メインメニューを開く

日本崖っぷち大賞(にほんがけっぷちたいしょう)とは、1998年毎日新聞社発行の週刊誌サンデー毎日』誌上で連載されていた座談会コーナー。全41回。

目次

概要編集

審査委員長のみうらじゅんを筆頭に、泉麻人山田五郎安斎肇の各審査委員が、様々なテーマ(就中サブカルチャー)を巡って常識と非常識のはざま、ぎりぎり崖っぷちライン(大賞)を決定する[1]

みうらが進行役を務めるが、その際大陸や岸壁、を描いた上で、誰でも知っておくべき「極常識」を「常識大陸」に乗せ、そこまで知らなくてもよいという「非常識」な知識を崖から海へ落とす(つまり「崖落ち」)という趣向であった[2]

公開会場を利用して、観客を交え都合2度ライブ討論会を行った他、「オヤジ」をテーマとする最終回の「さらば崖っぷちオヤジ」では、東京都中央区銀座クラブを貸し切り、ホステス2名をゲストに迎え有終の美を飾った[3]

連載内容をまとめた書籍3冊が、いずれも毎日新聞社から刊行されている。

テーマとなった題材編集

以下連載中に取り上げられた題材を紹介する。なお、カッコ内は大賞に選ばれた項目ないし人物を示す。

関連項目編集

  • ラフォーレ原宿 - 「メガネの有名人」の回にて、観客を交えて公開ライブ・討論会を実施[50]
  • イムズ - 「新中年の主張」および「裸の有名人」の回にて、500名の観客を交えて公開ライブ・討論会を実施[51]

脚注編集

  1. ^ 季刊プリンツ21『みうらじゅん ひとり大宴会』栄光、2000年2月、p.73
  2. ^ みうらじゅん、泉麻人、安斎肇、山田五郎『日本崖っぷち大賞』毎日新聞社、1998年7月、p.11
  3. ^ みうらじゅん、泉麻人、安斎肇、山田五郎『崖っぷちオヤジ』毎日新聞社、1999年8月、p.199
  4. ^ a b c d e f g 『日本崖っぷち大賞』p.6
  5. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.23
  6. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.36
  7. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.47
  8. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.59
  9. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.71
  10. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.84
  11. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.96
  12. ^ a b c d e f g h i 『日本崖っぷち大賞』p.7
  13. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.107
  14. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.120
  15. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.131
  16. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.147
  17. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.160
  18. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.172
  19. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.184
  20. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.198
  21. ^ 『日本崖っぷち大賞』p.211
  22. ^ a b c d e みうらじゅん、泉麻人、安斎肇、山田五郎『輝け!日本崖っぷち大賞』毎日新聞社、1998年11月、p.6
  23. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.20
  24. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.33
  25. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.49
  26. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.63
  27. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.79
  28. ^ a b c d e f g h 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.7
  29. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.95
  30. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.111
  31. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.126
  32. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.140
  33. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.155
  34. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.172
  35. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.189
  36. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.219
  37. ^ a b c d e f みうらじゅん、泉麻人、安斎肇、山田五郎『崖っぷちオヤジ』毎日新聞社、1999年8月、p.4
  38. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.47
  39. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.65
  40. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.82
  41. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.98
  42. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.114
  43. ^ a b c d e f 『崖っぷちオヤジ』p.5
  44. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.131
  45. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.148
  46. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.164
  47. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.180
  48. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.196
  49. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.212
  50. ^ 『輝け!日本崖っぷち大賞』p.192
  51. ^ 『崖っぷちオヤジ』p.8