メインメニューを開く

日野 美澄(ひの よしずみ、1934年9月21日 - )は、徳島県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

日野 美澄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1934-09-21) 1934年9月21日(84歳)
身長
体重
168 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年4月10日
最終出場 1958年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

鳴門高等学校では、同期のアンダースロー栗橋博(法大)とともに甲子園に4回出場。1950年夏の選手権に控え内野手としてベンチ入り、決勝まで進むが松山東高に敗退[1]1951年春の選抜では三塁手として決勝に進み、後に大学同期となるエース中田昌宏を擁する鳴尾高との接戦を制し優勝[2]。1年上のチームメートに遊撃手大久保英男がいた。同年夏は南四国大会準決勝で高知商に敗退。翌1952年春の選抜にも遊撃手として連続出場。この大会でも決勝に進むが、静岡商田所善治郎に完封を喫し準優勝にとどまる[2]。同年の夏の選手権は2回戦で松山商空谷泰に抑えられ敗退した[1]

卒業後は慶應義塾大学へ進学し、1年生の春から東京六大学野球リーグに出場。1954年春季リーグで打率.382の好成績をあげ首位打者を獲得。1956年秋季リーグは1年下のエース林薫、2年生左腕の巽一を擁し優勝を飾る。同季はベストナイン(遊撃手)にも選出された。リーグ通算90試合出場、306打数77安打、打率.252、0本塁打、36打点、11盗塁。中田以外の大学同期に衆樹資宏がいる。

1957年中日ドラゴンズに入団。1年目から一軍に上がり、内野手として10試合に起用される。6月20日には遊撃手、七番打者として初先発出場。翌1958年は29試合に出場。遊撃手、二塁手として5試合に先発するが、打撃成績は低迷し同年限りで現役引退。

引退後は社会人野球に転じ、大昭和製紙日本コロムビアで活躍した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1957 中日 10 19 17 2 3 0 0 0 3 4 0 0 0 1 1 0 0 4 0 .176 .222 .176 .399
1958 29 35 33 5 4 1 0 0 5 1 1 0 0 0 2 1 0 12 1 .121 .171 .152 .323
通算:2年 39 54 50 7 7 1 0 0 8 5 1 0 0 1 3 1 0 16 1 .140 .185 .160 .345

背番号編集

  • 14 (1957年 - 1958年)

脚注編集

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集