メインメニューを開く

日本アイ・ビー・エム野洲硬式野球部

日本アイ・ビー・エム野洲硬式野球部(にほんアイ・ビー・エムやすこうしきやきゅうぶ)は、滋賀県野洲郡野洲町に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。一般的には日本IBM野洲と表記されていた。2003年シーズン途中から休部し、2008年に解散した。

日本アイ・ビー・エム野洲硬式野球部
チーム名(通称) IBM、日本IBM野洲
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1980年
廃部 2008年2003年から休部)
チーム名の遍歴

  • 日本アイ・ビー・エム野洲 (1980 - 2003)
本拠地自治体

練習グラウンド IBMグラウンド(滋賀県蒲生郡竜王町
チームカラー 青色
都市対抗野球大会
出場回数 4回
最近の出場 1996年
最高成績 2回戦敗退
社会人野球日本選手権大会
出場回数 8回
最近の出場 1999年
最高成績 4強
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

運営母体は、日本アイ・ビー・エム

概要編集

1980年秋、日本アイ・ビー・エム野洲工場で『日本アイ・ビー・エム野洲硬式野球部』として設立[1]

滋賀県では東洋レーヨンが戦後活躍した時期があったが、活動を停止してから県内に目立った力を有する企業チームはなかったが、チーム設立から5シーズン目の1984年には日本選手権に、8シーズン目の1987年には都市対抗野球に初出場を果たすなど、県内では際立つ力を保持していた。しかし、全国大会出場のためには京都府の企業チームに打ち勝つ必要があり、都市対抗は4回、日本選手権は8回の出場にとどまった。

2003年シーズン初頭、同年の都市対抗野球をもって活動停止するとの方針が示され、その京滋奈兵2次予選で敗退して活動を休止した。

その後、2005年に野洲工場が京セラに売却されて復活が不可能になり、2008年6月24日付けで日本野球連盟から正式に解散が公示され[2]、廃部となった。

沿革編集

主な大会の出場歴・最高成績編集

主な出身プロ野球選手編集

元プロ野球選手の競技者登録編集

  • 萩原誠(元:阪神タイガース、大阪近鉄バファローズ) - 内野手→退団

脚注編集

  1. ^ “都市対抗野球 32代表の素顔 <1>”. 毎日新聞: p. 18. (1987年6月30日) 
  2. ^ チーム情報 登録・変更情報 2008年”. 日本野球連盟. 2016年6月2日閲覧。

関連項目編集