メインメニューを開く

早稲田大学大学院ファイナンス研究科

早稲田大学 > 早稲田大学商学学術院 > 早稲田大学大学院ファイナンス研究科

早稲田大学大学院ファイナンス研究科(わせだだいがくだいがくいんファイナンスけんきゅうか、: Graduate School of Finance, Accounting and Law, Waseda University)は、早稲田大学商学学術院に所属する専門職大学院2004年東京都中央区日本橋のビルの1フロアをキャンパスとして開設されたが、早稲田大学ビジネススクール(WBS)との統合のため2016年度より募集停止となっている。通称は NFS[1]。研究科のカラーは赤。

目次

専攻・課程編集

ファイナンス研究科は専門職学位課程のみをおく専門職大学院であり、ファイナンス専攻のみが設置されている。標準修業年限は2年で[2]、修了者には専門職学位としてファイナンス修士(専門職)が授与される。この学位の英称はMaster of Business Administration、つまりいわゆるMBAである。

特徴編集

財務金融のスペシャリストとして、一般事業法人の最高財務責任者(CFO)、 ファイナンスに強い最高経営責任者(CEO)、商社・ 不動産・IT等の各種企業や官公庁・国内外のシンクタンクなど、あらゆるポジションで活躍できるファイナンスのプロフェッショナルを養成することを目的に、2004年開学した。

  • MBAでは珍しく新卒生の学生も受験が出来るが、非常に難易度が高く合格者は数名程度であった
  • 社会人学生の多くは金融機関・監査法人系・商社系の所属が大半を占めている。
  • 卒業生の中には、教授職に就く者もみられた
  • 教授陣の多くは日本ファイナンス学会に所属している。
  • 各自の学習内容を発展させて作成するリサーチ・レポート(修士論文に相当)があった

キャンパス編集

早稲田大学は日本橋一丁目三井ビルディング(コレド日本橋)の竣工時テナントの1つであり、5階を「日本橋キャンパス」としている。ファイナンス研究科は2004年度の設置から2016年度まで日本橋キャンパスに所在していたが、早稲田大学ビジネススクールとの統合に伴って早稲田キャンパスへ移転した。なお日本橋キャンパスには2017年7月以降「WASEDA NEO」が開設されており、サテライトキャンパスとしての機能を維持している。

沿革編集

  • 2004年(平成16年)4月1日 早稲田大学大学院ファイナンス研究科開設・早稲田大学ファイナンス研究センター設立
  • 2016年(平成28年)4月1日 商学研究科ビジネス専攻との統合のため募集停止
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日 ファイナンス研究科を早稲田キャンパスに移転[3]
    • 9月1日 ファイナンス研究センターをWBS研究センターと統合しビジネス・ファイナンス研究センターとする[4]

歴代研究科長編集

氏名 期間 出身
1 大村敬一 2003年 - 2006年 慶應義塾大学商学部卒業
2 宇野淳 早稲田大学政治経済学部卒業
3 首藤惠 慶應義塾大学経済学部卒業
4 岸田雅雄 神戸大学法学部卒業
5 川口有一郎 2012年6月 - 防衛大学校工学部卒業

教授陣編集

(五十音順)

修了生編集

同窓組織としてファイナンス稲門会がある。

主な修了生(五十音順)

脚注編集

外部リンク編集