東濃鉄道株式会社(とうのうてつどう、Tohnoh Tetsudou Co., Ltd. )は、岐阜県東南部(東濃地方)を営業エリアとする名鉄グループバス会社通称東鉄バス

東濃鉄道株式会社
Tohnoh Tetsudou Co., Ltd.
Tohtetsu logomark.svg
Tohnoh Tetsudou Headquarter.jpg
種類 株式会社
略称 東鉄、東鉄バス
本社所在地 日本の旗 日本
507-0035
岐阜県多治見市栄町1丁目38番地
北緯35度19分56.2秒
東経137度7分17.2秒
座標: 北緯35度19分56.2秒 東経137度7分17.2秒
設立 1944年3月1日
業種 陸運業
法人番号 5200001020872 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗合及び貸切旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役社長 水野敏秀
資本金 1億円
主要株主 名古屋鉄道
外部リンク https://tohtetsu.co.jp/
テンプレートを表示
中央ライナー号に使用される車両(東京都江東区
貸切バス(大津SA)
1996年12月まで本社が置かれていた「東鉄ビル」。本社移転後も関連会社などが入居していたが、2012年2月に解体[要出典]その後、建て替えられた。(多治見駅前)

かつては笠原線駄知線の2つの鉄道路線を有する鉄道事業者であったが、1978年までに2路線とも廃止されている。鉄道線が廃止されたのちも社名を変更することなく、バス事業のみを継続している。高速路線に愛知県名古屋市東京都と岐阜県多治見市・可児市を結ぶ路線を持ち、一般路線は岐阜県多治見市・土岐市瑞浪市恵那市中津川市・可児市・美濃加茂市可児郡御嵩町加茂郡八百津町に路線網を持つ。

歴史編集

バス路線編集

高速路線編集

長距離路線
  • 可児・多治見 - 新宿線
    • 可児車庫 - 可児駅 - 多治見駅 - 中津川駅⇔バスタ新宿 - 東京駅
      • 昼行便は「中央ライナー可児号」、夜行便は「ドリーム可児号」として運行
      • JRバス関東と共同運行
      • 2019年6月1日よりJRバス関東運行便も運行を受託
      • 2021年4月1日より、東京駅八重洲口まで延伸(バスタ新宿経由)
中・短距離路線
  • 桜ヶ丘ハイツ - 名古屋線
    • 可児車庫 - 桂ヶ丘 - 皐ヶ丘 - 桜ヶ丘 - 名鉄緑台 - 金岡町4丁目⇔桃花台⇔栄 - 名鉄バスセンター
      • 名鉄バスと共同運行(春日井営業所が担当。名鉄バスのみmanaca等のICカードが利用可能)
      • 一部便は、桂ヶ丘3丁目始発・桂ヶ丘1丁目終着で運行。
  • 西可児 - 名古屋線
    • 可児車庫 - 可児市役所前 - 鳴子公園 - (リトルワールド) - 入鹿池口⇔桃花台⇔栄 - 名鉄バスセンター
      • 名古屋を午前に発車する便と、可児を午後に発車する便はリトルワールド経由で運行される。
  • 名古屋 - 馬籠・妻籠線(季節運行)
    • 名鉄バスセンター⇔馬籠 - 妻籠
      • 名古屋発の便は馬籠にて散策時間(約2時間)が設けられている。
      • 名鉄バスと共同運行

一般路線編集

◎は、地域間幹線系統として、国・岐阜県・自治体の補助を受ける[4]

太字で表示された区間は、「200円バス」(多治見市内平日昼間時運賃割引制度)の対象区間を示す。

「200円バス」とは、多治見市内を平日10時から16時に発着するバスを多治見市内相互に利用した場合、最大運賃を200円とする制度である。

 
名鉄グループ共通デザインの塗装(明智駅前)
 
一般路線の懐古調塗装(明智駅前)
  • 県病院線(旧:旭ヶ丘=小泉線)
  • 名鉄緑台線
  • 桜ヶ丘ハイツ線
    • 多治見駅北口 - 光が丘・名鉄緑台 - 桜ヶ丘1丁目 - 桂ヶ丘3丁目・皐ヶ丘9丁目
  • 緑ヶ丘線
    • 多治見駅北口 - 桜ヶ丘1丁目 - 桂ケ丘3丁目 ‐ 緑ヶ丘団地 ‐可児駅
    • 可児高校前 - 可児駅前 - 桜ヶ丘ハイツ
  • 小名田線(旧:久々利線)
  • 多治見市内線
    • 多治見駅前 - 弁天町 - 北高正門前 - 多治見サービスセンター
  • 駄知線
    • 多治見駅前 - 小路町 - 東町 - 神明峠 - 土岐市駅前 - 中肥田 - 駄知 ◎
  • 瑞浪=駄知=多治見線
    • 多治見駅前 - 総合グランド口 - 下沢 - 小谷口 - 下石貢 - 駄知 - 上山田 - 瑞浪駅前 ◎
    • 多治見駅前→総合グランド口→タウン滝呂センター→下石貢→駄知 ◎
  • 妻木線
    • 多治見駅前 - 総合グランド口 - 下沢 - 小谷口 - 妻木上郷
    • 多治見駅前 - 総合グランド口 - 下沢 - タウン滝呂センター - 妻木上郷
  • 滝呂台線
    • 多治見駅前 - 総合グランド口 - タウン滝呂センター - 滝呂台 - 笠原車庫前 ◎
  • 学園都市線
  • 笠原線
    • 多治見駅前 - 大畑 - 滝呂 - 笠原車庫前 - モザイクタイルミュージアム - 羽根・東草口 ◎
    • 多治見駅前 - 大畑 - 滝呂 - 笠原車庫前 - 梅平団地 ◎
  • ホワイトタウン線
    • 多治見駅前 - 多治見ホワイトタウン - 多治見駅前
  • 下半田川線
    • 多治見駅前 - TYK体育館前 - 市之倉 - 南市之倉 - 下半田川 ◎

唯一県境を越えて愛知県瀬戸市に乗り入れる。2002年に廃止されたジェイアール東海バスの路線(瀬戸市駅 - 瀬戸記念橋 - 多治見駅前間)の一部区間代替という役割も持つ。

  • 東濃フロンティア高校線
  • 土岐プラズマ・リサーチパーク線
  • 土岐=下石=駄知線
    • 土岐市駅前 - 土岐市役所前 - 土岐総合病院前 - 下石 - (ウエルフェア土岐) - 山神温泉前 - 駄知
    • 土岐市駅前→土岐市役所前→(土岐総合病院前)→下石→山神温泉前→駄知→旭が丘北
    • 土岐市駅前←土岐市役所前←下石←山神温泉前←駄知←旭が丘南
  • 土岐=妻木線
    • 土岐市駅前 - 土岐市役所前 - 土岐総合病院前 - 下石 - 妻木上郷
  • 土岐=笠原線
    • 土岐市駅前 - 土岐市役所前 - 病院口 - 下石 - 昭和農園前 - 小谷 - 笠原 - 笠原車庫前
  • 明智線
    • 瑞浪駅前 - 稲津公民館前 - 川折 - 大川 - 陶町口 - 吹越 - 明智駅前 ◎
  • 帷子線
    • 西可児駅 - 愛岐ヶ丘 - 南帷子小学校 - 光陽台(循環)
    • 西可児駅 - 長坂三丁目 - 長坂八丁目
    • 西可児駅 - 帷子 - 菅刈 - 鳩吹台 - 緑
  • 花フェスタ公園線
    • 可児駅前 - 可児市役所前 - (直行) - 花フェスタ記念公園
    • 可児駅前 - 可児市役所前 - 羽生ヶ丘 - 花フェスタ記念公園
      • 2015年4月6日より季節運行化(毎年4月第2土曜~6月第4日曜日の土曜・休日)
  • 八百津線
  • 恵那峡線
    • 恵那駅前 - 土々ヶ根 - 恵那峡(循環)
  • 大井町西線
    • 恵那駅前 - 公園口 - 新岡瀬沢 - 東鉄恵那車庫
      • 2021年4月1日:運行開始
  • 大井町東線
    • 恵那駅前 - 雀子ヶ根 - 東鉄恵那車庫
      • 2021年4月1日:運行開始


恵那市自主運行バス

  • 恵那病院シャトル便
    • 恵那駅前→石橋→恵那病院
    • 恵那病院 - 山中口 - 恵那駅前
    • 恵那病院 - 旭が丘 - 恵那駅前
      • いずれも全線100円均一
  • 丸池線
    • 恵那駅前 - 石橋 - 旭が丘 - 丸池市営住宅前
    • 恵那駅前 - 文化センター前 - 恵那病院 - 丸池市営住宅前
  • 小野川線
    • 恵那駅前 - 恵那市役所前 - 東野向島 - 小野川
    • 恵那駅前→恵那市役所前→東野大門→小野川
  • 三郷線
    • 恵那駅前 - 永田 - 佐々良木 - 三郷殿畑 - 椋実
    • 恵那駅前→大洞団地口→永田口→恵那駅前
  • 藤線
    • 恵那駅前 - 武並駅前 - 藤 - 奥山足
  • 中野方線
    • 恵那駅前 - 山中口 - (恵那病院) - 河合 - 野瀬 - 中野方馬越
  • 飯地線
    • 河合 - 飯地 - 入野
    • 下栃窪 - 河合 - 久須見→山中口→恵那駅前
  • 笠置線
    • 恵那駅前 - 山中口 - (茂立) - 久須見 - 笠置公民館前
  • 毛呂窪線
    • 恵那駅前 - (恵那病院) - 笠置 - 毛呂窪(鹿の湯)
  • 阿妻=横通線
    • 明智駅前 - 下田良子 - 才坂 - 阿妻 - 丸草口→上田→明智駅前
    • 明智中学校前 - 明智駅前 - 上田南
  • 明智=峰山線
    • 明智駅前 - 小杉口 - (峰山) - 中沢

主な廃止路線編集

  • 名多線(名鉄バスセンター~多治見駅前)(名鉄バスと共同運行であった):1995年廃止
  • 小原線(陶町口 - 小原中部小学校):1997年4月廃止
  • 小渡=小田子線(明智駅前 - 小渡):1997年4月廃止
  • 清水ヶ丘線(可児駅前 - 清水ヶ丘 - 西可児駅前) : 2000年9月30日廃止
  • 美濃太田=御嵩線・美濃焼団地線(美濃太田駅 - 日本ライン今渡駅前 - 御嵩駅前 - 鬼岩公園前 - 土岐市駅前) : 2000年9月30日廃止。旧鬼岩公園線。
  • 泉ヶ丘線(土岐市駅前 - 久々利大平) : 2000年9月30日廃止
  • 広見線(可児駅前 - 日本ライン今渡駅前 - 美濃太田駅) : 2006年9月30日廃止
  • 旭ヶ丘=小泉線(部分的に廃線) (北丘団地 - 旭ヶ丘十丁目) :2009年4月4日
  • 可児車庫線(可児駅前 - 可児市役所前 - 可児車庫) : 2009年4月4日廃止
  • 北山線(八百津ファミリーセンタ前 - 北山 - 久田見):2014年10月1日廃止
  • 瑞浪=土岐線(土岐総合病院前 - 土岐市駅前 - 瑞浪駅前):2015年4月5日廃止
  • 旭ヶ丘=小泉線(部分的に廃線) (県病院 - 小泉町八丁目 - 北丘団地) : 2015年4月5日廃止
  • 久々利線(可児駅前 - 久々利 - 小名田小滝・久々利大平):2015年9月30日廃止
  • 可児市役所前 - 名古屋線 (可児車庫前 - 可児市役所前 - 清水ヶ丘 - 光ヶ丘 - 名鉄バスセンター) : 2018年3月31日廃止
  • 笠原線(部分的に廃線) (羽根 - 柿野温泉前 - 曽木中切) :2018年3月31日廃止
  • グランド循環線(多治見駅前 - 多治見総合グランド口 - 多治見駅前):2019年3月31日廃止
  • 市之倉ハイランド線(多治見駅前 - 陶都大橋・多治見市民病院前 - 市之倉ハイランド):2020年3月31日廃止
  • 旭ヶ丘循環線(多治見駅北口 - 西高前 - 大森口 - 旭ヶ丘十丁目 - 明和団地 - 名鉄緑台 - 多治見駅北口)(多治見駅北口 - 名鉄緑台 - 明和団地 - 旭ヶ丘十丁目 - 大森口 - 西高前 - 多治見駅北口):2020年3月31日廃止
  • 中津川線(恵那駅前〜三坂〜坂本駅前〜三菱工場前〜中津川駅前)(恵那駅前〜三坂〜坂本駅前〜中津川市民病院前)(恵那駅前〜東岡瀬沢):2021年3月31日廃止
  • 蛭川線(恵那駅前〜(恵那峡)〜蛭川和田):2021年3月31日廃止
  • 八百津線(部分的に廃止)(可児駅前〜可児河合〜八百津ファミリーセンター)(加茂特別支援学校止は継続)(美濃太田駅発着系統は継続) :2021年3月31日廃止

運行受託編集

かつて東濃鉄道が運行していた路線を自治体に委譲したのちコミュニティバスとして運行している路線のほか、名鉄バス春日井営業所の一部の路線の運行も受託している。

以下のコミュニティバスの運行を受託している。

過去の運行受託編集

営業所編集

小牧所属車のみ尾張小牧ナンバーが付いており、他の営業所の車両は全て岐阜ナンバーである。小牧営業所では名鉄バス春日井営業所管内の一部便を担当

  • 多治見営業所:多治見市笠原町、旧笠原駅 旧名、笠原営業所:主に多治見市、土岐市、瑞浪市(瑞浪=駄知=多治見線のみ)、及びにききょうバス、多治見市自主運行バス、土岐市民バスの運行委託便を担当。
  • 恵那営業所(恵那市大井町):主に瑞浪市(明智線のみ)、恵那市、及びに恵那市自主運行バスの運行。
  • 可児営業所(可児市石井): 多治見市(多治見駅北口発着便のみ)、可児市、御嵩町、美濃加茂市、及びに可児市、美濃加茂市、八百津町、御嵩町の自主運行バスの運行委託を担当。
  • 東鉄観光バスセンター小牧営業所(愛知県小牧市大草):主に名鉄バス春日井営業所の一部路線(桃山線(春日井駅〜八田〜総合体育館前〜大草)、桃花園線(春日井駅〜鳥居松〜春日井市民病院〜桃花園)(春日井駅〜東野町〜桃花園)、東野線(春日井駅〜東野町〜下原口〜大池住宅前))、春日井市民バス「はあとふるライナー」の運行、高蔵寺ニュータウン循環バス「サンマルシェ循環」を担当。

バス車両編集

名鉄グループであるため、三菱ふそう車が多く在籍するが、名鉄傘下となるのが比較的遅かったこともあり独自性が残されており、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)製も多く導入されたのが特徴である。

なお、富士重工業2003年3月にバス車体製造から撤退した際、最後の生産車となったのが東鉄の観光バス(日産ディーゼル・スペースアロー)2台であった。東鉄としては、今後も富士重工業に架装して欲しい旨を伝えたものの、撤退の意向は変わらなかったことから、せめて最後の生産車を購入したいと意向を伝えたことで、次年度の購入予定を前倒しして実現したという。以後はUDトラックスのバス製造・販売事業撤退まで西日本車体工業(西工)製で納入された。現在は路線・貸切バス共に三菱製・日野ジェイ・バス)製の車両が投入されている。

近年は親会社である名鉄バスで使っていた路線バスを買い取り、塗装はそのままで名鉄バスの車番や営業所表記や「名鉄バス」の文字だけ剥がし、緑色で「とうてつ」という文字が貼られている。主に恵那営業所、可児営業所に在籍する。主に導入される車種はエアロスター、エアロミディ、日野レインボーである。

一般路線車の塗装は、名鉄傘下に入ってからは名鉄グループカラー(赤+白)に変更を迫られるが、窓下にグリーンの帯を入れることで独自性を主張した。近年グループカラーが強制されなくなったことから、新車は傘下入り前のグリーンの濃淡を使った塗装で購入されているが、一方で観光バスに近いイメージのオリジナル塗装も登場している。また、2013年より創立70周年を記念してボンネットバスに使用された塗装を再現した復刻塗装が登場している。三菱ふそう エアロスターが3台記念車両として導入された。3台のうち1台は途中の三菱ふそうのモデルチェンジにより、1台のみヘッドライト等の形状が異なっている。3台とも車内は当時を再現すべく木目を基調した床のデザインになっている。また、シートも当時を再現すべく、緑色が採用されている。また、ナンバープレートも当時のボンネットバスと同じ「590」が希望ナンバーで装着されている。もう1台の記念車両は「591」、最後の3台目だけ理由不詳だが希望ナンバーではなく「1673」が装着されている。その後も復刻塗装車が少しではあるが導入されている。

観光バス・高速バスは、白に名鉄カラーの赤と東鉄のグリーンに、花や鳥の絵が描かれており、名鉄グループでありながらオリジナリティを出しているのが特徴である。なお旧北恵那交通車には北恵那交通在籍の時のままの塗装のものもある。

運賃精算の際、名鉄バスのmanacaや岐阜バスのayucaなどは、桜ヶ丘ハイツ - 名古屋線の名鉄バス担当便に限りmanacaが使用できるが、東鉄バスの車両にて運行する便には使用できない。なお、カード乗車券の導入予定は2021年4月時点では発表されていない。

鉄道路線(全廃)編集

東濃鉄道笠原線東濃鉄道駄知線を参照。

グループ会社編集

  • 東鉄観光株式会社(多治見市) - 旅行業、1967年4月1日設立。
    • 東濃鉄道の貸切バス(観光バス)を利用した国内旅行などを中心とした「とうてつグリーンツアー」を主催しており、東濃鉄道の営業エリア内にある主要駅付近に設置する6店舗で販売するほか、同社の営業所にも販売を委託している。2020年10月1日、東濃鉄道と経営統合
  • 東鉄商事株式会社(多治見市) - 石油類販売、1962年5月21日設立。
  • 東鉄タクシー株式会社(多治見市) - 一般乗用旅客自動車運送事業、1973年4月11日設立。
  • 坂下タクシー株式会社(愛知県春日井市) - 一般乗用旅客自動車運送事業、1959年6月26日設立。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『東鉄だより』 1961年2月号、東濃鉄道
  2. ^ 東濃鉄道株式会社>会社概要
  3. ^ 平成8年度末で愛知県旭・小原地区から東濃鉄道撤退。2020年11月22日閲覧
  4. ^ [1]「地域間幹線系統確保維持費補助金受給路線について」

関連項目編集

外部リンク編集