メインメニューを開く
日本 > 千葉県 > 君津市 > 新御堂 (君津市)

新御堂(しみどう、しんみどう[注 1])は、千葉県君津市の地名。丁番を持たない単独町名で、郵便番号は299-1136[2]

新御堂
新御堂の位置(千葉県内)
新御堂
新御堂
新御堂の位置
北緯35度18分29.0秒 東経139度54分15.0秒 / 北緯35.308056度 東経139.904167度 / 35.308056; 139.904167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Kimitsu, Chiba.svg 君津市
設置 1889年明治22年)4月1日
人口
2017年(平成29年)10月31日現在)[1]
 • 合計 48人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
299-1136[2]
市外局番 0439[3]
ナンバープレート 袖ヶ浦

目次

地理編集

市内西部、小糸川支流の江川左岸に位置する。地内は北東部に集落と水田があるほかは山林である。

北で貞元、東で杉谷、南で小香、西で上湯江とそれぞれ接する(いずれも君津市)。

河川編集

歴史編集

地名の由来編集

地内の最勝福寺の建立に由来すると伝えられている。

沿革編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)10月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
新御堂 21世帯 48人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

番地 小学校 中学校
全域 君津市立貞元小学校 君津市立君津中学校

交通編集

地内を通る鉄道路線・バス路線・国道・県道はない。最寄駅は内房線君津駅。バス路線では、杉谷・八幡地内を通る君津市コミュニティバス小糸川循環線に「新御堂入口」バス停がある。

施設編集

  • 最勝福寺
  • 熊野神社
  • アスカゴルフ練習場
  • 新御堂生活センター
  • 新高橋 - 江川を渡る橋。

公立小学校学区は全域で君津市立貞元小学校、公立中学校君津市立君津中学校[5]

史跡編集

  • 新御堂荘台遺跡
  • 元秋葉台遺跡

関連項目編集

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典12. 千葉県』角川書店、1984年。ISBN 4040011201

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 角川日本地名大辞典より

出典編集

  1. ^ a b 平成29年君津市人口”. 君津市 (2017年11月8日). 2017年11月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月16日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月20日閲覧。
  4. ^ 君津市立小中学校の通学区域一覧表”. 君津市 (2017年9月11日). 2017年11月20日閲覧。
  5. ^ 君津市立小中学校の通学区域一覧表”. 君津市 (2017年9月11日). 2017年10月3日閲覧。