第32回全国高等学校野球選手権大会

第32回全国高等学校野球選手権大会(だい32かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1950年8月13日から8月21日まで甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

日本の旗 第32回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1950年8月13日 - 8月21日
出場校 23校
参加校数 1,536校
優勝校 松山東北四国愛媛、15年ぶり2回目)
試合数 22試合
選手宣誓 高根隆明(松商学園
始球式 天野貞祐文部大臣
大会本塁打 3本塁打
 < 19491951 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

代表校編集

試合結果編集

1回戦編集

8月13日

  • 済々黌 5 - 3 松商学園
  • 北海 5 - 3 山城
  • 鳴門 4 - 2 明石

8月14日

  • 神奈川商工 14 - 3 仙台一
  • 浜松商 11 - 10 別府一
  • 長良 3 - 2 泉大津

8月15日

  • 小倉 8 - 2 瑞陵

2回戦編集

  • 米子東 3 - 2 盛岡
  • 済々黌 14 - 3 千葉一

8月16日

  • 北海 5 - 2 明治
  • 鳴門 10 - 9 新宮
  • 宇都宮工 6 - 4 神奈川商工

8月17日

  • 若狭 3 - 2 浜松商(延長14回)
  • 松山東 4 - 3 長良
  • 呉阿賀 6 - 4 小倉

準々決勝編集

8月18日

  • 済々黌 5 - 3 北海
  • 鳴門 8 - 7 米子東
  • 宇都宮工 16 - 0 若狭
  • 松山東 7 - 0 呉阿賀

準決勝編集

8月19日

  • 鳴門 9 - 6 済々黌
  • 松山東 5 - 0 宇都宮工

決勝編集

8月21日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
鳴門 1 0 0 2 0 1 0 4 0 8 13 2
松山東 4 0 0 0 0 0 7 1 X 12 16 0
  1. (鳴) : 栗橋、大久保 - 田淵良
  2. (松) : 池田 - 宇野
鳴門
打順守備選手
1[捕]田淵良太郎(3年)
2[中]丸居春昭(3年)
3[遊]投大久保英男(2年)
4[一]近藤義生(3年)
5[二]岡本善雄(3年)
6[右]西田義一(3年)
7[左]田淵浩一(2年)
西田聖一(2年)
8[投]栗橋博(1年)
日野美澄(1年)
9[三]近藤甚助(3年)
松山東
打順守備選手
1[中]柏木達夫(3年)
2[左]森平和(3年)
3[投]池田勉(2年)
4[捕]宇野秀幸(3年)
5[遊]土居国彦(3年)
6[二]山本忠彦(3年)
7[一]岡本厚(3年)
8[右]水口峰吉(2年)
9[三]大川彰(3年)

大会本塁打編集

2回戦
  • 第1号:田村正志(北海)
準々決勝
  • 第2号:宇都木弘悦(宇都宮工)
決勝
  • 第3号:山本忠彦(松山東)[1]

その他の主な出場選手編集


脚注編集

  1. ^ 甲子園球場通算100号

関連項目編集

外部リンク編集