メインメニューを開く

日テレプラス プロ野球中継 HAWKS Perfect Live

日テレプラス プロ野球中継 HAWKS Perfect Live』(にっテレプラス・プロやきゅうちゅうけい・ホークス・パーフェクト・ライブ)は、2012年日本テレビ衛星基幹放送事業者CS日本が運営する専門チャンネル日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツで放送されていたプロ野球中継のタイトルである。

目次

概要編集

2012年より福岡ソフトバンクホークスの衛星放送における放映権をCS日本が獲得し、ソフトバンク主管公式戦の全試合(72試合+クライマックスシリーズ日本選手権シリーズ未定)および一部オープン戦の中継を日テレプラスにて行うこととなった[1]

日本テレビ系列では地上波(NNN/NNS系列局含む)・BS日テレ日テレジータスにおいて『次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL』というタイトルで巨人の試合を中心に放送しているが、この番組は2011年まで衛星放送における放映権を有していたJ SPORTSの中継『J SPORTS STADIUM』の内容・出演者を引き継ぐ形で放送した。

番組は球団とCS日本の共同制作という形をとり、九州東通福岡放送(FBS。福岡県内における日テレ系列局)が制作協力として参加した。そのため、本番組が球団の公式映像となり、パ・リーグTVプロ野球24niconicoのニコニコ生放送向けにも同内容が配信。また、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)のソフトバンク戦中継『STRONG!ホークス野球中継』やスポーツニュースにも映像が配信された。

なお、日テレプラスはスカパー!プレミアムサービス(旧:スカパー!HD)でのハイビジョン放送開始が2012年9月29日となっていたため、2012年9月まではスカパー!プレミアムサービスの加入者向けに、スカチャンHDでのハイビジョン同時生中継も行った。「プロ野球セットHD」、「スカパー!よくばりパックHD」、「スカパー!光パックHD」を含む日テレプラスが視聴可能な契約で視聴可能。日テレプラスの放送をウォーターマークが乗った状態でそのまま放送した。また、スカパー!(旧:スカパー!e2)は16:9フルサイズのSD放送となった(ハイビジョン放送開始予定なし)。

2013年FOX SPORTS ジャパンがソフトバンクの放映権を獲得。本番組が終了することになった。代わりにCS日本は東北楽天ゴールデンイーグルスのCS独占放映権を獲得し、2013年から2014年までは日テレプラス プロ野球中継 楽天イーグルス HEAT! LIVEを中継した。

放送時間編集

以下は全て日本時間である。

時間帯 放送時間 中継の延長 備考
ナイトゲーム ソフトバンク主催試合開催日の17:45 - 22:00 試合終了まで 試合前のイベントを放送する場合放送開始時間を早める場合あり
デーゲーム ソフトバンク主催試合開催日の試合開始15分前より4時間15分枠で放送

出演者編集

○印は2011年までのJ SPORTSの中継から続投

解説者編集

実況編集

リポーター編集

テーマ曲編集

備考編集

2012年6月5日6月6日に行われた読売ジャイアンツとの対戦については、日テレジータスと同時放送したが、日テレプラスではソフトバンク球団製作の放送をそのまま流し、日テレジータスでは映像のみソフトバンクホークスマーケティングから提供され、徳光和夫などのゲストと、日本テレビのアナウンサー・解説者による実況に東京のスタジオで差し替えた。

シーズン終了後は、11月から12月頃にかけて『HAWKS Perfect Live 2012ベストゲーム』(ホークス・パーフェクト・ライブ 2012 ベストゲーム。11月3日 - ?)『あなたが選ぶ!HAWKS Perfect Live 2012ベストシーン』(あなたがえらぶ!ホークス・パーフェクト・ライブ 2012 ベストシーン。11月9日ほか)と題した番組が放送された[2]

また、10月30日の22:00 - 22:30には、小久保裕紀(ソフトバンク内野手)の通算2000本安打達成を記念し制作されたドキュメンタリー番組として『ミスター・ホークス 小久保 裕紀〜2000本安打達成の軌跡〜CS版』(ミスター・ホークス こくぼ ひろき にせんぼんあんだたっせいのきせき シーエスばん)が放送された[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集