メインメニューを開く
日本 > 東北地方 > 青森県 > 青森市 > 新城 (青森市)

新城(しんじょう)は青森県青森市大字。また石江・鶴ケ坂・戸門・岡町も含めた旧・新城村一帯を指して呼ばれることもある。

新城
西部市民センター
西部市民センター
新城の位置(青森県内)
新城
新城
新城の位置
北緯40度49分45.6秒 東経140度39分47.66秒 / 北緯40.829333度 東経140.6632389度 / 40.829333; 140.6632389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Aomori, Aomori.svg 青森市
人口
2017年(平成29年)5月1日現在)[1]
 • 合計 12,952人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
038-0042
市外局番 017[2]
ナンバープレート 青森
広くなった旧国道

以下、大字としての新城は「大字新城」、旧新城村一帯を指しての新城は「旧村地区」と表記する。

概要編集

青森市内西部の三内油川に挟まれるように位置している。かつては東津軽郡新城村であったが、昭和の大合併で青森市に編入された。

現在の大字新城は、もともとの新城村の中心地であり、その他にも現在の石江、戸門、鶴ケ坂、岡町が新城村の地区であった。

昭和後期からは開発が進み、地区内の土地利用は住宅街が中心であり、近年はベッドタウンとしての役目を果たしている。また、大字新城地区は総じて起伏が激しい土地であり、坂のある町 新城と呼ばれることがある。

また、旧村地区は国道7号青森西バイパス青森環状道路に挟まれており、2010年には石江地区に東北新幹線新青森駅が開業し、また隣接する三内と新田には東北自動車道青森ICフェリー埠頭があり、近年では交通の要衝となりつつある。

歴史編集

  • 1955年(昭和30年) - 青森市に新城村が編入されたことに伴い青森市の一部となる。
  • 1980年代 - 新城平岡の環状線沿い「緑ヶ丘ニュータウン」などの団地が数多く造成される。
  • 1985年(昭和60年) - マンモス校化した新城小学校の学区を分離し、新城中央小学校が創立。
  • 2004年(平成16年) - 現在の青森市西部市民センターが完成。

施設など編集

教育機関編集

高等学校
中学校
小学校

その他編集

気候編集

山地であるため、毎年豪雪に見舞われる。地区内の道路は山がちな地形であるためカーブが非常に多く、除雪車による作業が困難となっている。このため、毎年雪の山が各所で見受けられる。

交通編集

産業編集

金融機関編集

主なスーパーマーケット編集

かつて存在したスーパーマーケット編集

  • Kバリュー - 現在マエダストアが立地している場所に所在した。

その他編集

大字新城地区の課題編集

  • 山地で複雑な地形であることもあり、公共下水道が敷設されていない。そのため、ほとんどの住宅には浄化槽が設置されている(昭和60年代以前に建てられた住宅は汲み取り式が多い)。
  • 上記の影響もあり、青森ケーブルテレビのエリア外となっている。
  • 津軽新城駅は、新城環状線側の団地の開発が進んでいることにより、南口設置の要請が住民を中心に行われている。以前非常に狭く危険だった道路は2011年初頭に道路拡張工事が行われた。
  • 人口が年々増加しているものの住居表示の整備が行われていない。

郵便局編集

  • 青森西郵便局 - 大字新城の集配を担当。青森市石江字岡部にある。
  • 津軽新城郵便局 - 無集配特定局だが、青森西郵便局開局までは集配局であった。

脚注編集

  1. ^ 青森市 (2017年5月25日). “人口・世帯数等(住民基本台帳)” (日本語). 青森市. 2017年5月29日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

関連項目編集