メインメニューを開く

日高町駅(ひだかちょうえき)は、北海道日高支庁沙流郡日高町字日高にあった日本国有鉄道(国鉄)富内線廃駅)である。電報略号ヒカ。富内線の廃線に伴い1986年(昭和61年)11月1日に廃駅となった。

日高町駅
日高町駅.jpg
駅跡に富内線の記念碑が設置されている
ひだかちょう
Hidakachō
日高三岡 (4.4km)
所在地 北海道沙流郡日高町字日高
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 富内線
キロ程 82.5km(鵡川起点)
電報略号 ヒカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線(旅客)/1面1線(貨物)
乗降人員
-統計年度-
94人/日
-昭和56年-
開業年月日 1964年昭和39年)11月5日
廃止年月日 1986年(昭和61年)11月1日
備考 富内線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の日高町駅と周囲約750m範囲。下側が鵡川方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

歴史編集

駅構造編集

廃止時点で、島式ホーム1面2線を有する地上駅で、富内線の終端駅であった[1]。駅舎側(東側)、外側(西側)共に上下共用(番線表示なし)となっていた。両線はホーム端で収束していた。そのほか旅客の本線それぞれの外側に副本線を各1線ずつ有し、駅舎側の副本線の駅舎傍には貨物用の単式ホームを有し[1]途中で分岐し、本線に合流するほか、行き止まりの側線ともなっていた。

職員配置駅となっており、駅舎は構内の東側に位置し、ホーム北側とを結ぶ構内踏切で連絡した[1]。駅舎は鉄骨ブロック建て平屋の、明るく広い近代的な建物であった[2]

駅前には左手側に公園が設置され、樹齢1,500年のイチイの巨木、池、日高町特産の銘石による庭石が配置されていた[2]

予定では当駅から延伸し、占冠駅を経由して根室本線金山駅附近に接続することになっていたが、延伸部分の新線建設は凍結中で[2]、そのまま廃線となった。

貨物列車は木材の搬出が主体であった[1]

駅名の由来編集

当駅の所在する地名より。

利用状況編集

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は94人[1]

駅周辺編集

駅跡編集

廃止後しばらくは駅舎が農協に再利用されていたが[5]撤去され、1999年(平成11年)時点では草原の空き地となっており、敷地の一部が農協に利用されていた[6]。2011年(平成23年)時点では跡地に「国鉄富内線の跡」と記載された石碑が建立されている[5]。駅前通りの雰囲気も残っている[5]。2018年(平成30年)時点で、日高町駅で供用されていた駅備品(時刻表や運賃表など)の一部は、沙流川温泉ひだか高原荘の別館ロビー近くに展示保存されている。

また1999年(平成11年)時点では、駅跡の鵡川方の線路跡に「14」の勾配標が残存していた[6]

隣の駅編集

日本国有鉄道
富内線
日高三岡駅 - 日高町駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)108ページより。
  2. ^ a b c 書籍『終着駅 国鉄全132』(雄鶏社1980年10月発行)56ページより。
  3. ^ a b 書籍『蒸気機関車完全名鑑 ビジュアル改訂版』(廣済堂ベストムック2011年1月発行)55ページより。
  4. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)11ページより。
  5. ^ a b c 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)92-94ページより。
  6. ^ a b 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)66-67ページより。

関連項目編集