文帝

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

文帝(ぶんてい)は、中国における皇帝諡号の一つ。

「文」は諡号に使われる佳字の中でも最も高徳なものとみなされており、内政での治績を挙げた皇帝に贈られることが多いほか、追尊としての追諡の例も見られる。

一覧編集

王朝 姓名 廟号 諡号 在位 備考
前漢 劉恒 太宗 孝文皇帝 第5代 前180年–前157年
三国 曹丕 高祖 文皇帝 初代 220年–226年
三国 孫和 文皇帝 第4代末帝による追尊
西晋 司馬昭 太祖 文皇帝 初代武帝による追尊
南朝 劉義隆 太祖 文皇帝 第3代 424年–453年
南朝 蕭長懋 世宗 文皇帝 第3代廃帝鬱林王による追尊
南朝 蕭順之 太祖 文皇帝 初代武帝による追尊
南朝 陳蒨 世祖 文皇帝 第2代 559年–566年
北朝 北魏 拓跋沙漠汗 文皇帝 初代道武帝による追尊
北朝 西魏 元宝炬 文皇帝 初代 535年–551年
北朝 北周 宇文泰 太祖 文皇帝 初代孝閔帝による追尊
楊堅 高祖 文皇帝 初代 581年–604年
李世民 太宗 文皇帝 第2代 626年–649年 「文皇帝」は初諡
最終的な諡号は「文武大聖大広孝皇帝」
十国 南漢 劉安仁中国語版 太祖 文皇帝 初代高祖による追尊[1]
耶律洪基 道宗 孝文皇帝 第8代 1055年–1101年
朱棣 成祖 啓天弘道高明肇運聖武神功
純仁至孝文皇帝
第3代 1402年–1424年 文帝と簡称される用例がある[2][3]
愛新覚羅皇太極 太宗 応天興国弘徳彰武寛温仁聖
睿孝敬敏昭定隆道顕功文皇帝
第2代 1626年–1643年 文皇帝と簡称される[4][5][6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『新五代史』巻65 南漢世家第5「貞明三年、龑即皇帝位、國號大越、改元曰乾亨。追尊安仁文皇帝、謙聖武皇帝、隠襄皇帝、立三廟。」
  2. ^ 『明史』巻91 志第67 兵3「建文元年、文帝起兵、襲陷大寧、以寧王權及諸軍歸。」
  3. ^ 『明史』巻92 志第68 兵4「文帝勤遠略、遣使絶域。外國來朝者甚衆、然所急者不在馬。」
  4. ^ 清実録中国語版』太宗文皇帝実録 首巻2 康熙朝進實録表「遂歴歳時、恭成太宗文皇帝實録。」
  5. ^ 『清史稿』巻4 本紀4 世祖本紀1 順治元年秋七月「壬子、奉安太祖武皇帝・孝慈武皇后・太宗文皇帝神主於太廟。」
  6. ^ 『清史稿』卷104 志79 輿服3「我太宗文皇帝時、獲蒙古所傳元帝國寶、容而納之、初不藉以為受命之符。由今思之、文皇帝之臣服函夏、垂統萬世、在徳耶、在寶耶。」

関連項目編集