メインメニューを開く

新井パーキングエリア

日本の新潟県妙高市にある上信越自動車道のパーキングエリア

新井パーキングエリア(あらいパーキングエリア)は、新潟県妙高市猪野山にある上信越自動車道パーキングエリアである。エリア内に新井スマートインターチェンジが設置されている。

新井パーキングエリア
新井スマートインターチェンジ
新井パーキングエリア(上り線)
新井パーキングエリア(上り線)
所属路線 E18 上信越自動車道
IC番号 19-1
料金所番号 04-587
本線標識の表記 新井
起点からの距離 191.9 km(藤岡JCT起点)
中郷IC (7.4 km)
(7.1 km) 上越高田IC
接続する一般道 新潟県道428号西野谷新田新井線
供用開始日 1999年10月30日 (PA)
2006年10月1日 (SIC)
通行台数 917台/日(2010年度)
スマートIC 24時間
所在地 944-0075
新潟県妙高市猪野山
備考 ETC専用インターチェンジ
テンプレートを表示
新井SIC

PA内の設備はトイレ自動販売機のみだが、国道18号上新バイパス上の道の駅である道の駅あらいハイウェイオアシス)に隣接しており、PAから徒歩で各施設を利用することができる。

ここから、上越方面は片側2車線に、長野方面は暫定2車線となる。

目次

道路編集

施設編集

上り線(長野・藤岡方面)編集

下り線(上越方面)編集

  • 駐車場
    • 大型 20台
    • 小型 15台
  • トイレ
    • 男性 大2(和式1・洋式1)・小4
    • 女性 6(和式4・洋式2)
      • 同伴の男児用 1
    • 車椅子用 1
  • 自動販売機

ハイウェイオアシス編集

下記の全施設は、道の駅あらいに設置されているもの。新井PAとは徒歩連絡となる。

スマートIC編集

新井PAでは2005年(平成17年)1月11日から2006年(平成18年)9月30日までの間、スマートインターチェンジ社会実験が実施され、一定の利用実績があったことから同年10月1日より設置が恒久化された。二輪車については同年11月1日より利用可能。

2017年(平成29年)12月1日より利用可能時間帯が24時間に拡大された[1]

  • 利用可能時間帯:24時間
  • 利用可能車両:ETCを装着している全車両(全長12メートルまで)
  • PAからは上新バイパスに接続している。

2012年(平成24年)4月頃に行われた周辺部の案内標識張替え時に、IC番号19-1が付与された。

新井バスストップ編集

PA内に設置されている高速バス停留所。以前は新潟駅妙高高原駅を結ぶ路線と、上越市と長野市を結ぶ路線の2路線が運行されていたが、いずれも廃止されたため、現在はこの停留所に停車する路線は運行されていない。

編集

E18 上信越自動車道
(19)中郷IC - (19-1)新井PA/スマートIC - (20)上越高田IC

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集