摩砂雪

日本のアニメーター、作画監督 (1961-)

摩砂雪(まさゆき、1961年1月3日 - )は、日本アニメーター演出家映像作家株式会社カラー相談役長野県出身。山羊座、A型。本名は山口 正幸(やまぐち まさゆき)。夷 倭世(えみし わせ)、摩砂一(まさかず)、沙那芭 美智(さなば よしとも)などの名義での作品参加もある。

人物編集

高校時代に映像関係の仕事を目指す中で、宮崎駿演出の『未来少年コナン』に影響を受けアニメーションの世界を志す[1]東京デザイナー学院アニメーション科卒業後、作画スタジオのスタジオジャイアンツへ入社。数々のテレビアニメの作画で経験を積んだ後、1987年公開の劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』よりガイナックス作品に参加し、『ふしぎの海のナディア』で演出と作画監督を担当。社会的ブームになった『新世紀エヴァンゲリオン』では鶴巻和哉と共に副監督に就任し数々の役職をこなした。

ガイナックス作品以外にも『帝都物語』、『マクロスプラス』などでキャラクターデザイン、作画監督などを担当。スタジオジャイアンツ、グラビトンを経て、ガイナックスに所属するフリーとなる。広角パースの作画・画面設計・映像編集に長けており、近年は庵野秀明の右腕として『シン・ゴジラ』などの実写作品にも参加。現在は庵野が設立したアニメスタジオカラー」にて相談役を務める[2]

監督を務めた『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』『DEATH』編の制作後、仕事が残っていたにもかかわらず海で遊びほうけていたことに総監督であった庵野が激怒し、続編の『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』ではビジュアルウォーターアーチストとクレジットされた。ただし二人の関係は深く、1000カット以上はあると言う庵野の結婚式のビデオを摩砂雪が半年かけて編集を行っている[3]。ガイナックス時代は、庵野とスタジオで延々とくだらない話をしているたびに赤井孝美から怒られていたという[4]

参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

映画編集

WEBアニメ編集

実写作品編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 堀田純司・GAINAX著『ガイナックス・インタビューズ』講談社、2005年、p96
  2. ^ 会社概要スタジオカラー
  3. ^ 堀田純司・GAINAX著『ガイナックス・インタビューズ』講談社、2005年、p266
  4. ^ 竹熊健太郎・編『パラノ・エヴァンゲリオン』172-173p。(太田出版1997年

関連項目編集