャラクター制作が多い。政治漫画の分野では、政治家を2頭身にデフォルメした似顔絵[1]を用る。政治家がフキダシのセリフによって、延々と状況を語り、駄洒落を弄するスタイルである。辛らつな風刺はなく、絵で奇抜なアイディアを見せる本格的なカートゥーンのスタイルには程遠い。

代表作編集

受賞歴編集

“JAPUNCH”の一員として

  • VIVA, CHEF!』で、平成13年度(第5回)文化庁メディア芸術祭・マンガ部門(優秀賞)
  • CIN CIN』で、平成14年度(第6回)文化庁メディア芸術祭・マンガ部門(審査委員会推薦作品)

所属団体編集

関連事項編集

脚注編集

  1. ^ a b ひと:所ゆきよしさん 政治漫画で日本漫画家協会賞大賞、毎日新聞2009年6月12日付「ひと」欄

   

外部リンク編集