日立市立大雄院小学校

茨城県日立市にあった小学校

日立市立大雄院小学校(ひたちしりつ だいおういんしょうがっこう)は、茨城県日立市日立鉱山地区にあった小学校。1909年明治42年)創立、1979年昭和54年)廃校。

日立市立大雄院小学校
Daioin elem.jpg
北緯36度36分56秒 東経140度38分24秒 / 北緯36.61556度 東経140.64000度 / 36.61556; 140.64000座標: 北緯36度36分56秒 東経140度38分24秒 / 北緯36.61556度 東経140.64000度 / 36.61556; 140.64000
過去の名称 第二日立鉱山尋常小学校
日立鉱山第二尋常高等小学校
日立鉱山第二尋常小学校
日立第三尋常小学校
日立第三尋常高等小学校
日立市大雄院尋常高等小学校
日立市大雄院国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 日立市
設立年月日 1909年
閉校年月日 1979年
共学・別学 男女共学
所在地 317-0056
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

日立市杉本町1丁目1番地(現在は日立市白銀町)にあった。日立有料道路の一般道出口から西、JX金属へ向かう道沿いにあたる。

大雄院小学校は広大な敷地を抱えたマンモス小学校で、日立市立本山小学校と共に、日立鉱山関係者子弟の教育にあたった。最高児童数は1926年大正15年)の1246人。師範学校の最優秀卒業生を教師として迎え、大正時代のうちにサッカーラグビーを体操の授業に取り入れるなど、西洋的な教育も充実していた。また共楽館(現在は日立武道館)を最大に利用した視聴覚教育など、国内でも先進的な教育が行なわれていた。

大東亜戦争により軍需産業が盛んだった1939年(昭和14年)から1945年(昭和20年)にかけ、大雄院小学校の児童数は1000人台から1200人台であった。1946年(昭和21年)から1956年(昭和31年)までは600人台から900人台に減少したが、戦後復興により日立鉱山の従業員数が増加、1957年(昭和33年)と翌年には1000人台に戻った。しかし翌1959年(昭和35年)以降は徐々に児童数が減り、1977年(昭和53年)には児童数53名となっていた。

日立鉱山閉山間際の1979年(昭和55年)に廃校、日立市立仲町小学校へ統合された。

沿革編集

  • 1909年(明治42年)2月1日 - 第二日立鉱山尋常小学校創立。
  • 1910年(明治43年)4月1日 - 日立鉱山第二尋常高等小学校と改称。
  • 1916年(大正5年)4月1日 - 日立鉱山第二尋常小学校と改称。
  • 1918年(大正7年)4月1日 - 日立第三尋常小学校と改称。
  • 1923年(大正12年)5月4日 - 日立第三尋常高等小学校と改称。
  • 1940年(昭和15年)3月 - 日立市大雄院尋常高等小学校と改称。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令により日立市大雄院国民学校と改称。
  • 1947年(昭和22年)5月 - 学制改革により日立市立大雄院小学校と改称、日立市立大雄院中学校併設。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 大雄院幼稚園併設。
  • 1967年(昭和42年)4月1日 - 大雄院ことばの教室併設。
  • 1970年(昭和45年)4月1日 - 日立教育研究所併設。
  • 1979年(昭和54年)3月31日 - 日立市立大雄院小学校閉校。

校章編集

 
日立市立大雄院小学校校章school emblem of Daioin Elementary School

校歌編集

高野辰之 作詩)

信時潔 作曲)

知識の光のかがよう日立

道の定めの正しき日立

栄ゆく日立のここ杉本に

我等は生い立ち我等は学ぶ


神峰の山を背に負う我等

太平洋を見渡す我等

我等は自然の教えに励む

動かぬ心とはるけき姿


抱く望みの高かるべきは

進む動きにみだれぬ様は

かの煙突と車を範に

手を取りかわして睦むは我等


脚注編集

[脚注の使い方]

昭和54年2月、大雄院小学校創立70周年記念実行委員会が結成され、2月13日に記念誌委員会が発足し、本山小学校の「かみね」を参考にして「七十年のあゆみ」の編集がされた。「七十年のあゆみ」は大雄院小学校の唯一の記録集である。

「七十年のあゆみ」

印刷日 昭和54年4月20日

発効日 昭和54年5月5日 

改訂  昭和54年6月20日

発行者 西村春男

印刷  墨仙堂

関連項目編集

外部リンク編集