メインメニューを開く

手代木勝任

手代木 勝任(てしろぎ(てしろき) かつとう、文政9年3月9日1826年4月15日〉 - 明治37年(1904年6月3日)は、日本武士会津藩士)、地方官吏。幼名は源太郎、通称は斎宮、直右衛門(すぐえもん)。

目次

生涯編集

幕末編集

会津藩士・佐々木源八の長男として生まれ、源八の実兄で、百石取りの手代木勝富の養子となった[1]京都見廻組組頭である佐々木只三郎、隊員であった佐々木源四郎は実弟[1]。妻は150石取の藩士、小川権次の次女、喜与子[1]。江戸御聞番として出仕している[1]

会津藩主松平容保京都守護職を務めていた際、手代木は公用人として京に赴任し、京都町奉行京都所司代新選組の指揮にあたった[1]。元治元年には京都定詰公用人・御聞番御内用兼務となり、容保の名代として参内を行うこともあった[1]。この際徳川慶喜から賞賜を受け、金、服地を賜っている。また才幹を認められ、幕府への出仕を求められた[1]

鳥羽・伏見の戦いの後、和歌山から海路会津に戻り、奥羽越列藩同盟のために諸藩との交渉を行った[1]会津戦争において会津若松城に篭城。若年寄に昇進した。開城の際、手代木は藩命により秋月悌次郎とともに城を脱出。米沢藩に赴き、降伏の仲介を依頼し、官軍首脳の板垣退助伊地知正治との降伏交渉を行なった。

囚人編集

戦後は会津藩士のうちでまっさきに東京に召喚された5名のうちの一人となっており、10月17日に東京に護送された。投獄された後に小倉藩邸にお預けとなる[1]。明治2年(1869年)6月に高須藩への永のお預けとなり、7月には高須にうつっている[1]。高須藩主松平義勇は容保の実弟であり、格別に厚遇されたという[2]。明治4年9月には高須藩が尾張藩と合併したために尾張藩に預け替えとなり[3]、12月には青森県の親類への預けとなる[3]。明治5年(1872年)2月6日に赦免された[4]

明治編集

4月16日、青森県庁より呼び出され、中央政府への任官を求められる。手代木は旧主容保に伺いを立ててからお受けすると返答し、江戸で容保と面会した。容保はこれを快諾し、前途を祝す歌[5]を贈っている[4]。5月には左院少議生となり[4]、その後は香川県高知県の各権参事を歴任し、明治11年(1878年)には岡山区長[6]を勤めた[1]。この間、福島県知事の内命を受けるが断っている[1]。また困窮した会津松平家のため、20年間俸給の半ばを割いて送金していたという[7]。明治37年(1904年)、岡山市で没した。

子女のうち、次女の中枝は米沢藩士・甘粕鷲郎に嫁ぎ二女を儲けた。甘粕夫妻は早くに亡くなり、娘達は叔父の甘粕三郎に引き取られたが、長女の初(初子)は後に新島八重の養女となっている。養嗣子となった手代木良策は大正12年(1923年)6月に『手代木直右衛門伝』を刊行している[8]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 中西達治 2010, p. 227.
  2. ^ 中西達治 2010, p. 225.
  3. ^ a b 中西達治 2010, p. 227、225.
  4. ^ a b c 中西達治 2010, p. 214.
  5. ^ 「いはふぞや 今は長閑き青雲に 立ちかはり行く 旅のかどでを」 (中西達治 2010, p. 221)。容保は手代木が高須に配流されたと聞いた時にも手代木を気遣う歌を詠んでいる(中西達治 2010, p. 221)
  6. ^ 『改正官員録(下)』
  7. ^ 中西達治 2010, p. 221.
  8. ^ 中西達治 2010, p. 226.

参考文献編集