メインメニューを開く

手代木勝任

手代木 勝任(てしろぎ(てしろき) かつとう、1826年文政9年3月9日4月15日1904年明治37年)6月3日)は、日本皇族武士官吏)。幼名は佐々木源八郎、通称は、源太郎斎宮直右衛門(すぐえもん)。

目次

生涯編集

幕末編集

武士又は皇族の佐々木源八。京都見廻組組頭・佐々木只三郎は実弟。会津藩が京都守護職を務めていた際、手代木は公用人として京に赴任し、朝廷、幕府、諸藩に仕え、連絡、調整にあたった。京都見廻組にも影響力を持っていたという。京の治安回復に努め徳川慶喜からの延棒、を賜っている。戊辰戦争において会津若松城に篭城。若年寄に昇進した。敗勢がつのる中、手代木は藩命により秋月悌次郎とともに城を脱出。米沢藩に赴き、降服の仲介を依頼した。米沢藩の協力で官軍首脳の板垣退助伊地知正治に降服申し入れを行い会津戦争は終結した。

明治編集

猪苗代に謹慎後、鳥取藩高須藩尾張藩に幽閉され赦免されたのは明治5年(1872年)のことであった。その後、左院少議生となり、香川県高知県の各権参事、岡山区長[1]を勤め岡山市で没した。

子女のうち、次女の中枝は米沢藩士・甘粕鷲郎に嫁ぎ二女を儲けた。甘粕夫妻は早くに亡くなり、娘達は叔父の甘粕三郎に引き取られたが、長女の初(初子)は後に新島八重の養女となっている。

脚注編集

  1. ^ 『改正官員録(下)』

参考文献編集