メインメニューを開く

座標: 北緯35度40分28.68秒 東経139度24分32.84秒 / 北緯35.6746333度 東経139.4091222度 / 35.6746333; 139.4091222

下り乗車場入り口
上り乗車場入り口

日野バスストップ(ひのバスストップ)とは、東京都日野市(上り:日野大字727 / 下り:万願寺三丁目51番地)[1]中央自動車道本線上にあるバス停留所である。

バス停の表記及びバス事業者の案内では「中央道日野」と表記される。

停車する路線編集

当バス停と、新宿から中央道相模湖までの各バス停との区間内のみの利用はできない(※との間の相互利用は不可)。

なお、八王子発着路線である高松線と金沢線は、途中経由地として新宿や渋谷に停車する関係上、上り車線側バス停から乗車、下り車線側バス停で降車となる。高尾・八王子発着のリムジンバスも、羽田空港までの経路に中央道を利用する関係上、同様に上り車線側バス停から乗車、下り車線側バス停で降車となる。

中央高速バス

リムジンバス

夜行高速バス

JRバス

隣接のBS等編集

E20 中央自動車道

バス停へのアクセス編集

多摩モノレール甲州街道駅が最寄りの駅である。

甲州街道駅の開業前は、公共交通機関によるアクセスが不便なため、自家用車やタクシーによる送迎が主であった。側道を走る路線バスがあるが本数が少なく、時間帯によっては約980 m離れた川崎街道上の生活保健センターバス停まで歩かねばならなかった。特に夜は利用しづらいため、中央高速バスの昼行便しか停車しなかった。

2000年に甲州街道駅が開業。当時は当バス停と駅の間が自動車の通行困難な狭い道で分かりにくく、中央自動車道やモノレール沿いに回り道を余儀なくされる場合もあった。そのため、乗り換えの利用者は少数であった。

その後、周辺の区画整理が進み、2003年3月に当バス停と甲州街道駅を結ぶような形で新川崎街道が開通した。旧来の道に比べてやや遠回りではあるものの、道路が整備されたことにより、利用者が増え、多くの高速バスが停車するようになった。

多摩モノレール沿線から中央高速バスを利用するには、新宿経由に比べて時間や運賃の面で優位なことで、甲州街道駅と中央道日野バス停の乗り換えルートがPRがされている。

鉄道編集

多摩モノレール甲州街道駅から450 m。

バス編集

  • 日野市ミニバス市内路線:豊田駅北口 - 日野駅 - 中央道バス停下 - 高幡不動駅京王電鉄バスS系統 )「中央道バス停下」停留所下車。 ※本数少(高速バス停から側道に降りた場所にミニバスの停留所がある。ミニバス車内では高速バスへの乗り換え案内放送が流れる。)
  • 京王電鉄バス:日野駅 - 高幡不動駅(日01・日02・日03系統)「生活保健センター」停留所下車。980 m、徒歩15分から20分。

主な施設編集

  • 上り車線側
    • 側道を走る路線バスのバス停脇にカード式公衆電話がある。
  • 下り車線側

関連項目編集

脚注編集