メインメニューを開く

株式会社新日本科学(しんにほんかがく、英: Shin Nippon Biomedical Laboratories, LTD.、略称: SNBL)は、鹿児島市に本店を置く東証一部上場企業。アメリカをはじめ世界に展開するグローバルバイオ企業である。

株式会社新日本科学
Shin Nippon Biomedical Laboratories, LTD.
種類 株式会社
市場情報
略称 SNBL
本社所在地 日本の旗 日本
104-0044
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー28階
本店所在地 891-1394
鹿児島県鹿児島市宮之浦町2438
設立 1973年
創業は1957年(昭和32年)
業種 サービス業
法人番号 9340001000031
代表者 代表取締役会長兼社長 永田良一
資本金 96億7,907万400円
発行済株式総数 39,776,000株
売上高 連結166億円
(2018年3月期)
総資産 連結576億8百万円
(2018年3月末)
従業員数 連結1,385人
(2018年3月末)
関連会社 2,600人
決算期 3月31日
外部リンク www.snbl.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

1957年に国内初の医薬品開発受託機関(CRO:Contract Research Organization)として創業した。当初は、前臨床事業に特化したCROであったが、1991年に臨床事業に参入、また、日本企業として最初に米国に前臨床研究施設(Washington州、1999年)と臨床研究施設(Maryland州、2003年)に建設した。

1997年には、トランスレーショナル リサーチ事業部門を設置し、独自に経鼻投与技術を確立するとともに、大学発バイオベンチャーを複数サポートし、その中でもHarvard大学教授らと開設した WAVE Life Sciences Ltd.は、2015年に米国NASDAQ市場に上場、Pfizer社をはじめとする世界大手製薬企業とのライセンス契約に成功している。

2004年には、鹿児島県指宿市のグリーンピア指宿(厚生年金基金施設103万坪)を取得、メディポリス指宿と改名、その後、指宿ベイヒルズHotel & SPA、メディポリスエネジー(地熱発電所)を開設するとともに、メディポリス国際陽子線治療センターの事業支援を行っている。

2015年には、臨床事業を会社分割し、Pharmaceutical Product Development, LLC.(PPD社)と合弁会社、株式会社新日本科学PPDを設立した。

所在地編集

沿革編集

  • 1957年 - 鹿児島市で南日本ドッグセンター(動物病院併設)を創業。
  • 1973年 - 株式会社日本ドッグセンターを設立(法人化)。
  • 1974年 - 商号を株式会社新日本科学に変更。
  • 2004年 - 東証マザーズに上場。
  • 2008年3月11日 - 東京証券取引所1部へ指定替え。
  • 2015年4月1日 - 臨床事業を会社分割し、Pharmaceutical Product Development, LLC.との合弁会社・株式会社新日本科学PPDに承継。

新日本科学グループ編集

連結子会社

  • SNBL U.S.A., Ltd.
  • 新日本科学(亜州)有限公司
  • 肇慶創薬生物科技有限公司
  • SHIN NIPPON BIOMEDICAL LABORATORIES (CAMBODIA) LIMITED
  • ANGKOR PRIMATES CENTER INC.
  • TIAN HU (CAMBODIA) ANIMAL BREEDING RESEARCH CENTER Ltd.
  • 株式会社新日本科学ファシリティーズ
  • University Medicines International, LLC.
  • 株式会社CLINICAL STUDY SUPPORT
  • AXIS株式会社
  • Ruika Therapeutics, Inc.
  • SNBL Nature株式会社
  • 株式会社メディポリス
  • 株式会社メディポリスエナジー
  • FREESIA HD, INC.
  • SNBLアセットマネジメント株式会社
  • ふれあい・ささえあい株式会社
  • Bhutan Fortune株式会社
  • 株式会社GEMSEKI

関連会社 / 重要投資先

  • 新日本科学PPD
  • WAVE Life Sciences Ltd.
  • Pharmaron CPC

外部リンク編集