川本 裕子(かわもと ゆうこ、1958年5月31日 - )は、元早稲田大学大学院経営管理研究科教授。第27代人事院総裁

川本 裕子
川本裕子
生誕 (1958-05-31) 1958年5月31日(63歳)
東京都港区
国籍 日本の旗 日本
母校 東京大学文学部社会心理学部
オックスフォード大学大学院
テンプレートを表示

略歴編集

他に、経済産業省構造審議会産業金融部会委員、経済産業省新流通産業研究会メンバー、国土交通省社会資本整備審議会委員、内閣府統計委員会委員などを務めてきている。

発言・主張編集

  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「選択権として認められるといい。戸籍制度だって見直したいです。非嫡出子だと遺産相続で対等な配分がない、というようなことも議論すべきだと思う。一票の不平等や選挙権が20歳から、といったこともよく話し合って見直してみる必要がある」と述べている[3]

著書編集

単著編集

  • 『金融機関マネジメント』(東洋経済新報社、2015年)
  • 『銀行収益革命-なぜ日本の銀行は儲からないのか』(東洋経済新報社、2000年)
  • 『日本を変える-自立した民をめざして』 (中央公論新社、2004年)
  • 『川本裕子の時間管理革命-世界で一番大切な「自分コスト」の使い方』(東洋経済新報社、2005年)

共著編集

共訳書編集

共監訳書編集

脚注編集

  1. ^ 公式プロフィール
  2. ^ "人事院総裁に川本裕子・早大院教授 政府決定". 日経電子版. 日本経済新聞社. 18 June 2021. 2021年6月18日閲覧
  3. ^ ewoman ウィンウィン対談 第137回

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
一宮なほみ
人事院総裁
2021年 -
次代:
N/A