日御碕

島根県の岬

日御碕(ひのみさき)は、島根県出雲市大社町日御碕に位置し、島根半島のほぼ西端で日本海に面する大山隠岐国立公園に含まれる。

日御碕
日御碕
日御碕の柱状節理
出雲日御碕灯台
経島(ふみしま)
日御碕漁港
権現島(宇龍)

地理編集

流紋岩から構成される山が沈降して海に浸かり、波に侵食された後にわずかに隆起し「海食台」と呼ばれる地形が形成された。

周辺には柱状節理洞穴が見られ、海上には小島や岩礁が点在する。

海底にはサドガセとボングイと呼ばれる岩があり、人工的に彫られた階段や参道、祭祀跡が確認されている。これは沖縄県南城市にある世界遺産斎場御嶽に似ており、天照大神の神話によく似た神話が斎場御嶽に伝わっている[1]。岬上には1903年明治36年)初点灯の出雲日御碕灯台が立つ。海抜63 m, 光達21海里で、灯塔は43.65 mと石作りの灯台としては日本一の高さである。参観灯台なので見学も可能である。

「日御碕の大ソテツ」及び南方に浮かぶ経島の「経島ウミネコ繁殖地」は国の天然記念物となっている。

施設・観光編集

交通編集

地区編集

  • 中山
  • 御碕
  • 宇龍

周辺情報編集

  • 出雲大社
  • 奉納山公園
  • 伊那西波岐神社
  • 稲佐の浜
  • 手錢記念館
  • 出雲文化伝承館
  • 因佐神社
  • 命主社

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集