文帝(ぶんてい)は、中国における皇帝諡号の一つ。「文」は諡号に使われる佳字の中でも最も高徳なものとみなされており、内政での治績を挙げた皇帝に贈られることが多いほか、王朝の初代皇帝がその父に追諡したり、皇孫として即位した皇帝がその父に追諡した例も目立つ。

王朝 姓名 廟号 諡号 歴代 在位 備考
前漢 劉恒 太宗 孝文皇帝 第5代 前180–前157年
三国 曹丕 高祖 文皇帝 初代 220–226年
三国 孫和 文皇帝 第4代末帝が父に追諡
西晋 司馬昭 太祖 文皇帝 初代武帝が父に追諡
南朝 劉義隆 太祖 文皇帝 第3代 424–453年
南朝 蕭長懋 世宗 文皇帝 第3代廃帝鬱林王が父に追諡
南朝 蕭順之 太祖 文皇帝 初代武帝が父に追諡
南朝 陳蒨 世祖 文皇帝 第2代 559–566年
北朝 北魏 拓跋沙漠汗 文皇帝 初代道武帝が五世祖に追諡
北朝 西魏 元宝炬 中宗 文皇帝 初代 535–551年
北朝 北周 宇文泰 太祖 文皇帝 初代孝閔帝が父に追諡
楊堅 高祖 文皇帝 初代 581–604年
李世民 太宗 文皇帝 第2代 626–649年 初諡
五代 後周 柴栄 世宗 睿武孝文皇帝 第2代 954–959年
契丹 耶律堯骨 太宗 孝武恵文皇帝 第2代 927–947年
耶律洪基 道宗 孝文皇帝 第8代 1055–1101年
北遼 耶律雅里 順文皇帝 第3代 1123年
西夏 李乾順 崇宗 聖文皇帝 第4代 1086–1139年
朱棣 成祖 啓天弘道高明肇運聖武神功純
仁至孝文皇帝
第3代 1402–1424年
愛新覚羅皇太極 太宗 応天興国弘徳彰武寬温仁聖睿
孝敬敏昭定隆道顕功文皇帝
第2代 1626–1643年

関連項目編集